楽天せどりで貯めたポイントの使い方は?損をしないための注意点も解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
楽天せどりで貯めたポイントについて知りたい(わからない)
という方のために、楽天ポイントの使い道や損をしない使い方について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 楽天せどりで貯めたポイントの使い道がわかる
  2. 楽天せどりで貯めたポイントを楽天の仕入れ以外での使い方がわかる
  3. 通常ポイントと期間限定ポイントの違うがわかる
  4. 楽天ポイントの注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、楽天ポイントの使い道や損をしない使い方について解説していきます。

 

楽天せどりで貯めたポイントの使い方

楽天ではさまざまなポイントアップキャンペーンや

イベントなどを開催しています。

そのため、

仕入れでポイントを貯めやすいのがメリットです。

特にポイントアップキャンペーンなどに参加していると、

いつの間にかポイントがたくさん貯まっていた、

ということもあるでしょう。

そのポイントは使わなければ損です。

中には期間限定ポイントなどもあり、

期限内に使わないと消失してしまうものもあります。

楽天ポイントの使い道はいろいろです。

損をしないよう、

楽天せどりで貯めたポイントの使い方を解説します。

楽天で仕入れに使う

楽天せどりで貯めたポイントは、

楽天の仕入れに使うのも一つの方法です。

ポイントを使えば、

仕入れ費用を抑えることができます。

さらにポイントも付与されるので、

お得な使い方と言えます。

ただし、楽天市場で買い物をする際には、

レートなどを確認し損をしないようにしましょう。

仕入れたいものがない場合は、

せどりに必要な切手や梱包用の材料などを購入するのもおすすめです。

せどりの仕入れ以外で使う

楽天ポイントはせどりの仕入れ以外でも

さまざまな使い道があります。

仕入れたいものや買いたいものがない

、しかし有効期限が迫っているなどの場合、

次のような使い方もおすすめです。

楽天ポイントのさまざまな使い道を紹介します。

楽天ポイント加盟店で使う

楽天ポイントは楽天市場だけでなく、

加盟店で使用できます。

楽天ポイント加盟店では1P=1円で買い物が可能です。

楽天ポイント加盟店には、

• マクドナルド
• 幸楽苑
• misterDonut
• IDEMITSU
• エレナ
• ファミリーマート
• デイリーヤマザキ
• 東急ストア
• コーナン
• 大丸
• 松屋銀座
• 松坂屋
• 東急ハンズ
• 東急百貨店
• 渋谷ヒカリエ
• 湘南美容クリニック

など、多数あります。

ほかにも、ネイルサロンや鍼灸整骨院などでも利用できるので、

詳細は公式ホームページで確認してみてください。

楽天Edyにチャージする

楽天Edyにチャージすると便利です。

1P=Edy1円分でチャージ可能。

楽天Edyは事前にチャージしておく電子マネーです。

1回あたり25,000ポイントが交換可能。

交換する際には、

公式サイトで「ポイントチャージ申請」を行います。

利用できるのは通常ポイントのみで、

期間限定ポイントは利用できないので注意しましょう。

楽天Payの支払いに使う

楽天Payはコンビニや飲食店、家電量販店、

ドラッグストア、スーパーなど、

さまざまなお店で利用可能です。

楽天ポイントを

一部もしくは全額楽天Payの支払いに使うことができます

楽天Payで支払ったポイントは

ランクアップの対象にもなります。

ANAのマイルに交換

楽天ポイントをANAのマイルに交換することもできます。

楽天ポイント2ポイントでANAのマイル1マイルに交換可能です。

マイル登録が確認されるまでに1週間程度かかります。

交換できるポイントは20,000ポイント/月まで。

1回に交換できるポイントは1,000ポイントまでです。

キャンペーンなどの期限付きポイントや、

提携企業から交換したポイントは、

ANAのマイルに交換できないので注意しましょう。

投資の疑似体験をする

楽天のポイント運用で、

投資の疑似体験ができます。

投資に興味のある方は試してみるのもよいでしょう。

ポイント運用であれば、

口座開設の必要もなく手軽に投資を疑似体験できます。

増えたポイントの現金化はできないものの、

通常の楽天ポイントとして利用可能です。

本格的に投資をしたい場合は、

ポイント投資があります。

金融商品の購入費用としてポイントを利用でき、

投資信託や国内株式などに投資可能です。

口座開設が必要ですが、

ポイントで購入した金融商品を売れば現金化できます。

楽天カードの支払いに使う

ポイントで楽天カードの支払いができます。

ポイントを月々の支払いに役立てることができるのは、

大きなメリットでしょう。

1P=1円で利用可能です。

50から最大500,000ポイントの範囲内で利用できます。

手続き方法は、

楽天e-NAVIから簡単に手続きできます。

毎月12日~最長24日までの受付で、

利用できるポイントは通常ポイントのみです。

1ヵ月に利用できるのは最大5回まで。

対象となるのは、カードショッピングの利用代金のほか、

カード年会費やカード切り替え手数料、

包括信用購入あつせんの手数料などです。

カードキャッシングの融資金や利息は対象外です。

商品券やギフトカードなどに交換する

楽天ポイントは商品券やギフトカードに

交換することもできます。

楽天では信販系ギフトカードのほか、

図書カードやグルメカードなどもあるので、

自分で利用することもできれば、

プレゼントするのもよいでしょう。

使い方は簡単です。

楽天市場の金券ショップ「商品券販売センター」で

ポイント払いにするだけです。

ラクマで使う

楽天ポイントをラクマで利用できます。

ラクマはメルカリに次いで人気のあるフリマアプリです。

仕入れ先の一つとしてチェックしておくのもおすすめ。

ラクマと楽天IDを連携しておくと、

商品を仕入れる際にポイントを選択できるようになります。

楽天せどりで貯めたポイントの損をしない使い方

ポイントを貯めやすいのはメリットですが、

注意しないと損をしてしまうことがあります。

楽天ポイントには期限付きのポイントもあるからです。

せっかく貯めたポイントを使わないまま消失させないためにも、

ポイントの特徴や使い方を知っておきましょう。

ポイントの有効期限に注意

楽天ポイントには有効期限があります。

有効期限は最後にポイントを獲得した月を入れて1年間です。

1年のうちに新しくポイントを貯めれば、

その月から1年間と有効期限が延長されます。

ただし、1年間の有効期限があるのは通常ポイントです。

楽天ポイントには期間限定ポイントというものがあり、

それらのポイントの有効期限は異なるので注意しましょう。

期間限定ポイントと通常ポイントを把握

楽天ポイントの期間限定ポイントと

通常ポイントには違いがあります。

付与されるタイミングや使用期限などは異なるので、

注意しましょう。

期間限定ポイントと通常ポイントについて解説します。

通常ポイントとは?

通常ポイントとは、

普段の仕入れなどで獲得するポイントです。

楽天ではイベントやキャンペーンなどが多数開催されますが、

その際の仕入れでも付与されることもあります。

通常ポイントは楽天ポイントの

さまざまな使い道に利用できる点もメリットです。

有効期限は先に述べたように、

最後にポイント付与された月を含めた1年間なので、

仕入れのタイミングに合わせて利用できるのも便利です。

期間限定ポイントとは?

期間限定ポイントは、

「楽天お買い物マラソン」や「楽天スーパーDEAL」など、

特定のキャンペーンで付与されます。

有効期限が設定されているのが特徴で、

有効期限はキャンペーンによって異なり、

通常ポイントのように1年間という長さはありません。

有効期限は比較的短いので、

早めに計画を立てて使うようにしましょう。

また、通常ポイントのように有効期限の延長もなく、

期間限定ポイントはランクアップ対象外です。

期間限定ポイントは、

楽天市場をはじめ、楽天トラベルや楽天ブックスなどのサービスで利用できますが、

期間限定ポイントが使えないサービスもあるので注意しましょう。

利用できないのは、

• 楽天ポイント運用の疑似投資
• 楽天カードへの利用料金の支払い
• ANAマイルへの交換
• 楽天Edyへの交換

などです。

ポイント利用には上限がある

楽天ポイントには利用できるポイント数に上限があります。

プラチナ・ゴールド・シルバー・レギュラー会員は1回につき、

30,000ポイントまで、1ヵ月に利用できるポイントは、

100,000ポイントまでです。

ダイヤモンド会員であれば、

1回・1ヵ月の支払いで利用できるのは

500,000ポイントまで利用可能です。

利用方法は、全てのポイントを使うこともできれば、

一部のポイントのみ利用することもできます。

一部のポイントを使う場合は、

自分で利用するポイント数を選べます。

ポイントの倍率や有効期限に注意して損をしない

楽天で仕入れをしていると、

ポイントアップキャンペーンなども多く、

アッと言う間にポイントが貯まることも多いものです。

ポイントは有効活用したいもの。

特にキャンペーンなどで

獲得できる期間限定ポイントには注意が必要です。

利用できる期間には期限があり、

通常ポイントよりも期限が短い傾向にあります。

楽天ポイントの使い道は幅広く、

何に使えばよいか迷ってしまうこともあるかもしれません。

楽天せどりで貯めたポイントを使う際には、

ポイント倍率や有効期限に注意し損をしないように使いましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。