BASEでクーポンを発行する方法と効果的な活用方法

base クーポン発行_top

BASEでの売上を伸ばす方法として、クーポンの発行があります。
しかし、ただクーポンを発行しただけで売上が伸びるわけではありません。

クーポンの有効的な活用方法や購入者に利用してもらうコツなど、上手な使い方について解説します。

BASEでクーポンを発行する方法


クーポンの発行は結果的に売上につながります。
BASEではクーポンを発行できるシステムがあるので、ぜひ利用したいところ。

具体的にはどのようにクーポンを発行するのでしょうか?
BASEでクーポンを発行する方法について解説します。

クーポン発行Appsをインストール

クーポン発行の手順は以下のとおりです。
まずは、Appsという機能拡張をインストールしましょう。

  1.  BASEの管理画面のApps一覧から「クーポン」のAppをインストール
  2.  「無料」をクリック
  3.  画面が切り替わったら「インストール」を選択

これでインストールが完了です。

クーポンを作成する

Appsのインストールが完了したら、クーポンを作成してみましょう。
クーポンの作成では、クーポンコードや割引方法、オプションなどを設定していきます。
具体的な作成方法は以下のとおりです。

クーポン名

クーポンの名前を決めましょう。
ほかのクーポンとの差別化を図るためにも、具体的でわかりやすいクーポン名がおすすめです。
クーポン名を決めたら、基本設定の「クーポン名」に入力します。

クーポンコード

クーポンコードを入力します。
クーポンコードはあらかじめ入力されているものですが、変更することも可能です。
変更の際に使用できるのは、半角数字とハイフン、アンダースコアのみなので注意しましょう。

割引方法

割引方法の設定をします。
割引方法には「割引にするか」、「値引きにするか」を選択できます。

割引率にするのと、円にするのとでは金額が大きく変わるので、よく計算をしてから設定しましょう。

オプション

クーポンAppには以下のようなオプションがあります。

・有効期限の設定
⇒意図しないときにクーポンを使われないように設定しておくと安心です。

・発行枚数制限の設定
⇒例えば先着何名のみと言ったクーポンを作成したいとき

・最低購入金額の設定
⇒例えば2,000円以上購入で200円値引しますといったクーポンを作成したいとき

・一人一回制限の設定
⇒初回購入の人限定のクーポンを作成したいとき

クーポンAppでは、ただクーポンを発行するだけでなく条件をつけたクーポンの発行ができます。
「売上の時期を限定したい」「売れない商品を何とかして売りたい」など、目的に合わせてオプションを活用しましょう。

またクーポンAppでは、特定の人にのみクーポンコードを伝えたり、SNSで公表したりといったことができます。

クーポンを配布する

クーポンが作成できたら配布をしてください。
クーポン発行画面の「下部ボタン」から、クーポンコードを配布します。

クーポンAPPでは、特定の人にのみクーポンコードを伝えたり、TwitterやFacebookなどSNSで公表したりといったことができます。

さらにプッシュ通知をすることも可能です。
プッシュ通知はショップのフォローをしてくれている購入者に、商品の案内などができる便利な機能です。
プッシュ機能を活用するだけでも、クーポン利用のきっかけになるので利用をおすすめします。

クーポン発行にもプッシュ通知を利用するとよいでしょう。

クーポンの編集

クーポンの編集も可能ですが、以下の条件があります。

• ステータスが無効
• 1枚も使われていないこと

1枚でも使用した場合、そのクーポンは内容を変更できません。

BASEでクーポンを効果的に活用するには?


クーポンの発行は売上につながる手段の一つです。
しかし、クーポンを発行しただけで売上が伸びるわけではありません。

せっかくクーポンを発行するのなら、効果的に利用したいものです。
BASEでクーポンを効果的に活用するポイントを紹介します。

BASEクーポンの使い方については以下を参考にしてください。

クーポンの発行目的を明確にする

ポイントの一つは、クーポンの発行目的を明確にすることです。
クーポンは目的によって適したクーポン内容が異なります。

「どの商品でもいいから、とにかく売上を伸ばしたい」といったことであれば、条件を付ける必要はありませんが、特定の商品だけを売りたい場合はクーポン利用の条件が必要です。
意図することに合ったクーポン利用のためには、目的や意図を明確にすることです。
目的に合ったクーポンがあれば、購入者も使いやすいでしょう。

たとえば、「1,000円以上お買い上げで〇〇を無料」というクーポンを作成すれば、購入単価アップが期待できます。

購入者にとってわかりやすく、使いやすくするためにも、クーポンの発行目的を明確にすることが必要です。

クーポンの表現を工夫する

クーポンの表現にも工夫が必要です。
クーポンは購入者が「お得」「使ってみたい」と感じることが大切。
「〇〇円オフ」や「〇〇円以上お買い上げで、〇〇をプレゼント」など、具体的な数字を入れてみるのもおすすめです。

どのような表現をすれば使いやすいか、検討してみましょう。

期間・数量・対象を限定する

期間や数量、対象を限定するのも方法の一つです。
「〇〇限定」と聞くと、利用しないと損をした気分になるものです。

「〇〇限定」にすることで、損失を回避したいという心理(プロスペクト理論)を利用します。
プロスペクト理論によると、人間は損失を回避したいという心理から、提供されているサービスを利用しないほうが損をすると感じるため行動につながりやすいのだそうです。

そのため、「今がチャンス」「先着50名様限り」などと限定すると、チャンスを逃してはいけない、と考え、行動につながりやすいのです。

商品の需要が高まるタイミングで配布する

クーポンは使用しやすい時期に配布しましょう。
商品の需要が高まるタイミングで配布したほうが、利用率はアップします。

クリスマスや年末年始、バレンタインデーやホワイトデー、入学式や卒業式などのイベントが多い時期は買い物をする人が増えます。

また、給料日やボーナス後など、お金に余裕があるタイミングでの配布も有効と言えるでしょう。
狙い目はライバルも同じなので、クーポンで他店との差別化を図り効率的に集客しましょう。

プッシュ通知・SNSなどで配布する

プッシュ通知やSNSなどで、まずはフォロワーに配布しましょう。
クーポンを作成したら、それを通知しクーポンの存在を知ってもらうことです。

クーポンがあることを知らなければ、どんなにお得な内容でも意味がありません。
SNSを利用して、クーポンに関する通知や配布をしましょう。

また、プッシュ通知の利用も効果的と言えます。
プッシュ通知はリアルタイムでスマホに通知できるため、タイミングを見計らって利用すれば売上アップにつながるでしょう。

レビューしてくれた人に配布する

レビューをしてくれた人に配布するという方法もあります。
商品レビューはたくさん書いてもらうことで、ショップや商品の信頼度をアップさせることが可能です。

たくさんのレビューがあれば、購入意欲も上がるというもの。

レビューは強制的なものではないので、なかなか書いてもらえないこともあります。
しかしレビューは少しでも増やしたいものです。

レビューを増やせる手段としてもクーポンの配布は効果が期待できます。
キャンペーンなどを実施するなら、ブログなどを利用して情報発信をしましょう。

不備があったときのお詫びとしてクーポンを渡す

不備があった場合のお詫びとして使うのもよいでしょう。
仕方のないミスをしてしまうこともあります。
しかし、お客さんにとっては印象が悪くなってしまうものです。

言葉だけで謝罪するより、お得なクーポンを渡したほうが印象がよくなります。
サービスがよいと印象付けることもでき、ショップに対する好感度もアップするでしょう。

購入回数に応じて割引率を変える

購入回数に応じて割引率を変えるという方法があります。
1回目の利用では10%オフ、2回目の利用は20%オフ、というように、何度もクーポンを使ってくれるお客さんがお得になるような仕組みを作るのです。

そうすることで、リピーターが増えやすくなります。
回数に応じたクーポンを作成しておけばクーポンコードを変更するだけなので、手間もかかりません。

まとめ|効果的にクーポンを発行してBASEで売上UPを目指そう

BASEでの売上を伸ばすには、クーポンを利用するのが方法の一つです。
クーポンを使いやすくするためにも、目的に適したものを用意したり、瞬間的に「お得だ」と感じてもらえる表現を考えたり、いろいろな工夫をしてみましょう。

SNSやプッシュ通知を利用して、情報発信をするのも忘れずに。
効果的にクーポンを発行して、売上アップを目指しましょう。