• ホーム
  • >
  • フリマアプリ・プラットフォームの基礎知識
  • >
  • メルカリ
  • メルカリの商品写真撮影のコツ!手間を抑えてスマホで売れる写真を撮ろう!

    メルカリの商品写真撮影のコツ!手間を抑えてスマホで売れる写真を撮ろう!

    本記事では、メルカリの商品写真撮影のコツについて解説をします。

    • メルカリで売れる出品写真はズバリこれ
    • 出品写真撮影のコツ
    • その他メルカリの出品写真に関するポイント

    できるだけ手間を抑えて撮影するコツも併せて解説するので、ぜひ今後に活かしてください。

    当メディア(物販ラボ)では1000名以上の方に転売・物販の指導実績があり、こちらの記事はネット販売の経験が8年の経験と知見による内容になっています。

    記事の最後では「メルカリスタートマニュアル」を配布しています。ぜひ最後まで読んでいただき、活用してください!

    メルカリプレゼント
    監修者松下 隆史

    Amazon・Yahooショッピング!でのネット物販の専門家。前職はトラックドライバーで40代半ばから副業でネット物販を開始。4ヶ月で本業の収入越える。200名以上のネット物販のサポート、在宅で出来るネット物販の指導にてストアカアワード受賞の講師。SNS:TwitterLINE
    松下 隆史のプロフィール

    執筆者中川 瞬

    物販ラボ運営責任者、アマラボ(物販ツール)の共同開発者、Amazon、ebay、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、BUYMA、メルカリ、ラクマ、ヤフオクフリマ、Mercadolibre、etsy、BONANZA、ネットショップとあらゆる販路で販売。
SNS:TwitterLINE
    中川 瞬のプロフィール

    メルカリで売れる出品写真はズバリこれ!

    メルカリで売れる写真とは、商品の状態が分かりやすい写真です。
    メルカリの商品ページには、テキストで商品の説明を記載できるものの、文字だけでは商品の魅力や状態が分かりません。

    多くのユーザーは、写真から商品に傷がないか、どの程度のコンディションなのかを判断しています。
    そのため、商品の状態が一目で分かるような写真を撮影することが、メルカリで商品を売るために大切なコツのひとつです。

    また、きれいな写真を掲載するのも大切なポイントです。
    きれいな写真はユーザーの目を引くだけでなく、商品を魅力的に見せることができます。
    以下で写真撮影のさまざまなコツを紹介しますが、基本的にはこのような写真を撮るためです。

    無料動画のご視聴はこちら

    メルカリの出品写真撮影のコツ

    メルカリ用の写真を撮影する際には、まず商品を綺麗な状態にしておくことが大前提です。
    また、綺麗な写真を撮るべく、ライティングや自然光で商品を引き立たせる、背景は白にして構図やアングルを工夫するなども有効です。

    撮影前に商品を綺麗な状態にしておく

    写真を綺麗に撮る工夫をしても、商品そのものの状態がよくないと魅力的な写真を撮れません
    そのため、写真撮影を始める前に、商品に付着した汚れを落としておきましょう。

    目立つ汚れをクロスなどで拭きとる、衣服は洗濯してから綺麗に畳むといった具合です。
    ただ、商品によってはクリーニングに注意しなければならないアイテムもあるため、そこは注意が必要です。

    革製品や精密機器などは、素人が無理にクリーニングをしようとすると、かえって状態を悪くしてしまうおそれがあります。
    使用してはいけない薬剤を使用し、色ムラが生じるリスクもあるため、無理なクリーニングは控えましょう。

    ライティング・自然光で商品を引き立たせる

    綺麗に写真を撮るため、ライティングにもこだわりましょう。
    ライティングにこだわることで、商品をより綺麗に写せます。

    資金に余裕があり、今後数多くの商品を出品する予定があるのなら、スタンドライトやレフ板を購入するのもひとつの手です。
    初期投資こそ必要ですが、毎回ハイクオリティな写真を撮影できます。

    自宅で撮影するのなら、自然光がよく入る部屋で撮りましょう。

    背景は白がおすすめ

    白い背景は、清潔感や高級感を演出できるためおすすめです。
    ただ、商品そのものが白い場合、背景まで白くするとユーザーが見にくい写真に仕上がってしまうかもしれません。
    このような場合には、背景は白いままで、黒い台紙の上に商品をのせるなどの工夫が必要です。

    アイテムそのもののコンディションがよく、魅力的であっても背景ひとつで台無しになってしまうおそれがあります。
    ユーザーに与える印象を大きく左右するため、背景にもこだわりましょう。

    構図とアングルを工夫する

    写真における構図とは、被写体をどのように配置するかを考えることです。
    物を撮影するときによく用いられるのは、日の丸構図と呼ばれるものです。

    日の丸構図とは、被写体を写真の中央に配置した構図を指します。
    商品そのものをしっかりと目立たせることができるため、ユーザーの目を引くのに有効です。
    ネットオークションやメルカリでも、日の丸構図で撮影した写真をよく目にします。

    もうひとつ、対角線構図と呼ばれる構図も覚えておきましょう。
    こちらは、対角線上に商品を配置し、写真に奥行きをもたせられる構図です。
    オシャレで雰囲気のある写真に仕上げられるため、出品するアイテムによっては対角線構図がおすすめです。

    カメラ機能を活用する

    メルカリ用の写真を撮影するために、高額な一眼レフカメラなどを用意する必要はありません。
    もちろん、一眼レフカメラであれば素晴らしい写真を撮影できますが、スマホのカメラ機能でも十分魅力的な写真撮影が可能です。
    ここでは、メルカリの写真撮影で活用できるスマホのカメラ機能を紹介します。

    1.ホワイトバランス

    ホワイトバランスとは、白さの基準を補正するための機能であり、白い被写体を本来の色のまま写す機能です。
    目視では白く見えていても、実際に写真撮影してみると異なる色味に仕上がっているケースは珍しくありません。

    太陽や照明器具の光があたり、赤みや青みがかったりといったことがよくあります。
    このようなとき、役立つのがホワイトバランス機能です。

    ホワイトバランス機能の利用によって、白いアイテムを本来の白さで撮影できます
    また、写真全体の色調を変化させることも可能です。

    2.露出

    露出とは、写真撮影時にカメラへ取り込まれる光量を指します。
    露出補正機能を使えば、被写体を自然な明るさに調整して撮影できます

    iPhoneであれば、カメラモードの状態で画面をタッチし、指を上下に動かせば明るさの調整が可能です。
    androidは、カメラ機能やマニュアルモード撮影設定で露出補正を利用できますが、機種によっては露出補正ができないものもあります。

    3.ピント

    ピントが合っていないと、撮影した写真がぼやけてしまいます。
    ユーザーに商品の魅力が伝わらないため、必ずピントが合った写真を用いなくてはなりません。

    現在では、ほとんどのスマホ機種にオートフォーカス機能が実装されています。
    オートフォーカス機能は、自動的にピントを合わせる機能なので、利用すれば誰でもピントの合った写真撮影が可能です。

    オートフォーカスの使い方は機種によって異なるものの、ピントを合わせたい部分を指でタッチするタイプが一般的です。
    なお、レンズが汚れている、被写体に近づきすぎているといったケースでは、オートフォーカスでもピントが合わないおそれがあるため注意しましょう。

    使用イメージが浮かぶように工夫する

    商品の使用イメージが浮かぶよう工夫することで、ユーザーの購買意欲を高められます。
    たとえば、リングやイヤリングなどのアクセサリーであれば、実際に着用した状態で撮影する、絵画であれば壁に飾った状態でといった具合です。

    ファンデーションやアイカラーのパレットといったコスメなら、開いた状態で中を見せてあげるのもおすすめです。
    実際にどのような色なのかを伝えられ、ユーザーも使用するときのイメージが湧きます。

    傘であれば閉じているときと開いた状態を、照明器具なら照明をつけた状態がよいでしょう。

    無料動画のご視聴はこちら

    その他メルカリの出品写真に関するポイント

    魅力的な写真を掲載するだけでなく、ちょっとした工夫で閲覧数が増え購入につながる可能性があります。
    たとえば、さまざまなアングルの写真を掲載する、画像サイズを統一する、加工をしすぎないなどが写真撮影におけるポイントです。

    様々なアングル・構図の写真を掲載する

    メルカリでは、ひとつの商品につき10枚までの写真を掲載できます。
    写真を充実させたほうが、ユーザーにより多くの情報を与えられ、商品の魅力もしっかりと伝えられます

    ただ、同じような構図、アングルの写真を何枚も載せるのはおすすめできません。
    同じ構図、アングルの写真を掲載しても意味がないため、いろいろな角度から商品を確認してもらえるよう工夫しましょう。

    上からだけでなく、前後や左右、斜めからなど、さまざまな構図、アングルでの撮影をおすすめします。
    掲載する枚数を増やすほど、ユーザーに多くの情報を伝えられ、購買意欲を掻き立てられます。

    傷がある場合具合がわかる写真を必ず用意する

    商品に傷やへこみなどがあるのなら、その部分が分かる写真を必ず掲載しましょう。
    商品の状態を詳細に伝えないと、ユーザーとのトラブルに発展してしまうリスクもあります

    商品説明文で傷があることを説明していても、ユーザーがきちんと読んでくれていないケースもあります。
    傷があることをテキストで伝えたうえ、写真でも該当部分が分かるようにしておきましょう。

    ユーザーとしては、どこにどのような傷があるのか気になります。
    テキストで傷やへこみなどの状態を詳細に伝えるのは困難であるため、必ず状態が分かる写真を用意しておいてください。

    ・(関連)メルカリのトラブル事例についてはこちら

    画像サイズは720×720で統一

    メルカリに掲載する写真の画像サイズにも注意しましょう。
    写真は正方形で、なおかつ720×720に統一するのが基本です。

    メルカリの商品ページに掲載される写真は、縦横1:1の正方形型で表示されます。
    長方形型で撮影してしまうと、掲載したとき不自然な見た目になってしまうおそれがあるため注意が必要です。

    スマホのカメラ機能でも、正方形で写真を撮影できます。
    たとえば、iPhoneならカメラ機能を立ち上げ、下部のメニューから「スクエア」を選ぶと正方形で撮影が可能です。

    加工をしすぎない

    撮影した写真は、画像編集ソフトやアプリなどで加工することで、より美しく見栄えのよい仕上がりにできます。
    実際、撮影した写真を加工してからメルカリに掲載している、といったユーザーも少なくありませんが、やりすぎはNGです。

    写真が暗くなってしまったので明るさを調整した、といった程度の加工であれば大きな問題はありません。
    一方、被写体を過度に明るくしてしまい、傷が見えなくなった、本来の色と変わってしまった、となると問題です。

    ユーザーは、写真から商品のコンディションを確認するため、加工のしすぎで本来の状態が分からなくなってしまうのはNGです。
    最悪の場合、クレームや返品につながるおそれがあるため、過度な加工はしないよう注意しましょう。

    無料動画のご視聴はこちら

    メルカリで売れる写真の撮影方法まとめ

    魅力的で需要がある商品を出品していても、掲載する写真に問題があるとなかなか売れません。
    一方、そこまで需要や人気がない商品であっても、写真撮影にほんの少しの工夫をするだけで、売れる可能性があります。

    それだけ、メルカリでは写真のクオリティが重要です。
    構図やアングルに工夫をする、使用イメージが浮かぶような写真を撮る、カメラ機能で明るさやホワイトバランスを調整するなど、わずかな工夫で魅力的な写真を撮影できます。

    メルカリで商品がなかなか売れないと頭を抱えているのなら、一度写真を見直してみるとよいかもしれません。

    物販ラボでは「メルカリスタートマニュアル」も無料配布しています

    • メルカリ不用品販売と仕入れ先
    • メルカリアカウント作成
    • メルカリの価格差の商品例
    • メルカリ返信例100
    • これからメルカリを始めるのに必須のノウハウをまとめています!興味のある方はぜひ下記からプレゼントを受け取ってください。

      Visited 253 times, 1 visit(s) today

    あなたにおすすめの記事

    ASINとJANコードの違いとは?特徴と活用法までわかりやすく解説

    ASINとJANコードの違いとは?特徴と活用法までわかりやすく解説

    目次ASINコードとJANコードとは?ASINコードとはJANコードとはASINコードの種類と利用方法ASINコードの種類ASINコードの生成方法商品ページでのASINコード確認方法ASINコードを使った商品管理JANコ...

    2024.06.26 更新

    メルカリの返品条件と手順|返品に応じてもらえない場合の対処法

    メルカリの返品条件と手順|返品に応じてもらえない場合の対処法

    目次メルカリで購入者が返品できる条件メルカリで出品者が返品に応じる必要がある場合メルカリでの返品手順出品者へ送る返品依頼メッセージ返品の同意メッセージを待つ返品送料の負担について決める商品発送、キャンセル申請の依頼返品商...

    2024.06.06 更新

    【初心者向け】メルカリでゲームソフトを出品する方法は?

    【初心者向け】メルカリでゲームソフトを出品する方法は?

    目次メルカリでゲームソフトを出品する方法は?基本的なメルカリ出品方法についてゲームソフトの説明文についてゲームソフトの発送方法についてまとめ:メルカリのゲームソフト出品は初心者でもカンタンです メルカリでゲームソフトを出...

    2024.05.10 更新

    【メルカリ出品】売れなくても手数料はかかる?リスクはあるの?

    【メルカリ出品】売れなくても手数料はかかる?リスクはあるの?

    目次【メルカリ出品】売れなくても手数料はかかる?リスクはあるの?結論:売れなかったら手数料はかかりませんメルカリ出品することでリスクはある?梱包資材を先に買った場合の料金価格設定をミスして売れてしまった場合まとめ:メルカ...

    2024.05.18 更新

    メルカリ送料はいつ払う?払い方は?出品者 or 購入者負担ごとに解説

    メルカリ送料はいつ払う?払い方は?出品者 or 購入者負担ごとに解説

    目次メルカリ送料はいつ払う?払い方は?出品者 or 購入者負担ごとに解説払うタイミングは2通りある送料が購入者負担の場合支払い方法について送料が出品者負担の場合メルカリ送料の計算方法は?送料は配送方法とサイズで決まるまと...

    2024.05.12 更新

    メルカリ出品前のクリーニングはどこまでやるべき?【初心者向け】

    メルカリ出品前のクリーニングはどこまでやるべき?【初心者向け】

    目次メルカリ出品前のクリーニングはどこまでやるべき?取れない汚れがある場合汚れている商品が売れるの?クリーニングに出しても良い場合まとめ メルカリ出品前のクリーニングはどこまでやるべき? 本記事では「メルカリ出品前のクリ...

    2024.05.10 更新

    【手順解説】メルカリ出品の取り消し(削除)方法は?ペナルティあり?

    【手順解説】メルカリ出品の取り消し(削除)方法は?ペナルティあり?

    目次メルカリ出品の取り消し(削除)方法は?ペナルティあり?ペナルティはないメルカリ出品を取り消しする方法一時停止と削除の違いは?一時停止した商品の再出品方法は?まとめ:メルカリ出品を取り消し/削除する方法は「ボタンタップ...

    2024.05.12 更新

    【メリットあり】メルカリ出品した商品に自分でいいねしていいの?

    【メリットあり】メルカリ出品した商品に自分でいいねしていいの?

    目次メルカリ出品した商品に自分でいいねしていいの?結論:自分でいいねしてもOKです安心感を演出できるいいねがつきやすくなる早く買わなきゃと思わせることができる自分でいいねをしたことはバレないの?まとめ:メルカリ出品したら...

    2024.05.18 更新

    メルカリ出品は高校生でもできる?何歳から使えるの?【年齢制限】

    メルカリ出品は高校生でもできる?何歳から使えるの?【年齢制限】

      目次メルカリ出品は高校生でもできる?何歳から使えるの?結論:高校生でもメルカリ出品は可能です推奨:マイナンバーカードを用意しておくまとめ:メルカリ出品は高校生でも可能、かつ年齢制限もない メルカリ出品は高校...

    2024.05.18 更新