ラクマは詐欺が多い?怪しい出品者や偽物の見分け方を解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
ラクマを使った詐欺について知りたい(わからない)
という方に向けて、真偽のほどや怪しい出品者、偽物の見分け方について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ラクマに詐欺被害が多いかどうかわかる
  2. ラクマの代表的な詐欺被害がわかる
  3. 悪質な出品者の見分け方がわかる
  4. 偽ブランド品の見分け方がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、

現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ラクマは詐欺が多いのか、

怪しい出品者や偽物の見分け方などについて、

解説をしていきます。

 

ラクマは詐欺被害が多い

さまざまなアイテムを気軽に売買できるラクマは、

フリマアプリとして高い人気を誇っています。

誰でも手軽に利用できるため、

大勢の方がラクマで売買していますが、

詐欺が横行しているのも事実です。

実際に、インターネット上で調べてみると、

ラクマで詐欺に遭った、偽物を買わされた、

といった声が見つかります。

大半の方は、

ルールに則って売買していますが、

詐欺の被害が発生しているのも事実なのです。

安全にラクマを利用するには、

悪質な出品者を見抜く力が必要です。

また、ラクマには偽物が出品されるケースもあるため、

本物か偽物かを見極める力も欠かせません。

本記事では、

悪質な出品者や偽ブランド品の見分け方も解説するので、

読み終わるころには安心してラクマを利用できる状態となっているでしょう。

ラクマの代表的な詐欺の被害

ラクマを利用した詐欺が多いのは事実ですが、

どのような手口、被害があるのか理解していないと、

詐欺に引っかかったこともわからない可能性があります。

悪質な出品者や偽ブランド品の見分け方を知る前に、

まずは代表的な詐欺の被害を把握しておきましょう。

代表的な詐欺の被害としては、

商品が送られてこない、偽ブランド品が送られてくる、画像と異なる品が送られてくる、

などが挙げられます。

商品が送られてこない

ラクマにおける詐欺の被害で、

よく耳にするのが「商品が送られてこない」といった内容です。

通常どおりに購入手続きを進め、

決済をしたにも拘わらず、

いつまで経っても商品が送られてこない、といった被害です。

これは、典型的な詐欺の手口といえるでしょう。

支払いだけさせて、実際には商品を送らない手法です。

詐欺目的でラクマを利用している、

悪質な出品者の場合、

最初から商品を送る気はありません。

お金の詐取が目的なのです。

ただ、商品が送られてこないからといって、

すべてのケースが詐欺であるとは断言できません。

急病で発送作業ができなくなった、

商品に問題が起きてしまった、

など、さまざまな事情で発送が遅れてしまう可能性もあるからです。

偽ブランド品が送られてくる

本物のつもりで購入したのに、

偽ブランド品が送られてくる、

といった被害は少なくありません。

ラクマには、ハイブランドをはじめとした、

さまざまなブランドアイテムが出品されています。

その中には、

偽物を本物と偽って販売しているケースもあり、

被害に遭ってしまう方が一定数います。

なお、ラクマでは偽物や偽ブランド品の販売は禁止です。

そもそも、偽物の販売は違法行為であり、

本来はしてよいことではありません。

それにも拘わらず、

いまだにこうした被害が多いのは、

偽ブランド品の販売で得られる利益が大きいからだと考えられます。

粗悪な品・画像と異なる商品が送られてくる

商品ページでは、新品の写真を掲載していたにも拘わらず、

実際には中古の粗悪な品が送られてきた、

といったケースです。

また、明らかに画像とは異なる品が送られてきた

といった被害も少なくありません。

このケースでは、

商品の価値に伴わない金額を支払うことになるため、

購入者が受けるダメージも少なくないでしょう。

物販ビジネスの仕入れとして購入した場合では、

売り物にならず、資金を目減りさせてしまいます。

購入希望者は、出品者が提供している情報をもとに、

商品の概要や状態を把握します。

提供された情報に基づき、

購入するかどうかを判断するため、

偽りの情報が掲載されてしまうと被害に遭ってしまうのです。

ラクマの悪質な出品者の見分け方

手軽に売買ができてしまうラクマは、

ユーザー数も多く、悪質な出品者も紛れ込みやすい環境です。

そのため、誰もが詐欺の被害に遭う可能性があることは、

前提として理解しておきましょう。

詐欺の被害に遭わないためには、

可能な限りリスクを排除して取引を行わなければいけません。

悪質な出品者であるかどうかを見極め、

そのうえで取引を継続しましょう。

ここでは、ラクマの悪質な出品者の見分け方について解説をしていきます。

評価が悪くないか

商品を購入する前に、必ず確認すべきは出品者の評価です。

ラクマには、評価システムが実装されており、

数値で出品者の信頼度を測れます。

数値が多いほど、

取引実績が豊富であることを示しています。

取り引きの前に必ず評価をチェックし、

信頼に足る取引相手なのかどうかを確認してください。

評価が0である、1~3程度である、といった出品者と取引するのはリスキーです。

ほとんど取引実績がないことを示しており、

信頼に足るとはいえません。

もちろん、アカウントを登録したばかりで、

まだ評価がないといったケースもあります。

ただ、悪質な出品者である可能性も否めないため、

判断するのは困難でしょう。

詐欺被害を回避したいのなら、

少しでも怪しい相手とは取引を行わないことです。

商品ページが雑な作りになっていないか

評価と併せて、

商品ページの作りが雑でないかどうかも確認しましょう。

商品ページは、商品をアピールする場所であり、

多くのユーザーは丁寧に作りこんでいます。

一方、詐欺業者や悪質な出品者は、

一度の取引でアカウントを削除してしまうこともあり、

商品ページそのものが雑な作りとなっているケースが多いのです。

また、アカウントを削除せずとも、

まじめに販売を行うつもりがなく、

商品ページ作りに力を入れていないケースも考えられます。

基本的には、このような出品者との取引も控えるべきです。

たまたまページの作りが雑なだけで、

優良ユーザーの可能性もありますが、

悪質な出品者でないとの判断はできません。

少しでもリスクを回避したいのなら、取引しないほうがよいでしょう。

対応が遅い・悪い出品者かどうか

ラクマで取引を行う際に、

出品者へメッセージを送り質問するシーンは少なくありません。

このようなやり取りから、

相手の信頼性をある程度測ることは可能です。

まじめに売買をしているユーザーであれば、

スムーズに返信をしてくれます。

また、言葉遣いも丁寧で、

こちらからの質問にきちんと答えてくれるでしょう。

一方、詐欺業者や悪質な出品者の場合、返信がなかなか返ってきません。

特に、都合が悪そうな質問に関しては、

シャットアウトされてしまうことすらあります。

何度も質問しているうちに言葉遣いが乱暴になった、

扱いが雑になった、

といったケースでも注意が必要です。

このような相手も、

詐欺業者や悪質な出品者の可能性があります。

少しでも怪しい、

と感じたのであれば、自身の直感を信じましょう。

偽ブランド品の見分け方

偽ブランド品を購入してしまうと、

お金を無駄にしてしまいます。

物販ビジネスの仕入れとして購入した場合、

転売するわけにもいかず、損失を抱えてしまいます。

このようなことにならないよう、

偽ブランド品でないかどうか、

きちんと見極めなくてはなりません。

偽ブランド品の見分け方は、

それほど難しくないので、

ここできちんと覚えましょう。

相場と比較して明らかに安くないか

ブランド品には相場の価格があるため、

比較して明らかに安い場合には偽物の可能性を疑いましょう。

ブランド品の売買は、

相場に基づいて行われるケースが多く、

極端に安いのは疑問しかありません。

高価なブランド品が安く出品されていると、

気持ちが揺らいでしまうのは理解できます。

物販ビジネスの仕入れとして購入する場合でも、

安く仕入れたほうが転売時の利益が高くなるため、

思わず購入したくなるでしょう。

しかし、

相場と比較して明らかに安すぎるブランド品は、高い確率で偽物です。

偽ブランド品であるため、

出品者としては安い価格で購入されても、金銭的な被害はないのです。

保証書や鑑定書などが附属しているか

ブランド品には、

保証書や鑑定書などが附属しているケースが少なくありません。

出品されているブランド品に、

保証書や鑑定書などがきちんと附属しているかどうかを確認しましょう。

偽ブランド品の場合、

このような保証書や鑑定書は附属しないことが多いです。

偽造している可能性もありますが、

そこまで手が込んでいるケースはあまり見受けられません。

商品ページに、

ブランド品と併せて保証書や鑑定書の画像が掲載されているのなら、

比較的安心できるでしょう。

念のため、

画像を拡大して詳細をチェックしてください。

実際の商品画像が掲載されているか

商品ページに、

実際の商品画像が掲載されているかどうかを確認しましょう。

偽物を扱っている出品者の場合、

実際の品とは異なる画像を掲載しているケースが多く見受けられます。

実際の商品画像を掲載してしまうと、

偽物であることを見破られてしまう可能性があるからです。

そのため、ブランドの公式Webサイトや、

ほかのショップの商品ページから画像を取得し、

商品画像として掲載するのです。

画像にブランドのロゴが入っている、

プロが撮影したようなきれいな写真を使用している、

といったケースでは、

このような可能性を疑いましょう。

気になるなら、一度ブランドの公式サイトや、

ほかのショップの商品ページも確認してみるとよいかもしれません。

ラクマで被害を受けないよう取引相手や商品はきちんと見極めよう

ラクマ側でも、

詐欺を働く悪質な出品者に対する監視の目を厳しくしています。

それでも、

いまだに詐欺の被害は後を絶ちません。

あとから詐欺であることに気づいても、

お金が戻ってこないケースは多々あります。

むしろ、返ってこないほうが多いかもしれません。

基本は、詐欺に遭わないよう、

きちんと自己防衛をすることです。

本記事では、

悪質な出品者や偽ブランド品の見分け方について解説をしました。

これらを実践すれば、

詐欺の被害に遭うリスクを少しでも引き下げられるでしょう。

物販ビジネスの仕入れとしてラクマを利用するのであれば、

本記事の内容を参考にしつつ、

安全な取引を実現してください。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。