楽天せどりに古物商許可は必要?取得したほうがよいケースも解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
楽天せどりに古物商許可が必要か知りたい(わからない)
という方のために、必要性の有無や取得したほうがよいケースなどについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 楽天せどりに古物商許可が必要かどうかわかる
  2. 古物商許可を取得したほうがよいケースがわかる
  3. 古物商許可取得の流れがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、楽天せどりに古物商許可が必要かどうか、

取得したほうがよいケースも含めて解説をしていきます。

 

楽天せどりに古物商許可は必要?

楽天せどりに古物商許可は不要です。

楽天せどりは、楽天市場に出店しているショップから

商品を仕入れ、Amazonやヤフオク!、

メルカリなどに転売して利益を得るビジネスモデルです。

ここで、古物商許可が必要となる

ケースを再確認しておきましょう。

古物商許可とは、

営利目的で古物を扱うときに必要な認可です。

営利目的で中古品の販売やレンタル業、

代理販売業などを営む場合には、

古物商許可を取得しなければなりません。

古物商許可を取得せずに中古品の商取引をしてしまうと、

無許可営業とみなされてしまい、刑罰の対象になってしまいます。

楽天せどりでは、

楽天市場で商品を仕入れるのが基本です。

楽天市場で扱われている商品は新品がほとんどなので、

古物商許可を取得する必要はありません。

ただ、楽天市場に出店しているショップの中には、

中古品を扱っているところもあります。

もし、楽天市場で中古品を仕入れ、

Amazonやメルカリに転売するとなると、

古物商許可の取得が必要となるため注意しなくてはなりません。

古物商許可を取得したほうがよいケース

楽天せどりへ取り組むにあたり、

古物商許可の取得は絶対ではありません。

ただ、古物商許可を取得したほうが

よいケースもいくつかあります。

ここでは、楽天せどりに取り組むにあたって、

古物商許可を取得したほうがよいケースをピックアップしました。

楽天市場で中古品も仕入れたい

楽天市場に出店しているショップから、

中古品を仕入れて転売したいのなら

古物商許可を取得したほうがよいでしょう。

近年では、楽天市場でも

中古品を扱うショップが増えました。

そのため、新品だけでなく中古品を扱う

物販ビジネスにも着手してみたい、

と考える方がいても不思議ではありません。

中古品の中には、すでに新品では手に入らなくなった

レアなアイテムや限定品などがある

可能性もあり、利益拡大も望めます。

また、今はまだ新品のみでビジネスに取り組み、

いずれは中古品の楽天せどりにチャレンジしてみたい

といった方にも古物商許可の取得がおすすめです。

古物商許可を取得するにはある程度時間がかかるため、

いずれ中古品を扱うのであれば、

早めに行動を開始しましょう。

楽天市場以外から商品を仕入れる可能性がある

楽天市場以外に、ラクマやメルカリ、ヤフオク!などからも

商品を仕入れたいと考えているのなら、

古物商許可を取得したほうがよいかもしれません。

基本的に、楽天市場は新品の扱いがメインですが、

ラクマやメルカリ、ヤフオク!などは

中古品の扱いが多いためです。

すでにお伝えした通り、

営利目的で中古品を仕入れて販売する行為は、

古物営業法違反になるおそれがあります。

無許可営業とみなされてしまい、

3年以下の懲役または100万円以下の罰金を

科せられてしまうおそれがあるのです。

楽天市場のみならず、さまざまな仕入れ先から

新品中古品問わず商品を仕入れたい、

と考えているのなら、古物商許可の取得も

視野に入れておいたほうがよいでしょう。

中古品中心のせどりに取り組みたい

楽天せどりは、基本的に新品の商品を

メインに扱うケースが多くを占めていますが、

中古品を扱ってはならないルールはありません。

実際、楽天せどりで中古品をメインに扱っている方もいます。

もし、中古品中心のせどりに取り組みたいのであれば、

古物商許可の取得は必須です。

古物商許可を取得すれば、楽天市場はもちろんヤフオク!や

メルカリ、ブックオフ、ハードオフなどさまざまな

仕入れ先から中古品を仕入れて販売できます。

また、中古品は安価な商品が多いため、

少ない仕入れ資金で始められるのも魅力です。

スモールスタートでせどりに取り組みたいと

考えている方にも、中古品せどりはおすすめなので、

合法にビジネスを継続できるよう

古物商許可の取得をおすすめします。

古物商許可取得の流れ

古物商許可はどのように取得すればよいのか、

気になる方も少なくないでしょう。

基本的には、以下のステップで進めれば

古物商許可を取得できます。

以下、古物商許可を取得するときの

大まかな流れを解説します。

条件面をチェック

古物商許可は、誰でも自由に

取得できるわけではありません。

申請にあたり、一定の条件が定められているため

事前の確認が必須です。

まずは、自身が古物商許可申請の欠格要件に

該当していないかどうかを確認しましょう。

欠格要件にひとつでも該当していると、

古物商許可取得の申請ができません。

欠格要件は10項目設けられています。

たとえば、犯罪者や破産手続き開始の決定を受けて

復権していない者、

住居の定まらない者などが該当します。

また、古物商許可を取り消されて

5年経過していない者、未成年者、

管理者の業務を適正に行えない者を

管理者に選定している、などです。

自身が欠格要件に該当するのかどうか判断できない、

わからないといった場合には、

行政書士のような専門家に相談するとよいでしょう。

必要書類の準備

古物商許可の申請にあたっては、

いくつもの書類を用意しなくてはなりません。

まずは、古物商許可申請書を用意しましょう。

こちらは、警察署に足を運べば

窓口で取得できます。

また、提出先となる警察署の

公式ホームページからダウンロードも可能です。

申請書を入手したら、

必要事項を漏れなく記入し提出の準備を進めましょう。

ほかにも、

誓約書や略歴書、住民票、身分証明書などが必要です。

誓約書は、欠格要件に該当しないことを

誓うための書類です。

略歴書は、過去5年の経歴を

記載する書類で、警察署で取得できます。

身分証明書ですが、

これは運転免許証やパスポートなどではありません。

本籍地となる市町村役場でしか

取得できない証明書なので注意してください。

管轄の警察署へ申請

書類の準備ができたら、

管轄となる警察署へ申請を行います。

提出先を間違えると受理してもらえないため、

あらかじめ確認しておきましょう。

警察署で申請が受理されたら、

審査が始まります。

申請が受理されたからといって、

古物商許可を取得できるわけではありません。

審査にクリアして、

初めて古物商許可を取得できます。

審査期間はそのときどきで変化することがあるため、

あらかじめ窓口で質問しておくとよいでしょう。

許可証の受け取り

無事に審査をクリアしたら、

古物商許可証を受け取れます。

審査通過後、申請をした警察署から連絡があり、

許可証をとりにくるよう伝えられます。

いつ受け取りに行けるのかを伝え、

警察署へ足を運びましょう。

警察署で古物商許可証を受け取って初めて、

古物商許可を取得したといえます。

申請して審査を受けている段階では、

まだ古物商許可を取得したとはいえません。

そのため、審査期間中に中古品の売買を行い、

発覚すると審査に通らなくなる可能性が

あるため注意が必要です。

無事に審査をクリアし、

古物商許可証を受け取るまでは、

中古品の取り引きは行わないようにしましょう。

物販ビジネスを拡大したいのなら古物商許可取得も考えよう

楽天せどりに古物商許可は必要ありませんが、

あくまで新品の商品を扱う場合に限られます。

楽天せどりで中古品を扱うときには、

古物商許可を取得しなければ

ならないため覚えておきましょう。

なお、古物商許可の取得は個人でも行えますが、

専門家への依頼がおすすめです。

申請書類の内容は厳しくチェックされるため、

少しでも漏れや不備があると申請できません。

何度も警察署へ足を運ぶことになり、

手間と時間がかかるため、

行政書士のような専門家への依頼がおすすめです。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。