電脳せどりで大損?!よくある失敗事例&成功するためのポイント

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
電脳せどりの失敗について知りたい(わからない)
という方のために、電脳せどりの失敗事例や成功のために知っておきたいポイントについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 電脳せどりの失敗事例がわかる
  2. 電脳せどりで成功するためのポイントがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは電脳せどりの失敗について解説していきます。

なお、まずは電脳せどりとはどういったものか詳しく知りたいという方は以下の記事をお読みください。

>>電脳せどりとは?

電脳せどりでよくある失敗事例

電脳せどりは、商品を仕入れて販売することで利益が得られます。

仕入れる商品によっては、高い利益が得られますが、もちろん、失敗する危険性もあります。

そこで、電脳せどりで起こりがちな失敗事例をご紹介していきましょう。

高回転率の商品を大量に仕入れる

代表的な失敗例が、大量仕入れによる在庫抱えです。

食品や消耗品などのランキング上位品目だからと、

売れる根拠がないのに大量仕入れをするのは危険行為になります。

「ライバルも、大量に仕入れているのだから売れるだろう」という憶測はやめましょう。

回転率の高い商品を仕入れるのは、利益アップのために必要なことです。

しかし、どんなに月の販売数が多い商品でも、

同じものを同額でほかのせどらーが販売していればあまり意味はありません。

また、リサーチ段階でライバルが少ないため、大量に仕入れてしまうケースも多々あります。

自分が見つけられる商品は別の人も見つけられるので、

同時に仕入れていると思った方が良いでしょう。

魅力的な価格差に釣られてしまう

大きな価格差だけを見て商品を仕入れ、販売しても全く売れないというケースもあります。

たとえば、仕入れ値200円の商品が、

別の販売サイトで5,000円以上の価格差で販売されていることもあります。

利益が狙えると思い、大量に仕入れる方もいるでしょう。

確かに、約5,000円の価格差の商品が売れれば十分な利益は得られますが、

もし売れなければ利益を得ることはできません。

仕入れている数が、少量ならダメージは少なくなります。

しかし、そのような商品が増えて、在庫を抱えてしまうと資金が足りなくなる可能性も高まります。

仕入れ前にその商品の売れ行きを確認せずに、

ただ目先の利益だけを見て売れない商品を仕入れてしまったのが失敗の原因です。

値段が安いからという理由で、大量に仕入れるのはリスクが高いのでやめましょう。

フリマアプリからの仕入れで失敗する

メルカリやラクマなどのフリマアプリは、多くのユーザーが利用しています。

中には、現在販売されていないものや、希少価値の高いアイテムが売られていることもあります。

また、フリマアプリの一番の魅力は安く手に入ることです。

しかし、出品者によっては、質が悪いものが販売されていることもあります。

フリマアプリで「新品」「未使用品」と書かれ販売されているものでも、

届いて見てみたら開封済みだったり、傷があったりする可能性もあります。

その場合、新品としての販売は難しく、「中古品」として出品するしかありません。

結果として中古品価格での取引になり、見込み利益よりも低くなることもあるでしょう。

出品者への連絡や、返品作業などにも時間がとられるので効率が悪く、結果的に失敗だと言えます。

こちらの記事ではメルカリでせどりのやり方に合わせて気をつけたいポイントを紹介しているので参考にしてください。

>>【初心者向け】メルカリせどりの始め方と稼ぐコツを公開

Amazonの出品制限に引っかかる

安く販売されている商品を仕入れ、

いざAmazonで販売しようと思ったらできなかったという失敗も多くみられます。

せっかく仕入れたのに、販売できないのは大きな痛手です。

Amazonは、ユーザーの信頼を失わないために、出品制限があります。

ブランドやメーカーによって、出品許可や出品申請が必要になります。

申請すれば出品できることもありますが、

仕入れ前に制限の対象かどうかをチェックするのが一番です。

先に確認しておくことで、

せっかくの仕入れた商品を販売できないということを防げるでしょう。

コメントをコピペして失敗する

商品を出品するときには、コメント欄に商品の状態や付属品についての説明が記載できます。

中古品の場合は、傷の状態や付属品があるかどうかで購入率が変わってくるので、

コメント欄はとても重要です。

しかし、何十個・何百個も出品をしていると段々と入力が面倒になり、

同じ商品のコメントをコピペして出品する方もいるでしょう。

それが、失敗へとつながるのです。

同じ商品でも傷がないものもあれば、状態が悪いものもあります。

どちらも同じ商品として扱ってしまい、

状態が悪いものにも「目立った傷なし」と記載し販売してしまったケースがあります。

その結果、「傷なしと記載があったから購入したのに、傷が多い」

とクレームが来てしまう結果となるのです。

こちらの記事でも電脳せどりのお悩みをまとめました。

>>電脳せどりは難しい?儲からない理由・原因を理解して効果的な対策を

電脳せどりを成功させるためのポイント

電脳せどりの失敗例を学ぶことで、成功するヒントが見つかります。

続いて、電脳せどりを成功させるためのポイントをご紹介します。

どんなことに気を付ければ良いのか、チェックしておきましょう。

せどらー数を確認する

利益が期待できそうな商品を見つけても、すぐに仕入れるのではなく、

せどらー数を確認しましょう。

また、仕入れ時にライバルせどらーが少数だった場合でも、

そこからさらに増加する場合もあります。

増加するかどうかは、リサーチツールのKeepaから確認できます。

(Keepaはchromeウェブストアからダウンロードできます。)

Keepaのグラフに表示される紫色の線が、その商品を仕入れたせどらーの数です。

今せどらーが少なくても、線の動きが増加傾向にあれば今後さらに増えることが予想できます。

増加傾向がみられるのであれば、その商品は避けた方が良いと言えるでしょう。

価格だけで判断しない

どんなに安く仕入れられても、売れなければ利益はゼロです。

商品の販売数を見たときに、1ヶ月に数個しか売れていないものは仕入れるべきではありません。

安く仕入れられるものは、売れない商品の可能性が高いからです。

ライバル数にもよりますが、

商品販売数のグラフを見たときに月に何十個も売れているものを仕入れる方が無難でしょう。

電脳せどりで稼ぐには、仕入れた商品が売れる必要があります。

大切なのは価格ではなく、売れるかどうかです。

フリマアプリからの仕入れは状態に注意する

フリマアプリで、「新品・未使用品」「付属品あり」「動作確認済み」

とコメント欄に記載されていても、嘘の場合があります。

とにかく売れれば良いと考え、嘘の記載をする出品者もいるかもしれません。

そのコメントを信用して、届いた商品を確認せずに出品すると、

後々クレームにつながることもあるので、状態確認は必ず行いましょう。

とくに、スマホや家電がしっかり動作するかどうかは、入念に確認する必要があります。

不良品の場合には、返品しないと自分が損をすることになるので気をつけましょう。

Amazonで販売できない商品をチェックしておく

どんなに安く仕入ることができても、出品・販売できなければ利益はありません。

仕入れ分が赤字で損をするだけでなく、在庫を抱える結果となってしまいます。

仕入れ候補商品を見つけたときは、慌てずAmazonで出品できるかどうかを確認しましょう。

Amazonセラーセントラルのサイトで、対象商品に「出品する」ボタンがあれば出品ができます。

ほかにも、パソコンやスマホで提供されている

「Amazon Seller」アプリからも確認可能です。

仕入れ前のチェックは、欠かさず行いましょう。

定型文だけコピペを活用する

コメント欄に記載する、簡単な商品説明は定型文を作成してコピーするのも良いでしょう。

しかし、商品の状態に関しては一つひとつ正確に入力する必要があります。

Amazonは、過去に出品した商品情報を引き継ぐことができるので、

つい確認せずにそのまま使用してしまう方もいるかもしれません。

しかし、同じ商品であっても状態の良し悪しは異なります。

定型文を利用しつつ、商品状態に関してはしっかり確認することで

クレーム回避へとつながるでしょう。

仕入れは1ヶ月で売り切れる数までにしておく

仕入れは、クレジットカードを使用するのが一般的です。

そのため、たとえ売上げ見込みがあっても引き落とし日までに収入がなければ、

結果として自己資産から払うことになってしまいます。

また、いくら安いからと商品を大量に仕入れても、

月の利益より仕入れ額が多ければマイナスとなってしまいます。

大切なのは、引き落とし日までの1ヶ月の間に売れる数を仕入れることです。

さらに成功のポイントを知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

>>電脳せどりで成功できる?初心者でも利益を出せるコツとは

失敗を回避して電脳せどりで収益を上げよう

今回は、電脳せどりの失敗例についてご紹介しました。

売れるかどうかを見極めれば、効率良く高い利益を得られる可能性があります。

しかし、初心者や経験の浅いせどらーが見極めるのはそう簡単なことではなく、

知識や経験が必要とされています。

今回ご紹介した失敗例や成功ポイントを参考に、電脳せどりにチャレンジしてみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。