電脳せどりと店舗せどりの違いとは?メリットデメリットを比較!

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
電脳せどりと店舗せどりについて知りたい(わからない)
という方のために、電脳せどりと店舗せどりの違いについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 電脳せどりと店舗せどりの違いがわかる
  2. 電脳せどりと店舗せどりのメリットデメリットがわかる
  3. どちらのせどりが向いているかがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、

現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは電脳せどりと店舗せどりの違いについて解説していきます。

 

電脳せどりと店舗せどりの違いと共通点

電脳せどりと店舗せどりは共通点もありますが、

基本的にはそれぞれに違った特徴を持っています。

どちらかの方法でせどりを始めようと思い立ったら、

まずは二つの共通点と違いを明確に理解することが必要です。

二つの共通点と違いを明らかにすることで、

せどりに必要なことも見えてきます。

なお、電脳せどりについて詳しくは以下の記事で解説しています。

>>電脳せどりとは?

電脳せどりと店舗せどりは仕入れ先が違う

電脳せどりと店舗せどりの主な違いは、

仕入れ先にあります。

電脳せどりと店舗せどりは仕入れ先がそれぞれ違うため、

どちらの方法でせどりを始めようか迷った時は仕入れの方法で選んでも良いでしょう。

仕入れはせどりにおいて利益を出すために重要なポイントとなるため、

やりやすい方法でなければいけません。

自分に向いている方、

リサーチなどがしやすい方を選びましょう。

電脳せどりはネット仕入れ

電脳せどりは、

その名称の通り「電脳」=コンピューターを使ったせどりです。

仕入れも販売も、コンピューター上、つまりインターネット上で行います。

インターネット上にあるECサイトやネットオークションなどで商品を安く仕入れて、

同じインターネット上で高く売って利益を出します。

主な仕入れ先は、

楽天市場やヤフーショッピング、

Amazon、ヤフオクやメルカリ、ラクマなどです。

ブランド品などを扱う際には、

アウトレットのネットショップを使うこともありますし、

海外のネットショップを使うこともあります。

こちらの記事では、おすすめにおすすめの仕入れ先を紹介しているのでぜひご参考ください。

>>電脳せどりの仕入れ先は?おすすめの仕入れサイトを一挙紹介

 

店舗せどりは店舗仕入れ

店舗せどりは、

仕入れ先にインターネット上のショップを使いません。

実店舗へ出向いて仕入れたものが、

店舗せどりの商品となります。

家電製品であれば家電量販店やホームセンターなど、

中古品を扱いたい場合にはリサイクルショップや古着屋、古書店なども使います。

店舗せどりの場合、

店に自分で出向いて商品実物を見てから仕入れるのが一般的です。

 

電脳せどりと店舗せどりの共通点

電脳せどりと店舗せどりは違いもありますが、

せどりの特徴として共通する点もあります。

どちらも、販売先や販売して利益を得るために行うべきことは同じです。

販売先はどちらもECサイトを利用できる

電脳せどりと店舗せどりの販売先は、

どちらもECサイトを利用することが可能です。

電脳せどりはネット上で仕入れたものをネット上で売ることになりますが、

店舗せどりは実店舗で仕入れたものを転売します。

どちらのせどりでも、

安く仕入れた商品をインターネット上のショッピングサイトで高く売ることで利益を出します。

信頼性や高値の付けやすさなどによって、

主に利用されるECサイトはAmazonが多いです。

リサーチや発送作業はどちらも必要

電脳せどりも店舗せどりも、

基本的にはせどりとしてやるべきことは同じです。

どちらも商品仕入れの際には

リサーチ、商品が売れた時には梱包や発送作業などが発生します。

作業のいくつかはツールの利用、

またはAmazonで発送する場合は発送代行のFBAを利用することで自動化も可能です。

どの作業を自分で行うか、

効率化を考える必要性はどちらのせどりにも出てきます。

発送代行に依頼する際のメリットデメリットをまとめているので気になる方はこちらの記事を併せてお読みください。

>>電脳せどりの納品代行は必要?メリット・業者選びの注意点

電脳せどりと店舗せどりのメリット・デメリット

電脳せどりと店舗せどりは、

それぞれに仕入れ方が違うため、

メリットとデメリットも異なります。

せどりでは仕入れの重要性が注目されますが、

電脳せどりと店舗せどりのメリット・デメリットも、

仕入れに関わることが多くなります。

二つのせどりのメリットとデメリットをまとめたので、

それぞれ比較してみましょう。

電脳せどりのメリット

電脳せどりのメリットは、仕入れの利便性にあります。

仕入れ・リサーチ・販売の全てをネット上で行うことで、

店舗せどりにはない利便性を感じられるでしょう。

時間に余裕を持つ事ができ、効率よい運営が可能です。

以下で解説していきます。

仕入れから販売までネットで完結

電脳せどりのメリットは、仕入れから販売まで、

全ての作業をインターネット上で完結でき、

パソコンやスマートフォンさえあればできることです。

仕入れの発注から発送代行への納品まで、

きちんと仕組みを整えれば、多くの作業を自動化しやすく、

自宅に在庫を持たずにせどりで稼ぐこともできます。

パソコンやスマートフォンの扱いに問題がなければ、

手間をかけずに稼げる方法です。

こちらの記事ではスマートフォンで電脳せどりを行うやり方やアプリの活用法を紹介しているのでぜひ参考にしてください。

>>電脳せどりはiPhoneで効率化?スマホアプリの活用方法とは

自動車や移動時間が不要

電脳せどりのメリットとしては、

仕入れがインターネット上で終わるため、

仕入れのための外出が不要なことも挙げられます。

電脳せどりでは、

実店舗にわざわざ出向いて商品を見る必要がないため、

時間もそのためのコストも不要です。

インターネット上で商品を閲覧し、

状態などを判断してカートに入れるだけです。

簡単には行けない遠い海外のショップでも、

ネットショップなら気軽に買えます。

自分の好きな時間に仕入れできる

電脳せどりのメリットは、仕入れの自由さにもあります。

電脳せどりの仕入れ先は、

インターネット上にあるショッピングサイトなので、

24時間好きな時間に閲覧することが可能です。

また、スマホからアクセスすることも可能なので、

ちょっとしたスキマ時間を見つけては仕入れやリサーチをすることもできます。

営業時間内に店に行けない人でも、手軽にできるせどりです。

電脳せどりのデメリット

電脳せどりは仕入れの環境が快適で、

手間や時間を減らせますが、

一方でそんな仕入れの方法がネックになることもあります。

電脳せどりで感じるデメリットについてもチェックしておきましょう。

ネット環境が必須

電脳せどりの、

仕入れにはネット環境が必須となります。

ただし、電脳せどりでも店舗せどりでも、

販売はインターネット上で行うため、

電脳せどりだけのデメリットとは言いにくいかもしれません。

注意したいのは、

外出先などで仕入れをしたい場合、

ネット環境がないとできない点です。

その場合には、

スマートフォンを使ってネット閲覧するか、

テザリングなどで対応できるようにしておきましょう。

また、スマホはデータ通信量にも注意が必要です。

仕入れ時に商品実物を見られない

電脳せどりの大きなデメリットと言えるのは、

仕入れの際に商品実物を見たり触れたりできない点です。

電脳せどりは仕入れをインターネット上で行うため、

実際に商品を見られるのは入金確認などが済み、

配送された後となります。

商品を選ぶ際には、

ショッピングサイトの説明文や画像だけが頼りです。

そのため、届いた商品が想像と違っていたり、

説明にない劣化などがあったりすることもあるでしょう。

もちろん、返品なども可能ですが、

その分手間がかかりますし、

出品者とのやり取りなどストレスも溜まりそうです。

仕入れに送料がかかる

店舗せどりと電脳せどりを比較すると、

電脳せどりでは仕入れに送料がかかります

送料は、電脳せどりの利益を削る原因なので注意が必要です。

送料無料で買えるものや条件を満たすものを探すなど、

工夫次第で送料を削れることもあります。

店舗せどりのメリット

店舗せどりにも、

電脳せどりとは違ったメリットがあります。

店舗せどりのメリットの一部は、

電脳せどりのデメリットの内容とシンメトリーになっています。

手間はかかりますが、

自分の目で品定めすることができたり、競争率を下げ、

また出品をスピーディーにすることも可能です。

商品を自分の目で確認して仕入れられる

店舗せどりのメリットは、

商品を自分の目で見て、

触れて確認しながら仕入れできる点です。

直接商品を見ることができるため、

購入前に不具合を発見できます。

仕入れ判断はより正確になり、

返品や返金の手間やストレスは電脳せどりより抑えられるでしょう。

仕入れに地の利を生かせる

店舗せどりでは、

仕入れに地の利を生かすことができ、

ライバルが限られています。

自分の仕入れエリア内で店舗せどりをしている人だけがライバルとなるため、

競争率も低めです。

よほどのせどり激戦区でなければ、

一つの店でせどらーがひしめき合うことは起こりえないでしょう。

安く仕入れられる利益商品やお宝商品も、

ほかのライバルに邪魔されることなく簡単に仕入れて、

高値で売りやすくなります。

商品をスピーディーに出品できる

実店舗で、

直に商品を見て仕入れる店舗せどりでは、

商品を出品するスピードも魅力です。

ネットでの仕入れの場合、

商品が送られてくるまで検品も出品もできません。

どんなにスピーディーな配送であっても、

1日程度はタイムラグが発生します。

ところが、店舗せどりの場合には、

気に入った商品があれば

その場で決済、商品もそのまま持ち帰り、検品などを進められます。

商品によっては売る時期を逃すと売れなくなる物もあるため、

出品スピードの速さは重要なポイントです。

店舗せどりのデメリット

店舗せどりにも、電脳せどりと同様にデメリットもあります。

店舗せどりは、

店舗に仕入れに出かけなければいけないことがデメリット。

また、メリットと同じく、

電脳せどりのメリットで指摘した内容と正反対になるものもあります。

詳しく紹介していきましょう。

仕入れの時間が限られている

店舗せどりのデメリットの一つは、

仕入れできる時間が限られている点です。

店舗せどりでは、

直接家電量販店やリサイクルショップなどの店に行って仕入れをします。

当然、店の営業時間が仕入れ時間となり、

定休日や営業時間外には仕入れできません

そのため、

店の営業時間中に来店できない場合には、

仕入れが滞ることとなり、

売上も作れなくなります。

年中無休の店ならともかく、

店舗せどりでは仕入れできないことで機会損失の可能性があることは否めません。

店員の目が気になる

店舗せどりでのデメリットは、

仕入れや情報収集のために立ち寄った店内でも起こりえます。

店で仕入れをしていると、

せどりをしていることが店員に分かり、

敬遠されることもあるでしょう。

店舗せどりでは多くの場合、

店内で商品をリサーチし、

利益が出るかどうかを判断しながら仕入れていきます。

その過程では、

スマホツールでバーコードを読みとったり、

ネットショップの料金を比較したりする必要があります。

そうした行動が目立ってしまい、

店員から変な目で見られたり、店によっては注意をされたり

するかもしれません。

体力を使う

店舗せどりは、直接店に行って仕入れをし、

自宅で検品などをするため、

どうしても体力を使います。

力仕事とまでは言いませんが、

商品を運んだり、一日に何店舗も回ったりするのは疲れるものです。

電脳せどりの場合には、

ネット完結で商品も発送代行の倉庫に直行できることさえあります。

そのため、

電脳せどりに比べると店舗せどりは体力が必要といえるでしょう。

電脳せどりと店舗せどり、向いているのはどちら?

電脳せどりにも店舗せどりにも、

メリットとデメリットがそれぞれありました。

そのため、どちらのせどりの方が優れているとは言えませんが、

人によっての向き不向きはあります。

電脳せどりと店舗せどりのどちらが向いているか、

向いているタイプをそれぞれまとめました。

電脳せどりがおすすめの人

電脳せどりが向いているのは、

電脳せどりの特徴であり、

メリットでもあるインターネット上で完結できることを生かせる人です。

インターネットが得意な人も電脳せどり向きと言えます。

自分の希望の稼ぎ方やライフスタイルに合っていると感じたら、

電脳せどりを選びましょう。

地方や郊外に住んでいる人

電脳せどりは、

実店舗に行く必要がないため、

近場に仕入れるための店がないエリアに住んでいる人にピッタリです。

反対に、店舗せどりは仕入れ先が近くにあることが必要となるため、

商業が栄えていない田舎などでは難しくなります。

ただし、自分の暮らす土地に特産品などがあり、

商品をそれに絞って売りたい場合には、店舗せどりがよいでしょう。

効率重視で稼ぎたい人

電脳せどりは、

仕入れに時間をかけたくない効率重視の人におすすめです。

会社員など、本業があって副業としてせどりをする人や子育て中の人など、

仕入れに行く時間がなく、スキマ時間を使いたい場合などに向いています。

自宅を離れることなく、

インターネットだけで完結でき、

まとまった時間がなくても稼ぐことができるでしょう。

自分の好きな場所で稼ぎたい人

自分の好きな場所で、

自分の好きな時に稼ぎたい人も電脳せどりが向いています。

電脳せどりならば、ネットで完結できるため、

家にいながらでも旅行先でも

稼ぐことが可能です。

時間的にも場所的にも、

何にも縛られることなく、自由度の高いライフスタイルを確立できます。

店舗せどりがおすすめの人

店舗せどりがおすすめなのは、

仕入れのための店回りができる人です。

少なくとも、

仕入れで何店舗もの店を回ることが難しくないということが必要となります。

忙しい現代人には、

難しいかもしれません。

逆に言えば、

この点さえクリアできればメリットが多いため、

店舗せどりはおすすめです。

店員との交渉などが得意な人

店舗せどりを有利に運ぶためには、

少しでも良いものをより安く仕入れることです。

そのためには、

店舗を回った時に店員さんとのやり取りが欠かせません。

できれば、カジュアルにコミュニケーションを取って、

仲良くなりたいものです。

仕入れで頻繁に出向くため、

親しくなっておくと居心地も良くなります

また、特別な値引きや商品の取り置きなど、

いざという時に融通を利かせてもらえるかもしれません。

出かけるのが苦ではない人

店舗せどりは、出かけるのが好きで、

無理なく続けられる人におすすめです。

そもそも、

時間や体力、境遇的に外出が無理のない人でなければ

店舗せどりは続けられません。

仕入れ商品を運ぶ都合上、

自動車で出かけることも多くなるので、

ドライブ好きなども店舗せどり向きと言えます。

電脳せどりと店舗せどりは自分に合う方を選んで

電脳せどりと店舗せどりには、

それぞれにメリットとデメリットがあります。

無理なく稼ぎ続けるためには、

自分のライフスタイルや環境を分析して、

自分に合う方を選ぶことが大切です。

電脳せどりは基本的にはネット環境があれば始められ、

忙しい人でも何処に住んでいても始められます。

店舗せどりは忙しい現代人やスキマ時間の副業などには少し難しいかもしれません。

メリットとデメリットを十分に検討して、

より良いせどりライフを始めましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。