電脳せどりでコンサルは必要?必要性と失敗しない選び方

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
電脳せどりのコンサルについて知りたい(わからない)
という方のために、電脳せどりのコンサルの実情や必要性について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. コンサルとは何かわかる
  2. 電脳せどりのコンサルの選び方がわかる
  3. 悪質コンサルを避けるためのポイントがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、

現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは電脳せどりのコンサルについて解説していきます。

 

そもそもせどりでコンサルは必要か

電脳せどりの同業者を見渡すと、

中にはコンサルを受講した人を見かけることがあります。

コンサルはその道の実力者などがやり方をアドバイスしてくれるものですが、

教えを乞うためには費用がかかります。

かなり高額な料金を取るコンサルも多いため、

「この金額を出してコンサルを利用する意味はあるのか?」

と疑問に思うこともあるでしょう。

そもそもコンサルの利用価値はどんなところにあり、

本当に必要なのか、解説していきます。

わからないことを聞けて効率的

電脳せどりでは、

コンサルを付けることによってわからないことを効率的に解消できます。

電脳せどりは基本的に自分ひとりで仕入れをし、

自分で価格を決めて販売するものです。

全ての決定を自分自身で行うため、

時には自分のやり方が合っているか不安になることもあるでしょう。

また、始めたばかりの頃は、

何をしていいのか正解がわからないため、

誰かに教えてもらいたいと思うこともあります。

そんな時にコンサルがいると、

疑問や不安を解消し、正しい道を示してもらえます。

コンサルだけでは稼げない

コンサルはたった1人で営むせどりの不安や

疑問を解消してくれる強い味方ですが、

コンサルだけの力では稼げるようにはなりません。

コンサルを受けただけで

自分では何も努力しなければ、受講しても無駄になります。

コンサルを受講したら、

その内容を理解して稼ぐために行動しなければいけません。

コンサルの質に問題があることもありますが、

コンサルを受けただけで

稼げる気になっていてはどんなコンサルを受けても効果はないでしょう。

こちらの記事では電脳せどりで儲からない原因と対策について解説しているので、参考にしてください。

>>電脳せどりは難しい?儲からない理由・原因を理解して効果的な対策を

電脳せどりコンサルの内容・実情

電脳せどりのコンサルを受けようと考えている人は、

その内容や価格相場なども知っておきましょう。

教えてもらえることや教え方、

価格などが自分に合っているかどうか、

知っておくことでコンサル選びも失敗しません。

コンサルで教えてもらえる内容

せどりのコンサルで教えてもらえるのは、

主に以下のような内容です。

・せどりのノウハウ・テクニック

せどりで実際に稼ぐためのノウハウやテクニックをプロの視点から解説してくれます。

即金性に長け、

即実践として使える内容として有益な情報です。

直接コンサルから教えてもらうだけでなく、

テキスト教材として配付されることもあります。

・商品のリサーチ方法

商品のリサーチ方法も、

せどりで稼ぐためには欠かせない情報です。

実際に稼いでいる経験者が独自のノウハウを解説してくれます。

・せどりで稼ぐマインド

せどりで稼ぐマインドを持つことも大切です。

ノウハウやテクニックを知っていても、

実際に行動するマインドがなければ稼げるようにはなれません。

稼ぎ方のノウハウと同時に、

稼ぐマインドをコンサルから吸収して意識から変わっていきましょう。

コンサルの形式

コンサルの内容は上記のようなものを網羅している必要がありますが、

コンサルの形式はそれぞれの講師によってさまざまです。

自分の好みや性格に合うコンサルの形式を選んで、

受講することになります。

・情報商材・教材タイプ

情報商材・教材タイプのコンサルは、

販売サイトから教材を購入して独学で学ぶスタイルです。

せどりで稼いでいるプロが書いた内容なので、

情報としては価値がありますが、

自分で学ばないといけないので自主性のない人には向きません。

・塾タイプ

学生の学習塾のように、

数名~15人程度のコンサル生に対してひとりの講師が教えるタイプのコンサルです。

講師とコンサル生との距離は情報商材タイプよりは近くなりますが、

マンツーマンほどは近くありません。

定期的にノウハウなどの講義があり、

質問や相談などは可能です。

また、中には塾に通うコンサル生同士が定期的に自分の実績を

伝え合う報告会などを催す塾もあります。

・セミナー

セミナーのコンサルは、塾よりも規模の大きなコンサル形式です。

イメージとしては大学の講義に近く、

受講生は100名を超えるコンサルもあります。

講師との距離は塾よりも遠く、

自分で実行する積極性や稼ぐマインドがない人には難しいスタイルです。

・マンツーマン指導

マンツーマン指導は、

文字通り1人のコンサル生に対して講師が直接指導する形式です。

手厚くサポートしてもらえて、

稼ぐマインドから学びたい人に向いています。

価格相場

電脳せどりのコンサルは、

それぞれの形式ごとに価格相場が異なります。

稼ぐためのコンサルとは言え、

初期投資にかけられる費用にも限界があるため、

無理なく利用できそうな価格帯のものを探すようにしましょう。

・情報商材・教材タイプ

情報商材を購入して自分で学ぶタイプはもっともリーズナブルで、

安いものでは数千円から利用できます。

・塾タイプ

塾タイプのコンサルは、10万円~20万円程度が相場です。

価格は上がるものの、情報商材よりもサポートが手厚くなります。

・セミナー

セミナー形式のコンサルの価格相場は、

塾よりも高く30万円~40万円程度となります。

質は高いものの、価格帯が高く、

自分で学ぶ力が必要なため、使う人を選ぶ形式です。

・マンツーマン指導

マンツーマン指導は、

価格相場が50万円以上と、もっとも高額なコンサルです。

しかし、内容も濃く、サポートも充実しているため、

高い効果も期待できます。

電脳せどりコンサルは悪質業者も多い

電脳せどりでコンサルを使う際に注意したいのは、

悪質なコンサル業者です。

質の悪いコンサルに引っかかってしまうと、

お金ばかり取られて必要なサポートを受けられないこともあります。

お金を払う前に実情がわかりにくい

コンサルは、

そのサービスの性質によってお金を払う前に

サービスの質や内容などがわかりにくくなっています。

コンサルは無形商品で、

その情報そのものにお金を出すため、

事前に内容を知ることができないものです

良心的なコンサルを探すにしても、

ネットの口コミやレビューを参考にするしかありません。

こうした状況から、

悪質なコンサルを事前に見極めるのは大変難しくなっています。

詐欺被害者が泣き寝入りになりやすい

コンサル業は、詐欺被害者が泣き寝入りになりやすく、

詐欺をする業者がはびこりやすい環境です。

ブランド品であれば、偽物と本物が明らかで、

販売サイトに連絡をすれば返品や返金も求めやすくなります。

しかし、コンサルでは決済代行会社に連絡しても対応してもらえず、

直接コンサル業者とやり取りしなければいけません。

そこでコンサル業者が返金してくれなければ、

訴訟を起こすしかなくなります。

訴訟を起こすには手間も費用もかかるため、

被害に遭っても訴えられないのが実態です。

こうした環境から、

コンサルには悪質な業者も多くなります。

注意したい電脳せどりコンサル

悪質な業者も多い電脳せどりのコンサルですが、

悪質なコンサルや詐欺コンサルを見破るポイントがあります。

以下のような宣伝広告をしているコンサルを見つけたら、

悪質なコンサルの可能性が高いため注意しましょう。

誇大広告と煽り文句

悪質なコンサルとして注意したいのが、

甘く魅力的な言葉をふんだんに使った誇大広告と煽り文句です。

キーワードとしては

「短時間で」「誰でも簡単」「スキマ時間でできる」「夢の不労所得」

等が多くみられます。

また、「〇ヶ月で月収○○万円」などと具体的な数字で目を引くパターン、

副業を押し出してくるパターンも目立ちます。

広告が豪華で、コンサル生の顔出しなども行い、

いかにも「稼いでます!」のような宣伝をしているのも要注意です。

SNSのDMで勧誘

TwitterなどのSNSのDMで営業をかけてくるのも、

悪質なコンサルの可能性があります。

このDMでも、

「人生が劇的に変わります!」といった甘い宣伝文句を使っているのが特徴です。

Twitterの自己紹介やつぶやきを見て、

お金のない学生や主婦などをターゲットにします。

こうした宣伝DMから無料の商材や無料お試しコンサル、

LINE公式アカウントに誘導するのがその後の流れです。

月商ベースで宣伝している

紹介している実績が、

月商ベースなのも疑わしいと言えます。

月商は利益額とは違うもので、

証拠のスクリーンショットなどもいくらでも盛れるものです。

利益が出なくても、売れたら月商と言えるため、

100万円のものを100万円で販売した場合でも月商100万円となります。

真実か嘘かを見破ることはできないため、

真実かもしれませんが、

いずれにせよ月商ではなにも判断できないということです。

電脳せどりコンサルを探す時のポイント

電脳せどりのコンサルを見つけるためには、

ポイントを押さえた探し方が必要です。

見るべき点をしっかりと見定めて、

良心的で質の高いコンサルを探しましょう。

一つのポイントだけを見るのではなく、

複数のポイントで判断することをおすすめします。

文章や話し方・レスポンスを見る

電脳せどりのコンサルを探す際には、

宣伝の文章や話し方が理論的で冷静であるか、

レスポンスの速さなどをることが大切です。

文章や話し方が理路整然としていて、

過度に勧誘や煽りなどをしてこないかチェックしましょう。

データや理論を持たず、

根拠のない旨すぎる話ばかりをする場合には、注意が必要です。

また、契約をする前にいくつか問い合わせなどをしてみて、

レスポンスの速さ、丁寧さを見ることもおすすめします。

契約前でさえレスポンスが悪い場合、

契約した後は放置される可能性も考えられます。

悪いコンサルというわけでなく、

ただ忙しいだけだったにせよ、

生徒が多すぎて面倒を見てもらえないかもしれません。

稼ぐスタイル・教えるレベルを見る

コンサルにも色々な人がおり、

稼ぐスタイルや、重点的に教えている内容などもさまざまです。

ジャンルを絞った特化型や完全在宅で稼ぐタイプなど、

稼ぎ方が自分の目指すスタイルに合っている人を選びましょう。

また、初心者の場合には初心者向けの内容を中心にしているコンサル、

中級者以上は応用を中心に教えるコンサルといった具合に、

自分のレベルに合わせて選ぶことも必要です。

自分との相性を見る

そのコンサルが自分と相性がいいかどうかも選ぶポイントとなります。

これはコンサルの質が良い悪いではなく、

単純に個人の好みや性格の相性の問題です。

優秀であると評判のコンサルであっても、

自分が話を聞いてみて「合わない」と思ったら避けた方が良いでしょう。

好きになれない、

なんだか質問しにくいといった感覚的な判断で選ぶことも大切です。

電脳せどりのコンサルは上手に選んで活用を

電脳せどりでは、

コンサルを上手に使うことでより稼げるようになります。

しかし、

コンサルを選ぶ際には悪質なコンサルに

出会ってだまされるリスクもあるため注意が必要です。

良いコンサルを選ぶためには、

契約前にじっくりと実力や教え方の良さ、

自分との相性を見定めましょう。

甘い言葉やいいことしか言わないコンサルには要注意です。

また、コンサルだけの力に頼るだけではなく、自身で学ぶことも大切です。

こちらの記事では電脳せどりで成功するコツを紹介しているのでぜひチェックしてください。

>>電脳せどりで成功できる?初心者でも利益を出せるコツとは

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。