BASEとInstagram(インスタグラム)を連携して商品販売する方法

Instagramのショッピング機能は、商品リンクのタグ付けが可能になり

BASEのショップページへの遷移がより簡単になる魅力的な機能です。

BASEだけで販売をするより、アクセス数が増える可能性も高まるでしょう。

しかも、無料でできるのもメリットです。

そのためにも、BASEとInstagramを連携させる必要があります。

やり方にはルールがあり、間違うと審査が通らない、

連携できない、といったことになります。

BASEとInstagramの連携方法について解説します。

BASEとInstagramを連携するための事前準備

BASEとInstagramを連携させるには準備が必要です。

準備するものはBASEのアカウント、BASE AppsのInstgram販売の機能拡張、

さらにInstagramのビジネスアカウントとFasebookアカウントなどです。

準備としてはまずアカウントを作成します。

BASEとInstagramを連携させるためには、アカウント作成が必要です。

アカウントの作成方法や連携の際の注意点について解説します。

Instagramアカウントを作成する

BASEと連携させるには、Instagramのアカウントが必要です。

アカウント作成においては、いくつかの条件があります。

一つはビジネスアカウントであること

個人でInstagramを利用している人は多いと思いますが、

その場合はビジネスアカウントへの変更が必要です。

ビジネスアカウントにしても、初期費用や維持費などのコストはかかりません。

リスクなしで手軽に変更できるので安心です。

ビジネスアカウントへの変更手順は、

設定→アカウント→プロアカウントに切り替える、で設定できます。

設定は簡単ですが、審査があるので注意しましょう。

先に述べたビジネスアカウントであることのほか、

表示できない商品(お酒やたばこ、サービスなどの無形商品)があります。

さらに、定期便の商品やデジタルコンテンツ、

「シークレットEC App」利用の商品は連携できません。

また、審査では自己紹介文やプロフィール、カテゴリもチェックされます。

ビジネスで利用することを明確にするためにも、ショップ情報を盛り込むようにしましょう。

Facebookアカウントを作成する

連携にはFacebookアカウントの作成も必要です。

アカウントはビジネス用であることが条件ですが、新規で作成するのは要注意です。

新規でビジネス用アカウントを作成すると、

友だちの数や投稿が少ないためすぐに利用停止になる可能性があります。

利用停止になってしまうと、再度Facebookに申請しなければならず復活するまで連携できません。

作成する際は、すでに利用している個人アカウントを利用しましょう。

作成方法は、個人アカウントからメニューを開き、「ページ」を選択。

「新しいページを作成」を選択し、必要事項を記入します。

ショップの名前やカテゴリ、お店のプロフィールなど詳細を記入し、

「Facebookページ作成」を選択すれば完了です。

BASEアカウントを作成する

連携にはBASEアカウントが必要です。

BASEアカウントは公式ホームページから作成できます。

BASEのトップページを開き、

  1.  メールアドレスを入力
  2.  パスワードを入力
  3.  ショップURLを入力
  4.  「利用規約に同意する」にチェック
  5.  「無料でネットショップを開く」をクリック

さらに、誓約書の確認・同意をして完了です。

ショップ開設が完了したら、メール認証の手続きをしましょう。

また、連携にはショップを公開していること、公開している商品が一つ以上あることが必要です。

必要事項を確認する

Instagramショッピングを利用するには、利用資格や条件などがあります。

利用資格や取扱商品の販売可否については、事前に確認をしておきましょう。

まずはBASEで販売している商品や今後販売する商品が、

Facebookコマースポリシーに適していることが必要です。

さらに、前述しましたが、酒やたばこ、定期便、デジタルコンテンツ、

無形商品は販売できません。

また、在庫がないと連携できない可能性もあるので、

在庫はしっかり用意しておきましょう。

BASEとInstagramを連携する手順

アカウント作成が済んだら、BASEとInstagramを連携しましょう。

BASEとInstagramを連携する手順について解説します。


手順1:InstagramとFacebookを連携させる

まずは、InstagramとFacebookを連携させます。

Instagramからの手順は以下のとおり。

  1.  ショップのカテゴリを選択
  2.  「新しいFacebookページを作成」を選択
  3.  「作成」を選択
  4.  店舗情報を入力

店舗情報では、ショップのメールアドレス、電話番号、住所を入力します。

電話番号は「JP」に設定することを忘れずに。

すでにFacebookページを持っている場合は、アカウントを選択すれば連携できます。

手順2:BASE内で「Instagram販売 App」をインストールする

次にBASEのInstagram販売 Appをインストールします。

Instagram販売 Appは、BASEでショップを運営している方が利用できるサービスです。

BASEの管理画面にログインし、

拡張機能「BASE App」→「Instagram販売 APP」をインストールします。

BASEの管理画面上で、Instagram販売Appの設定が完了し、

インスタグラムでの利用審査に通過すれば、

インスタグラムのアカウントの投稿画像からBASEの商品ページに

リンク設定を行うことができます。

手順3:FacebookとBASEを連携・ドメイン認証させる

FacebookとBASEを連携させ、商品情報をカタログにインポートします。

「Instagram販売 App」の設定ページから

「Facebookと商品情報を連携する」ボタンを選択。

「ショップを開く」ページでは、

  • Facebook広告
  • Facebookショップ
  • Instagramショッピング

をチェックし「スタート」を選択し、案内に従い進めていきましょう。

Facebookドメインの認証は、表示された「保存済みのメタタグ」を

Facebookの認証ページへ入力し「認証する」ボタンを選択します。

手順4:Instagramの審査完了を待つ

設定が完了したら、Instagramの審査が自動的におこなわれるので、審査完了を待ちます。

通常、問題がなければ24時間以内に審査が開始します。

審査結果はBASEではできませんが、Facebookコマースマネージャで確認可能です。

もし、審査が始まらなかった場合はInstagramアプリ(プロフィール→設定→ビジネス→Instagramショッピングを設定する)から手動で申請ができます。

それでも審査が始まらないなど問題が生じた場合は、

Instagramショッピングの要件を確認するか、ヘルプページを確認しましょう。

BASEとInstagramが連携できない場合の原因と対処法

基本的にBASEとInstagramの連携は手順に従っておこなえば問題なく認証できます。

もし審査が始まらない、認証できないなどのトラブルが生じた場合は、

何等かのミスややり方が間違っているなどの可能性があります。

考えられる要因としては、

  • Instagramでプロアカウントにしていない
  • 無形の商品などInstagramで販売できない商品を記入した
  • Facebookページにリンクされていない
  • Facebookカタログにリンクされていない
  • 利用規約の審査基準をクリアしていない

などがあります。

Facebookのビジネスページに「商品」が掲載されていても、

カタログ内に表示されていないと、ショッピング機能が使えません。

また、連携させる際に、BASEと連携させたFacebookでないと失敗します。

連携させていないほかのFacebookではできません。

ビジネスプロフィールを変更する際には注意しましょう。

さらに、BASEでは無形の商品も販売できますが、

Instagramでは有形商品の販売をしていることが必要です。

BASEと連携したFacebook商品登録に、無形商品が入っていないか確認しましょう。

以上のような点にミスがないか、再度確認をしてみてください。

心当たりがない場合も、再度手順を追って確認し間違いがないか、

忘れていることがないかチェックしてみることをおすすめします。

それでもできない場合は再審査を検討しましょう。

ただし、再度認証できなかった場合は、次の審査までしばらく待たなければなりません。

再審査を受ける場合は、ミスのないよう慎重におこないましょう。

BASEと複数のInstagramアカウントを連携することは可能?

複数のInstagramアカウントを持っている場合、それらも連携したいものです。

BASEとInstagramでは複数のアカウントの連携も可能です。

1つのストアに複数のInstagramアカウントを連携させる手順は以下のとおり。

Instagram販売連携機能の設定後、

FBマネージャ→アカウント→Instagramアカウント→追加、

といった手順で追加したいアカウントを連携させます。

BASEとInstagramを連携させてリーチを拡大しよう!

ショップ開設をしても、アクセスが少ないと商品の売上につながりません。

そこでBASEとInstagramを連携することで、

アクセス数を増やし売上アップにつなげることができます。

Instagramで商品や値段をスムーズに確認できるため、

BASEのショップページにも訪れやすくなります。

しかも無料でユーザーにリーチを拡大できるのは大きなメリットでしょう。

連携をスムーズにするためにも、Instagramでの表示や販売に関するルールをきちんと把握し、

正しい手順と内容で連携できるよう慎重におこなうことも大切です。