メルカリの評価コメントの文字数は?コメント時のコツも併せて紹介

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
メルカリの評価コメントの文字数を知りたい(わからない)
という方のために、デフォルトの文字数やコメント時のコツを併せて解説します。

この記事を読むことで、

  1. メルカリ評価コメントの文字数がわかる
  2. 限られた文字数の中でコメントするコツがわかる
  3. メルカリのコメントを入れ忘れたときの対処がわかる
  4. テンプレートを活用するメリットがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、メルカリ評価コメントの文字数や、

コメント時のコツなどについて解説をしていきます。

 

メルカリの評価コメントの文字数は?

メルカリ評価コメントの文字数は、140文字です。

そのため、コメントを入力する際には

140文字以内に収めなくてはなりません。

そもそも、

メルカリにおける評価コメントとは

どのようなものなのか、

再確認しておきましょう。

評価コメントは、取り引きが終わったあと、

相手に対し感謝の気持ちや

気づいたことなどを伝えるためのものです。

「このたびはお取引ありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。」

といったコメントが該当します。

なお、評価コメントは

必ず入力しなくてはならないわけではありません。

評価のみで、コメントはしないといった方もいます。

ただ、挨拶や感謝の気持ちなどを

コメントで伝えることで、

次回の取り引きにつながる可能性もあるため、

できるだけ入力したほうがよいでしょう。

コメントは何文字で伝えるのがベスト?

メルカリを利用し始めたばかりの方なら、

「コメントは何文字くらいで伝えたほうがよいのか」

といった疑問を抱く方もいるでしょう。

評価コメントの文字数は上限こそ

定められているものの、

下限は決められていません。

また、何文字程度で伝えたほうがよい、

といった明確な基準もないのが現実です。

実際、取り引きしている方の中には、

「お取引ありがとうございました。」のように、

10~15文字前後でコメントする方もいます。

短くても問題はありませんが、

感謝の気持ちやメッセージをきちんと伝えたいのなら、

できるだけ文字数のボリュームはあったほうがよいでしょう。

上限を超えてしまわないよう調整しつつ、

ベストなコメントを記載してください。

限られた文字数の中でコメントするコツ

評価コメントとして入力できる文字数は

140文字と限られています。

そのため、この限られた文字数の中で、

伝えたいことをきちんと伝えなくてはなりません。

以下、限られた文字数の中で

コメントするコツを解説します。

シンプルに短く記載する

できるだけシンプルかつ

短く記載するのがひとつめのコツです。

コメントが冗長すぎると、

まわりくどくなってしまい伝えたいことが

伝わらなくなるおそれがあります。

そればかりか、

文字数制限を超えてしまう可能性もあるため、

できるだけシンプルかつ短く記載しましょう。

一番伝えたいことは何か、

重要なポイントは何か、といったことを意識すると、

シンプルで短いコメントを記載できます。

余計なことは記載しない

評価コメントに余計なことを記載してしまうと、

あっという間に文字数の制限に達してしまいます。

限られた文字数の中でメッセージを伝えるには、

できるだけ余計なことを省くのがポイントです。

たとえば、次回の取り引きにつなげようと、

出品しているほかの商品をアピールするような

内容は避けたほうがよいでしょう。

「このたびはお取引ありがとうございます。

当方はほかにも〇〇や〇〇なども出品しているほか、

〇〇も扱っております。この機会に~」

といった具合です。

このようなアピールをしてしまうと、

あっという間に140文字に達してしまうため注意が必要です。

絶対にしてはいけないわけではありませんが、

それで本当に伝えたいことが伝わらなくなるようでは

本末転倒といえるでしょう。

テンプレートを参考にする

普段ほとんど文章を書かない、

メールやLINEでやり取りすることも少ない、

といった方の中には、

「どのようにコメントすればよいのかわからない」

と悩む方もいます。

短文のコメントとはいえ、

1から文章を作成するのは意外と難しいものです。

もし、140文字以内に収まる文章を自ら作成できない、

といった方は、テンプレートを参考にするとよいでしょう。

インターネット上には、

メルカリ評価コメントの参考になりそうな

テンプレートがいくつも公開されています。

さまざまなシチュエーションのテンプレート、

例文が公開されているため、きっと参考になるでしょう。

そのまま使うのに抵抗があるのなら、

自分なりにアレンジして使ってみるのもいいかもしれません。

メルカリのコメントを入れ忘れたときの対処

メルカリの評価コメントは必須でないため、

入力せずに取り引きを終了してしまう

ケースが少なくありません。

ただ、コメントは今後の取り引きに

つながる可能性があるため、

入れ忘れてしまうのは少々もったいないです。

もし、メルカリのコメントを入れ忘れたときは、

以下のように対処するとよいでしょう。

メッセージを送信する

メルカリでは、取り引きが終了したあとも2週間以内であれば

メッセージを介したやり取りを行えます。

そのため、コメントを入れ忘れてしまったときは、

メッセージで挨拶や感謝の気持ちを伝えるとよいでしょう。

コメントを入力せず評価するユーザーが多いため、

わざわざメッセージで挨拶や感謝の気持ちを伝えれば、

取り引き相手に喜んでもらえる可能性があります。

親切で信頼できる人、と評価してもらえ、

今後の取り引きにつながるかもしれません。

上述した通り、

2週間以内にしかメッセージは送信できないため、

注意してください。

コメントの入れ忘れが発覚したときは、

後回しにせずできるだけ早めに対処するとよいでしょう。

プロフィールにコメントを一定期間掲載する

2週間をすぎてしまい

メッセージを送れなくなってしまった、

といったケースでは、

プロフィール欄にコメントを記載する方法が有効です。

プロフィールページに、

「〇〇を購入してくださった〇〇さん。

コメントを入れ忘れてしまい申し訳ございません。

このたびはありがとうございました。」

のように記載します。

これで、取り引き相手がプロフィールページにアクセスしたとき、

メッセージを読むことができます。

ただ、この方法は相手がプロフィールページを

閲覧してくれることが前提なので、

必ずしもメッセージが届くとは限りません。

何度か取り引きをしているのなら可能性がありますが、

そうでない場合には難しいでしょう。

ただ、取り引き相手があなたのことを気に入ってくれたり、

何となくプロフィールページを覗いてくれたりしたとき、

メッセージに気づいてもらえる可能性はあります。

確率的には高くありませんが、

どうしても感謝の気持ちを

伝えたいときなどには試す価値はあるでしょう。

取り引き頻度が多いのならテンプレートを用意すること

取り引きの頻度が多いのなら、

あらかじめテンプレートを用意しておくと便利です。

テンプレートがないと、

その都度コメントを考えて入力する必要があり、

手間と時間がかかります。

あらかじめテンプレートを用意しておけば、

何度も使い回すことができ効率的です。

取り引き相手の名前を入れるケースでも、

毎回そこだけ変更すれば問題ありません。

あまりにも事務的、

機械的なよくある内容のテンプレートにしてしまうと、

取り引き相手にかえってネガティブな印象を

与えてしまうおそれがあります。

使い回しのテンプレートに見えないよう、

工夫することも大切です。

限られた文字数の中で簡潔にわかりやすくコメントしよう

メルカリの評価コメントは140文字の制限があるため、

シンプルに短く、余計なことを書かないのが基本です。

どのような内容を書けばよいのか分からない方は、

インターネット上の例文を参考にし、

取り引き量が多いのなら

テンプレートも活用してみましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。