楽天せどりは違法?アカウント停止のリスクと安全に売る方法

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
楽天せどりの違法性について知りたい(わからない)
という方のために、どんなことが違法になるかについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 楽天せどりが違法かどうかがわかる
  2. 楽天せどりで何をしてはいけないかわかる
  3. 楽天せどりで違法やペナルティにならない対策がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは楽天せどりの違法性について解説していきます。

 

楽天せどりは違法なの?

楽天せどりをしている人の中には、

自分がやっていることが違法ではないか

気になる人もいるでしょう。

楽天せどりの情報の中には違法か否かを

検証する情報も多いため、

余計に不安になっているのかもしれません。

楽天せどりの違法性が気になった人は、

間違った情報に迷わされないために

正確な情報を知ることが大切です。

原則的に違法には当たらない

まず結論としては、

楽天せどりの基本的な仕組みは違法には当たりません。

せどりや転売そのものは、

商品を安く仕入れて売るという

商売の基本行為と言えます。

また、楽天市場では新品のみを取り扱っているため、

楽天で仕入れて売る際には古物商許可がなくても問題ありません。

中古品売買では古物商許可がないと

古物営業法に背くことになりますが、

楽天せどりの場合には古物営業法も心配せずに売買できます。

違法な商品にも出会いにくい

楽天市場で売られている商品も信頼ができ、

違法な商品に出会う心配がありません。

楽天市場では、取り扱い商品のチェックも厳しく行っており、

違法な商品を排除しています。

そのため、楽天で仕入れた商品が

取り締まられることもありません。

楽天は販売禁止商品が売られていないため

楽天市場に出店しているショップは、

販売禁止商品を売ることができません。

楽天市場では「安心・安全への取り組み」として、

出店者、出品者が不適切な商品を

販売しないように取り締まりを行っています。

禁止商品のほか、

取り扱い審査商材もガイドラインに定め、

販売時には出品審査が実施されます。

定期的なモニタリングも行い、

禁止商品が取り締まられているため、

各店舗はルール違反できません。

楽天では偽物が売られていないため

楽天市場では、

ブランドなどの偽物を仕入れるリスクも低くなります。

偽物を仕入れて販売することは、

顧客とのトラブルにもなりますし、

違法行為として罰せられる可能性もあります。

しかし、楽天市場のショップは厳しい審査を経て

出店されているので、

商品の信頼度が高く偽物が売られることもありません。

楽天で仕入れた商品を扱ってせどりをすれば、

うっかり偽物を売るリスクも避けられます

自分の行動によって楽天の規約違反や違法になることはある

楽天せどりは、厳しい楽天市場の運営によって守られ、

比較的違法になるリスクも低くなっています。

しかし、自分の誤った行動によって

違法となるリスクには注意が必要です。

また、法律に触れることはなくても、

楽天市場の規約違反になる可能性もあります。

楽天市場は出店者だけでなく、

購入する側にもルールを守った使い方を求めています。

普通の消費者として買い物する程度であれば、

何も心配はありませんが、

せどりで使う際には少し注意が必要です。

楽天せどりで違法・規約違反等になったらどうなる?

楽天せどりで違法行為をしたり、

規約違反を犯したりした時、

具体的にはどんなペナルティがあるか知っておきましょう。

ペナルティの種類は

やってしまったことの重大性や

内容によって異なります。

悪いことをした時のリスクの大きさを

知ることで気を引き締めることが大切です。

違法行為は逮捕の可能性

楽天せどりで違法行為をした時の

最も恐るべきペナルティは、逮捕です。

楽天市場では違法性の高い商品は扱っていませんが、

仕入れ方や仕入れた商品によっては

逮捕されるような罪にあたる可能性はあります。

たとえば、楽天市場では酒類も売られていますが、

これを転売目的で仕入れると酒税法違反です。

罰則は1年以下の懲役または

50万円以下の罰金と定められています。

罰金・加算税の可能性

楽天せどりで違法行為をすると、

罰金や加算税などの対象となることもあります。

上記のような酒税法違反の他、古物営業法違反など、

法律に違反すると罰金を支払わなければいけなくなります。

また、罰金とは少し異なりますが、

税金を納める義務や申告する義務を

怠るのもペナルティの対象です。

この場合には、

加算税という追加の税金が課せられます。

楽天の規約違反で楽天サービス全部が凍結される可能性

楽天せどりでは、

違法行為ではなく楽天の規約に

違反することでのペナルティにも注意が必要です。

楽天市場の規約違反のペナルティは、

楽天の関連サービスを日ごろから

利用してきた人には非常に重いものとなります。

楽天のペナルティでもっとも重いのは、

楽天サービスのアカウントの凍結です。

これまで利用していた楽天関連のサービスがすべて使えなくなり

貯めていたポイントも無駄になってしまいます。

楽天はショッピングサイトだけでなく

さまざまなジャンルのサービスがあり、

それらを使ってきた人は

日常生活にも支障が出るかもしれません。

楽天せどりで違法にならないための注意点

楽天せどりで違法にならないためには、

いくつか注意しておきたいことがあります。

原則的に違法にはなりにくい楽天せどりですが、

自分でもリスクを減らしておきましょう。

念のため古物商許可は取得しておく

楽天市場の商品はすべて新品のため、

古物商許可は必要ありません。

しかし、せどりを続けていく上では

必要になることも多いため、

あらかじめ取得しておくことをおすすめします。

もしも万が一、

他のサイトでうっかり中古品を仕入れた時も

古物商許可があれば合法的にすぐに販売できます。

モラルのない転売は慎む

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、

一時期マスクが高値転売されたことがあります。

また、人気イベントのチケットの高値転売などもありました。

こうしたモラルのない転売は人を幸せにしませんし、

せどりを長くビジネスとして続ける人にはおすすめできません。

また、モラルに反した売り方は人々の反発を受けて、

将来的には法で規制されることもあります。

今だけ稼げれば良いという考え方では、

長くせどりを続けることはできません。

安全にせどりを続けたい人は、

人々から後ろ指を指されないような商品を扱いましょう。

稼いだら確定申告をする

せどりで稼いだ収入がある人は

確定申告をしなければいけません。

確定申告は所得税の申告で、

自分自身で行うものです。

一定以上の収入がある人が確定申告をしないと

納税の義務を怠ったことになります。

楽天せどりで特に注意したいのは、

せどりで獲得した楽天ポイントも確定申告の対象になることです。

現金ではないから関係ないと思わずに、

正しい金額を確定申告しましょう。

分からないことがあったら、

税理士などに相談することも必要です。

楽天せどりの規約違反にならないための注意点

楽天せどりでは、違法行為も怖いですが、

楽天の規約違反となることも要注意です。

楽天市場はもちろんのこと、

それ以外の楽天サービスまで使えなくなることがあるため、

慎重に正しい使い方を心がけましょう。

同一商品や限定商品の大量購入はしない

楽天でせどりのための商品仕入れをする際には、

同一商品や限定商品を一度に大量に購入するのは避けましょう。

楽天では、数量限定商品や

人気商品の買占め行為をすると

アカウント停止のリスクとなります。

自動購入ツール等の利用による

買占めを禁止する規約の改定も行われており、

ツールの利用も危険です。

アカウントを1人で複数作らない

楽天では、1人で複数のアカウントを

作成・保有することを禁止しています。

不正利用を防ぐために

楽天規約の禁止行為にも盛り込まれています。

規約には、不正行為が発覚した場合には

事前通知なく利用停止や会員資格取り消しなどの

措置が取られると明記されていました。

別アカウントでも送り先が同じだとNG

楽天では数量限定商品などを複数買うことができないため、

家族などに協力してもらおうと思う人もいます。

しかし、別のアカウントを利用して申し込んでも、

商品の送り先が同一の場合にはルール違反と判断され、

通報されることがあります。

これはショップごとに対応が

異なるため絶対ではありませんが、

注意するに越したことはありません。

別アカウントで同じデバイスからのログインすると危険

家族のアカウントを利用して、

購入を試みた場合、

同じデバイスを用いてログインすることで

同一人物と見なされることもあります。

IPアドレスによって同一人物かどうか判断するため、

同じパソコンやスマホからログインすれば、

別のアカウントであろうと意味がありません。

これもアカウント凍結のリスクとなるため、

注意しましょう。

家族で限定品をそれぞれ購入する際には、

デバイスを分けて使う必要があります。

購入キャンセルを繰り返さない

楽天のショッピングの規約では、

禁止行為として「購入する意図なく商品の購入を申し込むこと」

「正当な理由なく商品を受け取らないこと」などをあげています。

購入キャンセルはやむを得ずすることはありますが、

これを何度も繰り返すと

上記の禁止行為と取られる可能性があります。

何回やったらNGといった線引きはありませんが、

できるだけ慎重に購入ボタンを押し、

安易なキャンセルは避けましょう。

ギフトカードの売買はしない

楽天ポイントギフトカードの売買は、

楽天スーパーポイント利用規約で禁止されています。

ポイントの換金は不可と定められており、

不正に入手したポイントは取消となる恐れがあります。

ポイントは仕入れ金額の支払いなど、

正しい方法で消費しましょう。

楽天アフィリエイトを併用しない

楽天せどりと楽天アフィリエイトの併用も禁止されており、

ペナルティの対象です。

このルールは、2022年2月から始まりました。

せどりや転売をおすすめするコンテンツに

楽天アフィリエイトのリンクを貼ることも、

アフィリエイトリンクから買った商品を転売するのも禁止です。

せどり関係の仲間同士で

購入し合うのもNGとなります

比較的新しいルールなので、

関係のある人は十分に禁止条件を確認しておきましょう。

楽天せどりは違法ではないが規約違反に注意

楽天せどりは、原則違法ではありませんし、

楽天自体もクリーンで安全に

買い物しやすいサイトです。

ただし、楽天せどりをする際には、

自分が違法行為や規約禁止行為を

しないように注意する必要があります。

特に楽天の規約違反への対応は厳しく、

アカウントが使えなくなることさえあるため危険です。

楽天せどりをする際には、

楽天の規約を十分に理解した上で

正しくサイトを利用しましょう。

また、新しいルールが追加されることもあるため、

常に規約の改定に注意を払っておくことも大切です。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。