メルカリで購入者からの評価が遅い場合の対策を詳しく解説

メルカリでは、購入者へ商品が到着し

受取評価がされると売上金に反映するシステムとなっています。

そのため、出品者は受取評価が入力されるまで代金を受け取れません。

しかし、購入者によってはすぐに評価を入れてくれないパターンもあります。

その場合、出品者としてはどのような対応をすれば良いのでしょうか。

受取評価がされなかった場合の売上金についてや、

評価が遅い場合の対策と想定される原因に関して紹介していきます。

メルカリで受取評価が遅い場合の売上はどうなる?


結論として、購入者が受取評価をしなかった場合でも、売上金は満額付与されます。

購入者が受取評価をしないまま一定期間が経過すると、

事務局から購入者へ評価を促すメッセージが送られます。

それでも対応されない場合、事務局が自動評価を行い売上金が入金される仕組みです。

自動評価は発送通知日から9日後の13時以降となります。

例:2022年1月10日に発送通知、2022年1月19日13時以降に自動評価

自動評価がされると、購入者にはペナルティが課される可能性があります。

「売却したけど評価がない」「購入評価がされず売上金が入らないのではないか」

と不安に思う出品者もいるかもしれませんが、売上金は必ず入金されるためご安心下さい。

なお、指定の期間を経過しても売上金が入金されない場合は、

何らかの手違いやトラブルがあり処理されていないこともあるため、確認が必要です。

事務局に取引完了の依頼をしましょう。

メルカリで評価が遅い場合の対策


一定期間が経過すれば自動評価が行われ入金されますが、

「9日間も待てない」「少しでも早く評価してもらい入金してほしい」

という人も多いでしょう。その場合の対処方法について紹介していきます。

商品が到着しているか確認

最初に、商品が無事に到着しているかを確認しましょう。

発送状況の追跡によって到着しているかを調べることができますが、

発送の仕方によって追跡方法も違うため、いくつか紹介していきます。

• らくらくメルカリ便:宅急便・宅急便コンパクト、ネコポス
• ゆうゆうメルカリ便:ゆうパック、ゆうパケット
• 佐川急便:飛脚宅配便
• 日本郵便:一般書留、簡易書留、レターパックライト、レターパック+、クリックポスト

メルカリによると、ネコポス・宅急便コンパクトの場合は

発送日から1~2日で届く予定となっているようです。

らくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便は各運送会社とメルカリが

提携して行っているサービスで、手数料も安くなっています。この2つを利用すると、

メルカリアプリから発送状況を確認することが可能です。

アプリの取引画面からステータスを確認すると、

「発送済み」「輸送中」「配達中」「配達済み」のどれかが表示されます。

到着しているかを確認してから行動しましょう。

購入者に直接連絡する

到着確認ができてもなかなか入力をしてもらえない場合、

購入者に直接連絡する方法もありますが、タイミングと言い回しには注意が必要となります。

通常2・3日は評価を待つことが暗黙のルールです。

相手の都合もあるため、急かさないようにします。

そのため、購入者に不快な思いをさせず伝えるためには、

到着確認をしてから2・3日後にお伺いの連絡を入れましょう。

その際は「評価をしてくれ」と直接的に伝えるのではなく、「商品が問題ないか確認したい」

というニュアンスで連絡することが大切です。

例:商品に問題はありませんでしたでしょうか?
お忙しいところ恐縮ですが、問題ありませんでしたら評価をお願い致します。

丁寧な口調で依頼をすることが重要です。購入者に不快感を持たれると低評価を付けられ、

悪影響となることもあります。

トラブルを防ぐためにもタイミングと言葉遣いに気を付けて連絡を入れましょう。

事務局に取引完了を依頼する

事務局の自動評価は発送通知から9日で行われますが、9日経過前でも取引画面を利用して

事務局に取引完了の依頼をすることが可能です。ただし、その場合は

以下2つの条件を満たしている場合に限ります。

• 発送通知から8日後13時以降
例:2022年1月10日に発送通知、2022年1月18日13時以降
• 購入者の最終取引メッセージの3日後13時以降

評価をしなかった購入者に対しては、取引放棄や迷惑行為が認定されると、

警告や利用制限といったペナルティが与えられることもあります。

また、事務局が作業をして取引完了した場合、双方から評価・評価コメントはできません。

ただし、そのような相手と今後取引をしたくないと考える人もいるでしょう。

そうした場合、メルカリにあるブロック機能を利用することができます。

評価はできなくなってもブロックをすることは可能です。

発送時に商品に評価を促すメッセージを送るのがおすすめ

到着後の連絡やメルカリ側への完了依頼といった方法はありますが、

到着後に購入者がスムーズに評価をしてくれることが最良だと言えます。

そこで、発送時に評価を促すメッセージを添えることがおすすめです。

メルカリでは発送時に発送通知を送りますが、

それとは別に以下のようなメッセージを送りましょう。

例:商品の発送が完了致しました。今回はご注文頂きありがとうございます。
約2日で到着予定です。商品に問題ありませんでしたら、評価をお願い致します。

文章のポイントは、できるだけ優しい言葉で促すことです。

催促している雰囲気を出さず、あくまで発送から到着までの

サポートをしているというようにメッセージを送りましょう。

丁寧なやりとりをすることで、相手に好印象を持ってもらうことにも繋がります。

メルカリで受取評価が遅い理由


購入者の評価が遅い場合、必ずしも悪気があるケースばかりではありません。

様々なパターンを想定し、メッセージを送る際や

相手の評価をする際は気遣いを忘れないようにしましょう。

それでは、評価が遅くなる理由を4点紹介します。

初心者で評価することを知らない

利用に慣れていない初心者の場合、そもそも受取評価が必要なことを知らないこともあります。

普段の買い物で商品レビューを入力するような感覚で捉えている人もおり、

評価入力によって売上金が反映されるということを知らないと、なかなか評価を行いません。

このような場合、丁寧にお願いするとスムーズに入力してくれることも多いため、

メッセージを送り評価を促しましょう。

商品を確認中・まだ受け取っていない

発送状況を追跡して「到着」になっていても、

宅配ボックスに入ったままで確認できていないケースや、

受取はしても仕事の都合などで開封ができていないこともあります。

受取評価をお願いするメッセージを送る際は、このような状況を考慮して、

到着から2・3日は入力を待つことがベターです。

他にも、発送時のメッセージで到着目安日を伝えておくことも役立ちます。

「2日程度で着きます」などと伝えておけば、その前後は宅配ボックスを気にしてくれるため、

受取がスムーズに進むでしょう。

また、組み立てが必要な商品でまだ完成していないということも考えられます。

組み立てを要する場合は、完成してからでないと欠品や不具合に気付くことができません。

休みの日にやる予定でいるなど都合があるため、

不用意に評価入力を急かさないようにしましょう。

後で評価しようとして忘れている・面倒でやっていない

後回しにしたまま忘れていたり、面倒に思って手を付けていなかったりするパターンもあります。

忘れている場合は、受取評価の依頼をすることで

思い出して入力してくれることも多くありますが、面倒でやっていない場合そうはいきません。

しつこくお願いすると不快に思われ、逆に低評価を書かれる可能性もあります。

そのため、メッセージを送ることは1度だけにしておき、それでも入力がない場合は、

事務局への依頼か自動評価を待ちましょう。

商品に不備があった

商品に不備や説明との違いがあり、購入者が対応を検討している場合です。

受取評価は商品に納得をした後に行うものであるため、商品に不備があった場合は

受取評価をしてはいけないルールとなっています。

不備があった場合は、出品者と購入者の間で話し合いを進めることになるため、

購入者から取引メッセージで連絡が届きます。

そのメッセージ上で返品などの対応を話し合いましょう。

メルカリで受取評価が遅い人の評価を下げて良いもの?


受取評価が遅い人に対する評価を下げること自体に問題はありません。

ユーザーの中でも下げる出品者と下げない出品者がそれぞれおり、見解が分かれています。

売上にはなるから放置されても下げないという人もいれば、

4・5日経過したら下げるという人など様々です。

また、評価は下げないけれど今後の取引がないようにブロックするという人もいます。

ただし、下げないという人の中には「不当評価になるため下げてはいけない」

という意見があります。

しかし事務局に問い合わせをしたある方によると、

不当評価に繋がることはないと返事があったようです。

評価はその取引に対する率直な感想を示す場です。

自分が取引について思ったことをそのまま評価することが大切だと言えます。

メルカリで受取評価が遅い場合は正しい手順で対処しよう

メルカリは購入者が評価を行うことで初めて取引が成立し、売上金が反映されます。

そのため、評価が行われず不安になる出品者もいるかもしれませんが、

一定期間が経過するとメルカリ側で自動評価がされ、

売上金は問題なく反映されるため安心して大丈夫です。

ただし、そこまで待てないという人もいるでしょう。

その場合は正しい手順で対応することが必要です。

到着を確認し、評価入力をお願いするメッセージを送るか、事務局へ評価依頼をします。

その際、2・3日待つこと、丁寧な言葉で確認メッセージをすることに注意をしましょう。

評価をしていない人の中には、初心者で仕組みが分からない人、

忙しくて商品の確認ができていない人など様々なパターンがあるため、

気遣いを忘れてはいけません。また、評価を急かしたり強い口調で

お願いしたりすると相手に不快感を持たれ、

低評価を付けられる原因となるため気を付けましょう。

スムーズに評価を行ってもらうことが必要となるため、商品発送時に評価をお願いする

メッセージを添えておくこともおすすめです。トラブルにならないよう、

評価が遅い場合でも焦って雑な行動をせず、正しい対処をしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。