せどりとは?これからせどりを始める人のための完全ガイド

せどりは、誰でも利益を得られる可能性を秘めたビジネスです。
ただ、せどりで成功するにはどのようなビジネスモデルなのか正しく理解し、メリット・デメリット、利益を得るためのコツなども知っておかねばなりません。

本記事では、せどりの基本知識やメリット・デメリット、稼ぐためのポイントなどについて解説します。
記事を踏まえて取り組み、せどりで利益を獲得しましょう。

せどりとは?

せどりは、安く仕入れた商品を高く売って利益を得るシンプルなビジネスモデルです。
広いくくりでは転売と同じ意味ですが、ややニュアンスが異なるため注意が必要です。
また、せどりを違法と勘違いしている方が少なくありませんが、実際には合法なので問題ありません。

せどりとはどういう意味?

せどりは、市場に流通している市販品を安く購入し、高値で販売するビジネスモデルで、漢字では競取りと表現します。
安く仕入れて高く売るのは物販ビジネスの基本であり、シンプルな稼ぎ方ゆえに人気です。
なお、せどりに取り組んでいる人のことをせどらーと呼びます。

物販ビジネスのなかで、せどりが高い人気を誇る理由は取り組みやすさです。
一般的に、ビジネスを始めるとなれば多額の資金や設備などが必要になるケースが少なくありませんが、せどりは最小限の資金とツールがあれば始められます。

なお、せどりという名称の由来ですが、高価値の本を古書店に売って利益を得る人のことを、古書業界でせどり屋と呼んでいたことが始まりのようです。

せどりでは、定価で仕入れてプレミア価格で売る稼ぎ方もあります。
たとえば、将来的に値上がりしそうな品を購入して寝かせておき、プレミアがついてから売る、といった稼ぎ方が考えられます。

>>本のせどりについてはこちら

せどりと転売の違いとは?

せどりと転売は、広いくくりでは同じ意味です。
どちらも、仕入れた商品を高く売ることで利益を得るビジネスモデルであることに違いはありません。

ただ、転売にはややネガティブなイメージがつきまとうのも事実です。
定価購入し適正な市場価格で転売しているケースも少なくありませんが、なかには驚くほど高額で転売している人もいるためです。

転売ヤーなる言葉も誕生し、メディアで注目されるケースも増えました。
高く売れそうな品を転売ヤーが買い占めたり、チケットの違法転売をしたりといった様子がメディアで取りあげられ、転売=悪いこと、といったイメージがついてしまったと考えられます。

>>せどりと転売の違いについてはこちら

せどりは違法ではない

せどりは違法、と耳にしたことがある方もなかにはいるかもしれません。
これからせどりに取り組もうとしている方にとって、これは看過できない話題でしょう。

実際のところ、せどりは合法です。
せどりそのものは違法行為ではなく、れっきとした合法のビジネスモデルであるため安心してください。

ただ、行為によっては違法になるケースがあるため注意が必要です。

たとえば、ライブやイベントなどのチケットを、営利目的で定価以上の価格で転売するのは違法です。
同様に、酒類を営利目的で販売するのも違法になるため注意しましょう。
酒類を営利目的で販売するには免許が必要です。

このように、違法となるケースがいくつかあるため、本格的にせどりを始める前にあらかじめチェックしておくとよいでしょう。

>>せどりは違法かについてはこちら

せどりを始める前に覚えておきたい基礎知識

せどりとひと口にいってもさまざまな種類があり、メリット・デメリットもあります。
また、中古せどりにおいては古物商許可が必要になる、といった注意点もあるため、知識として覚えておきましょう。

せどりのメリット・デメリット

せどりを始める前に、メリットとデメリットを理解しておきましょう。
また、ひと口にせどりといっても、実際にはいくつもの種類があるため、それも把握しておく必要があります。

メリット

せどりのメリットは、取り組みやすさです。
シンプルなビジネスモデルゆえに誰でも取り組むことができ、しかもすぐ収益化できます。

せどりでは、仕入れた商品を出品し売れたら利益を得られます。
回転率が高い商品を中心に扱えば、収益化のスピードはさらにアップするでしょう。

初期費用を抑えられるのもメリットです。
せどりを始めるにあたり、多額の資金や設備などは必要ありません。
パソコンやインターネット環境、最低限のツールがあれば始められます。

また、せどりなら時間をあまりかけずに稼げます。
やることといえば、売れそうな商品をリサーチして仕入れ、出品するだけです。
実際にはもっと細々した作業が発生しますが、それほど大変ではないため隙間時間で稼ぐことも十分可能です。

デメリット

せどりのデメリットは、赤字リスクがあることです。
たとえば、売れると判断して大量に仕入れた商品が売れなかった、となると赤字になるおそれがあります。

一定の仕入れ資金が必要なのもデメリットです。
扱う商品にもよりますが、高額な商品を扱うのなら相応の資金が求められます。
高額商品を大量に仕入れるとなれば、自己資金だけではまかなえず金融機関から融資を受けることもあるでしょう。

また、難しい作業はほとんどないせどりですが、単純作業や肉体労働が多いのも事実です。
リサーチやシール貼り、梱包など地味な単純作業が多く、しんどいと感じてしまう人も少なくありません。

さらに、せどりビジネスは社会的な評価が高くありません。
転売ヤーと混同されてしまうことも多く、ネガティブな印象をもたれてしまう可能性もあります。
社会的評価が低いゆえに、クレジットカードやローンの審査が通りにくい、といったことも考えられるでしょう。

>>せどりは大変かについてはこちら
>>せどりはクズがについてはこちら
>>せどりはやめたほうがいいかについてはこちら

せどりの種類

ひと口にせどりといっても、いくつかの種類があります。
大きくわけると、中古品せどりと新品せどり、店舗せどり、電脳せどりなどに分類できます。

また、扱う商品のジャンルで分類されることも少なくありません。
たとえば、本せどりや家電せどり、古着せどりといった具合です。

ほかにも、Amazonせどり、メルカリせどり、ビームせどりなども存在し、種類は無数です。

中古せどり・新品せどり

新品せどりは、新品を購入して販売するスタイルです。
新品であれば検品や梱包の必要がなく、作業量を少なくでき、仕入れた商品を保管スペースに縦積みできるメリットがあります。

一方で、利益率が低くなりやすい、仕入れに多額の資金が必要などのデメリットがあるため注意が必要です。

中古品をメインに扱うせどりは、さまざまなルートで販売できる魅力があります。
最安値で購入し高値で販売する、といったことも可能であり、高い利益率も期待できるでしょう。

小資金で始められるのもメリットです。
少ない資金で少しずつ利益を伸ばし、着実に事業の規模を拡大していく、といったことも可能です。

ただ、中古品を扱うには古物商許可証が必要であり、認可を得ずに販売すると違法になるおそれがあります。
また、検品や梱包、メンテナンスなどさまざまな手間が発生するのもデメリットです。

店舗せどり・電脳せどり

店舗せどりは、店舗で仕入れを行うスタイルのせどりです。
仕入れ時に送料が発生せず、たまたま掘り出し物を見つけられるなどのメリットがあります。
また、その場ですぐ商品を入手できるため、ネット購入時のようなラグが発生しません。

一方、近くに店舗がないと仕入れができない、店舗スタッフやお客さんに目立つ可能性がある、といったデメリットがあります。

電脳せどりは、仕入れから販売までオンラインで完結するせどりスタイルです。
24時間いつでも仕入れができるほか、近隣に目当ての店舗がなくても商品を仕入れられます。

ただ、仕入れ時に送料を支払う必要がある、商品を目視でチェックできない、といった注意点もあるため覚えておきましょう。

>>電脳せどりについてはこちら

扱う商品ジャンルでの分類

代表的なのは、本せどりや古着せどり、化粧品せどり、家電せどりなどが挙げられます。
本せどりは、本を商材として扱うスタイルで、基本的に薄利多売で利益を得ます。
セット販売やプレミアがついた作品などを狙うのが一般的です。

古着せどりも人気のあるスタイルです。
商品がかさばりにくく、小資金でも取り組めます。
ただ、アパレルやファッションに関する知識がないと難しいため注意が必要です。

>>本せどりについてはこちら

販売先・仕入先名での分類

ブックオフせどりやドン・キホーテせどり、メルカリせどり、Amazonせどりなどが代表的です。
ブックオフは、本やCD、DVDなどを仕入れるのに適していますが、同じ店舗に何人もの競合がいる可能性もあるため注意しましょう。

メルカリせどりやAmazonせどりは、オンラインで取り引きを完結できる電脳せどりの一種です。
メルカリとAmazonでは客層に違いがあり、売るためのテクニックも違ってきます。

>>ドン・キホーテせどりについてはこちら
>>メルカリせどりについてはこちら
>>Amazonせどりについてはこちら

その他

よく知られているのはビームせどりと呼ばれる手法です。
店舗せどりの一種で、商品のバーコードを専用の機器で読み取り、リサーチしつつ仕入れを行うスタイルです。

効率よくリサーチできるため初心者にも適しますが、ビームせどりそのものをNGとしている店舗があるため注意してください。
また、バーコードリーダーは高額なものが多く、多額の初期費用が発生します。

中古せどりをするなら古物商許可が必要

中古せどりは、安価で仕入れて高値で売れる可能性があるため人気ですが、取り組むには古物商許可が必要です。
営利目的で中古品を継続的に販売する、誰かの手に一度でも渡った未使用品を転売する、といったケースでは古物商許可が求められます。

実際には、古物商許可を取得しないまま、中古せどりを行っている人はたくさんいます。
ただ、許可を得ずやっている人が多いからといって、真似してしまうと大変な事態に陥るおそれがあるため、軽々しく考えてはいけません。

たとえば、古物営業法違反として検挙される可能性が挙げられます。
古物営業法違反の罰則は、最大3年の懲役、または最大100万円の罰金です。

>>せどりの古物商についてはこちら

せどりでスムーズに利益を出すためのポイント

せどりでスムーズに利益を得るには、しっかりと準備をして臨むことです。
また、どのようにリサーチを行うのか、知識を得ておくとスムーズに利益を得られる可能性があります。

基本的な取引の流れについてはこちらの記事で解説します。

>>せどりのやり方についてはこちら

せどりを始めるのに必要なものは?

せどりを始めるには、PCやスマートフォンなどが必要です。
商品のリサーチや販売先への出品などに、PCやスマートフォンなどの端末を利用します。

銀行口座も用意しましょう。
プライベート用の口座でも問題ありませんが、本格的にビジネスとして取り組むのなら専用の口座をもうひとつ開設しておくと、資金の管理もしやすくなるためおすすめです。

クレジットカードも必須です。
オンラインで仕入れるとき、クレジットカードがあればスピーディーに仕入れができます。
また、ツールやサービスの利用料、販売先の手数料などもクレジットカードで支払います。

仕入れに要する資金も必要です。
扱う商品のジャンルや量などで要する資金は変化します。
資金が豊富であれば、精神的に余裕をもってビジネスを展開できるでしょう。

>>電脳せどりで必要なものについてはこちら

リサーチはなにをどう調べればいい?

リサーチは、売れる商品や高利益商品を見つけるために行います。
仕入れた商品が売れない、売れたのに利益が少ない、といったことを回避するため、リサーチには力を入れなくてはなりません。

リサーチにはツールの利用がおすすめです。
せどりに適したリサーチツールがいくつもリリースされているため、活用しない手はありません。

リサーチツールを用いれば、過去にいくらで売れたのかや、販売価格の推移、ランキングなどをチェックできます。
リサーチ時間の短縮にもつながるため、ツールは導入したほうがよいでしょう。

>>せどりのランキングについてはこちら

>>せどりのリサーチについてはこちら

商品はどこで仕入れればいい?

店舗せどりにしろ電脳せどりにしろ、仕入れ先の候補は数多く存在します。
特にこれといった縛りはないため、気に入ったお店で仕入れをしても問題ありません。

店舗せどりで代表的な仕入れ先なら、ヤマダ電機やヨドバシカメラ、ドン・キホーテ、ブックオフ、マツモトキヨシ、ハードオフ、コーナンなどが挙げられます。

電脳せどりの仕入れ先なら、Amazonが第一候補
です。
Amazonは仕入れ先だけでなく、販売先としても優秀なので覚えておきましょう。

また、ブックオフオンラインや楽天市場、Yahoo!ショッピング、駿河屋なども人気があります。
卸価格でさまざまな商品を購入できる卸サイトや、マイナーなネットショップで仕入れるのもひとつの手です。

>>せどりの仕入先についてはこちら>

何を仕入れれば儲かる?

儲かるジャンルはさまざまなので一概にはいえませんが、初心者なら本や家電、おもちゃ、美容用品などが狙い目です。
また、楽器や古着、カメラ、スニーカーなどは高利益につながりやすいジャンルです。

基本的には、自身の得意なジャンルで勝負することをおすすめします。
たとえ儲かりやすいジャンルであっても、知識がまったくないと仕入れや販売で困ることが出てくるでしょう。

得意なジャンルであれば、知識に基づいた仕入れができ、商品説明も充実させられます。
ライバルを出し抜ける可能性もあるので、得意なジャンルで勝負をかけましょう。

>>せどりのおすすめについてはこちら

仕入れた商品はどこで売る?

商品の販売先はAmazonがおすすめです。
ライバルが多いのも事実ですが、Amazonは巨大なマーケットであり、集客力も抜群です。
しかも、FBAを利用すれば梱包や発送、クレーム対応などさまざまな業務を代行してもらえるため、業務効率化も実現できます。

基本的にはAmazonを利用し、Amazonでは販売できないもの、売りにくいものはその他のサイトで販売するとよいでしょう。

Amazon以外の販売先候補としては、ヤフオク!やメルカリ、ラクマなどがあります。
それぞれ、メインユーザー層が異なるため、事前にリサーチを徹底しましょう。

せどりに関するよくある疑問

これからせどりに取り組もうとしている方なら、さまざまな疑問を抱いていても不思議ではありません。
どれくらい稼げるのか、難易度は高いのか、ツールは利用したほうがよいのかなど、聞きたいことはたくさんあるでしょう。

ここでは、せどり初心者のためによくある質問と回答をまとめました。

せどりってどれくらい稼げるの?

せどりでどれくらい稼げるかは、ケースバイケースであるため一概にはいえません。
扱っている商品のジャンルやその人のスキル、経験などによって大きく変化します。

目安としては、初心者なら時給換算で1,000円程度です。
ある程度せどりについて学んでおり、自身でリサーチも行えるのが前提です。

中級者となると、時給換算2,000円前後が目安でしょう。
スピーディーに利益商品を見つけられ、すべての業務をスムーズにこなせるレベルです。

上級者ともなれば、時給換算5,000円以上になることも珍しくありません。
このレベルになれば、年収1,000万円以上も夢ではないでしょう。
ただ、このレベルになるには相当な努力が必要です。

ここでお伝えしたのはあくまで目安であるため、とりあえずはこの金額を目標に取り組んでみるとよいでしょう。

>>せどりの年収についてはこちら

せどりで稼ぐ難易度ってどれくらい?

せどりはシンプルなビジネスモデルなので、取り組むにあたって難しさはありません。
誰でも簡単に取り組めるのがせどりの魅力です。

ただ、目標を高く設定しすぎると、難しく感じてしまうかもしれません。
高すぎる目標をクリアできず、挫折してしまうケースです。
まずは小さな目標を立て、少しずつ大きくしていくとよいでしょう。

商品のジャンルを絞り込めていないのも、難しく感じてしまう理由のひとつです。
ジャンルが絞り込めていないと、あれもこれもと手を出してしまい、結局売れないといったことが起こります。

>>せどりは難しいかについてはこちら

やっぱり有料アプリやツールって使った方がいいの?

有料アプリやツールを使わずともせどりに取り組めますが、本気で稼ぎたいのなら利用したほうがよいでしょう。
有料アプリやツールの利用により、リサーチの精度がアップし作業時間も短縮できます。
より効率よく業務をこなせるようになり、利益も向上するでしょう。

ただ、最初のうちは無料ツールでも問題ありません。
無料ツールをしばらく利用し、物足りなくなったタイミングで有料ツールに切り替えを検討してください。

おすすめの有料アプリなら、機能性に優れた「マカド!」やチャートで相場をチェックできる「NEW TYPE DELTA TRACER」などが代表的です。

>>せどりのアプリについてはこちら

利益が出たら確定申告は必要?

せどりで利益を得たのなら、確定申告をしなくてはなりません。
確定申告をせず納税もしていない状況では、追徴課税や延滞税が課されるおそれがあり、青色申告の承認が取り消しになる可能性もあります。

副業でせどりに取り組んでいるのなら、年間20万円以上の所得を得たら確定申告をしましょう。
本業の場合は、基礎控除金額である48万円を所得が上回ったら申告しなくてはなりません。

確定申告を自身で行うのが面倒なら、税理士に代行してもらう手もあります。
費用はかかりますが、煩わしい計算や書類の作成が必要ないため、手間を軽減できます。
正確な内容で申告でき、税に関するさまざまな相談ができるのもメリットです。

>>せどりの確定申告についてはこちら

せどりを始めてみよう!

シンプルなビジネスモデルであるせどりなら、初心者にも十分稼ぐチャンスがあります。
しっかりと知識を身につけたうえで取り組めば、失敗するリスクも軽減でき、スムーズに稼げるようになる可能性もあります。

まずは、興味があるジャンルや知識のある商品カテゴリでせどりにチャレンジしてみるとよいでしょう。
せどりで稼ぐコツは、リサーチを徹底することです。
また、最初から目標を高く設定しすぎず、小さな目標をクリアしつつ成功体験を積み重ねていきましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。