• ホーム
  • >
  • せどりの始め方・稼ぎ方
  • >
  • 店舗せどり
  • 【最強の12選】ビームせどりで使えるバーコードリーダーアプリ

    【最強の12選】ビームせどりで使えるバーコードリーダーアプリ

    バーコードの読み取りができるアプリについて解説をします。

    ビームせどりにおすすめのバーコードリーダーアプリなどについて紹介しているので、ぜひ続きを読み進めてみてください。

    当メディア(物販ラボ)では1000名以上の方に転売・物販の指導実績があり、こちらの記事はネット販売の経験が8年の経験と知見による内容になっています。

    記事の最後では「ネット販売スタートマニュアル」を配布しています。ぜひ最後まで読んでいただき、活用してください!

    監修者中川 瞬

    物販ラボ運営責任者、アマラボ(物販ツール)の共同開発者、Amazon、ebay、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、BUYMA、メルカリ、ラクマ、ヤフオクフリマ、Mercadolibre、etsy、BONANZA、ネットショップとあらゆる販路で販売。
SNS:TwitterLINE
    中川 瞬のプロフィール

    執筆者長谷川 ヒロヤ

    せどペディア運営者・副業向けに「限られた時間で無理なく実践できるせどりの手法」を発信。店舗・電脳せどりを中心に家電・本・ゲーム・CD・DVD・ヘルビ・スニーカー・アパレル・ブランド品とあらゆる商品の仕入れのノウハウを所持。SNS:LINE
    長谷川 ヒロヤのプロフィール

     

    【最強の12選】ビームせどりで使えるバーコードリーダーアプリ

    本記事では、ビームせどりで使えるバーコードリーダーアプリをご紹介します。いまや高額なバーコードリーダーを買う必要はなくなりました。アプリで十分です。

    店舗で仕入れをする時は、基本的に「ビームせどり」です。ビームせどりとは、バーコードをスキャンすることで、リサーチの効率を上げる手法。

    いちいち手入力で検索していたら、時間がかかりすぎますからね。

    おすすめバーコードリーダーアプリ

    本記事でご紹介するのは下記のアプリです。

    • モノトレーサー
    • NEWTYPE DELTA TRACER
    • ワカルンダ(セラースケット)
    • プライスター
    • Keepa
    • アマコード
    • アマコードPro
    • せどりすと
    • せどりすとプレミアム
    • せどろいど
    • リーファ
    • Amazonアプリ

    なお、かつてほとんどのせどらーが使用していたモノレートについては、すでに閉鎖して使えないのでご注意ください。

    ・(関連)モノレートは閉鎖で復活はない?代わりに使える無料アプリはある?

    モノトレーサー

    引用:モノトレーサー

    無料でありながら、ランキンググラフ(波形)などの「利益商品を判別するための情報」まで表示してくれるのは、このモノトレーサーだけです。

    しかも、JANコードやASINコードでの商品検索にも対応している優秀さ。

    無料で使えるので、気軽にせどりの仕入れにチャレンジできます。

    これだけの機能を無料で使えるものは、ほかにないため、初心者はモノトレーサー一択だと思います。詳しい機能と使い方を解説した記事もあるのでぜひチェックしてみてください。

    ・(関連)【口コミ・評判あり】モノトレーサーの機能から登録方法と使い方を解説

    NEWTYPE DELTA TRACER

    引用:NEWTYPE DELTA TRACER

    有料アプリの中で、最も機能と価格のバランスがよく、コスパが高いのはコレでしょう。国内ツールなので使いやすい。なおかつ商品の売れ行きを「数値化」して表示してくれます。

    とにかく初心者でも使いやすい仕様です。月額2,200円ですが、おためし期間が2週間あります。まずは無料で、使い勝手を確かめてみてください。機能と使い方を解説した記事も貼っておきます。

    ・(関連)【特典つき】せどりアプリ“有料版デルタトレーサー”とは?機能と使い方

    ワカルンダ(セラースケット)

    引用:セラースケットとワカルンダ

    アカウント停止の予防機能がついているのが特徴です。Amazonでは、真贋調査などによるアカウント停止のリスクが以前より高まっています。

    • ワカルンダ…バーコードリーダーアプリとリサーチツール
    • セラースケット…アカウント停止の防止ツール

    セットで使えるのでおトクだと思います。20日間は無料で使えるので、まずはお試しください。機能と使い方を解説した記事もはっておきます。

    ・(関連)【評判・口コミあり】セラースケットとワカルンダの機能と使い方

    プライスター

    引用:プライスター

    特徴は「手間や時間の削減」ができることです。

    プライスターの本来の機能は下記のとおり。

    • 売上計算を自動化
    • 利益計算を自動化
    • 在庫管理を自動化
    • 出品後の価格調整を自動化
    • サンクスメール送信を自動化
    • 出品作業をカンタンにしてくれる

    あくまで上述した機能がメインですが「バーコードリーダーアプリもセット」でついてます。検索の精度もとても優秀です。ただし、リサーチツールの契約は別途いるので、月額は高めにつきます。

    無料期間が1ヶ月もついています。手間や時間を削減する機能は、副業でせどりをするなら重宝します。まずはお試しください。

    Keepa

    引用:Keepa

    知名度はナンバーワンでしょう。海外ツールであることを除けば、とても使いやすいアプリです。

    Keepaは海外ツールなので月額がユーロ換算です。現時点でだいたい2,400円くらい。円安になったら高くなります。機能と使い方を解説した記事もはっておきます。

    ・(関連)Keepaの機能とは?せどり(転売)で稼ぐための使い方【画像つき解説】

    アマコード

    Amacode - せどり転売支援ツール

    App Store:こちらから
    Google Play:こちらから

    アマコードは無料アプリです。あくまでバーコードリーダーの機能だけなので、仕入れをするには「NEWTYPE DELTA TRACER」や「Keepa」を別途契約する必要があります。

    アマコードプロ

    引用:アマコードプロ

    アマコードの有料版。無料版より検索の精度が高く、使い勝手も段違いに良いです。

    有料ですが、これもバーコードリーダーの機能だけ。別途「NEWTYPE DELTA TRACER」や「Keepa」の契約がいります。無料期間はありません。

    機能と使い方を解説した記事も貼っておきます。

    ・(関連)アマコードの機能と使い方・見方を徹底解説【有料版AmacodeProも】

    せどりすと

    せどりすと

    App Store:こちらから

    無料のバーコードリーダーアプリとしては知名度ナンバーワンでしょう。ただし、iPhone版しかないのでご注意を。機能と使い方を解説した記事もはっておきます。

    ・(関連)「無料版せどりすと」の機能と使い方とは?おすすめ初期設定も解説

    せどりすとプレミアム

    引用:せどりすとプレミアム

    せどりすとの有料版。無料版より操作性がよく、インストアコード(店舗独自のバーコード)への対応も強化されています。

    初月のみ10,000円かかるのでご注意ください。機能と使い方を解説した記事もはっておきます。

    ・(関連)せどりすとプレミアムとは?機能・使い方・設定方法を網羅【神アプリ】

    せどろいど

    せどりツール「せどろいど」

    Google Play:こちらから

    せどりすとのアンドロイド版だと思ってください。スマホがアンドロイドの方で、無料アプリをお探しならこちらをどうぞ。

    リーファ

    引用:リーファ

    有料ツールで、月額2,178円で使えます。詳しい機能を解説した記事もあるのではっておきます。

    ・(関連)【口コミ・評判あり】せどりリサーチツール「リーファ」の機能とは?

    Amazonアプリ

    Amazon ショッピングアプリApp Store:こちらから
    Google Play:こちらから

    実は、Amazonの買い物用アプリにも、バーコードリーダーの機能があります。なんと、バーコードじゃなくても、商品全体を撮影することで商品を特定できます。

    Amazonアプリはメインのバーコードリーダーとしてはおすすめしません。役に立つのが、リサーチ中「バーコードがついていない商品」に出くわした時です。

    せどりのバーコードリーダーアプリ

    バーコードがなくても、これで素早く商品を特定できます。検索窓の右側についているカメラのアイコンをタップすればOKです。

    よくある質問:ビームせどりは禁止なの?

    よくある質問として「ビームせどりは禁止なのか?」という疑問にお答えしておきます。結論として、「店舗による」というのが回答です。

    たとえば、ブックオフなんかでも、ビームせどりを特に禁止していない店舗もありますし、貼り紙などで、バーコードリーダーによるスキャンを禁止することを明記している店舗もあります。

    つまり、店舗ごとのルールをしっかり守っていれば問題ないということ。店舗内の注意書きとして、スキャン禁止と書かれていたら、それはビームせどり禁止の店舗です。

    ルールにしたがって、ビームせどりはしてはいけません。(というか、そういう店舗はあきらめて仕入れ対象にしないほうが無難です。)

    せどり行為そのものを禁止しているケース

    バーコードリーダーによるスキャンという限定的な行為以前に、せどり目的の購入を禁止している店舗もありますので、この辺もルールにしたがって実践するようにしましょう。

    たとえば、ヨドバシカメラなんかは、せどり目的の仕入れに対しては、厳しい立ち位置を示している店舗のひとつです。

    大量仕入れなど、あきらかにせどり目的の購入は控えたほうがよいでしょう。ビームせどり以前の問題ですね。

    ビームせどり禁止を無視して稼ぐ方法

    実が、ビームせどり禁止を無視して稼ぐ方法もあります。結論、「ネット仕入れ」を中心に実践すればOK

    ビームせどりが禁止じゃなくても、リサーチの時にまわりの目が気になる…という方も少なくはないでしょう。

    そんな場合は「ネット仕入れ」を中心に実践すればOK。パソコンやスマホを使って

    • ヤフオク
    • メルカリ
    • 楽天市場

    などで商品を仕入れる方法なら、ビームせどりをする必要はありません。

    店舗仕入れには、複数個まとめて仕入れやすいなどのメリットもありますが、ネット仕入れはスキマ時間で実践ができたりといったメリットがあるので、あなたに適した方法でせどりを実践していただければOKです。

    ビームせどりの禁止に臆していたら稼げません

    店舗仕入れを実践するなら、利益商品のリサーチにバーコードリーダーの使用は欠かせないからです。

    やみくもに大量の商品をスキャンしていく非効率なビームせどりはNGですが、見る場所を絞り込んだら、そこからはビームせどりを使ったほうが圧倒的に効率はいいわけです。

    ビームせどりを禁止している店舗はむしろ少ない方ですので、店舗のルールを守って、迷惑をかけない範囲で取り組んでいれば問題ありません。

    ビームせどりを積極的にとりいれて、効率的なリサーチをしていきましょう。どうしてもビームせどりに抵抗感がるなら、ネット仕入れ(電脳せどり)をやればOKです。

    下記の記事では、せどり系のいろんなアプリを網羅的に紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

    ・(関連)せどり(転売)のおすすめアプリ&ツール99選【有料も無料も徹底比較】

    まとめ:バーコードリーダーアプリは店舗せどりの必需品

    バーコードリーダーアプリは店舗せどりの必需品なので、何かしらはいれておきましょう。

    この記事を店舗せどりの参考にしていただけると幸いです。

    また、物販ラボでは輸入物販・輸出物販・国内物販で活用できる公式ツール『アマラボ』を提供しております。

    当社完全オリジナルのアマラボは、その圧倒的収集スピードでライバルに差を付けられます。収集スピードを強化するにあたり作業時間が短縮され、より効率化が図れます。

    アマラボ1台あれば日本のみならず海外の商品の情報も高速収集できますので、輸入物販・輸出物販・国内物販・物販の業務改善などで活用することができます。

    また、収集方法は3ステップで完結できるためとてもシンプルになっていますので、ツール初心者でも扱いやすいです。

    お客様のお声を頂いて、アップグレードしていますので日々進化していっております。

    是非、ご自身のビジネスにもお役立てくださいませ!

    物販ラボでは「ネット販売スタートマニュアル」も無料配布しています

    • 仕入先と販売先
    • 商品リサーチ方法
    • Amazonアカウント作成
    • これからネット販売を始めるのに必須のノウハウをまとめています!興味のある方はぜひ下記からプレゼントを受け取ってください。

      Visited 290 times, 1 visit(s) today

    あなたにおすすめの記事

    【徹底比較】店舗せどり vs 電脳せどり「どちらが稼ぎやすい?」

    【徹底比較】店舗せどり vs 電脳せどり「どちらが稼ぎやすい?」

    目次店舗せどり vs 電脳せどり「どちらが稼ぎやすい?」を比較店舗せどりのメリットとデメリット店舗せどりのメリット店舗せどりのデメリット電脳せどりのメリットとデメリット電脳せどりのメリット電脳せどりのデメリット結局どちら...

    2024.02.29 更新

    【実例つき】ハードオフせどり仕入れのコツと稼げる値札を徹底解説

    【実例つき】ハードオフせどり仕入れのコツと稼げる値札を徹底解説

    目次ハードオフせどり仕入れのコツと稼げる値札を徹底解説赤い値札以外の商品ジャンクコーナーの動作品未開封の録画・録音メディア電球と蛍光灯ショーケースゲームのプレミア商品ハードオフせどりで仕入れた商品の実例Canon コンパ...

    2024.02.29 更新

    【写真つき解説】セカンドストリートせどりの仕入れのコツ

    【写真つき解説】セカンドストリートせどりの仕入れのコツ

    目次セカンドストリートせどりの仕入れのコツ値付け日の新しい商品をリサーチ新品、未開封品を中心にリサーチ家電、PC周辺機器、記録メディア系、フィギュア、ヘルビを狙うセカンドストリートせどりの注意点セカンドストリートせどりで...

    2024.02.29 更新

    コーナンせどりの仕入れ方法とリサーチのコツ【売りつくしの値札】

    コーナンせどりの仕入れ方法とリサーチのコツ【売りつくしの値札】

    目次コーナンせどりの仕入れ方法とリサーチのコツ「売りつくし」の値札「広告の品」の値札ねらい目の商品ジャンルについてまとめ:あくまでコーナンはせどりの仕入れ先のひとつと考える コーナンせどりの仕入れ方法とリサーチのコツ 本...

    2024.02.29 更新

    【完全攻略】店舗せどり(転売)のおすすめ仕入れ先28選と仕入れのコツ

    【完全攻略】店舗せどり(転売)のおすすめ仕入れ先28選と仕入れのコツ

    目次店舗せどり(転売)のおすすめ仕入れ先28選と仕入れのコツ店舗せどり(転売)の基本リサーチと仕入れ方法から覚えておこうリサーチツールで商品のデータを参照する「仕入れたら儲かるかどうか」を確認儲かる商品だけを仕入れる店舗...

    2024.02.29 更新

    店舗せどりに便利なツールは?選び方や活かすコツも解説

    店舗せどりに便利なツールは?選び方や活かすコツも解説

    こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。 という方のために、店舗せどりに使えるツールの選び方や活かすコツについて解説をします。 この記事を読むことで、 店舗せどりに使えるツールがわかる 店舗せどりでツール...

    2024.02.20 更新

    電脳せどりと店舗せどりの違いとは?メリットデメリットを比較!

    電脳せどりと店舗せどりの違いとは?メリットデメリットを比較!

    こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。 という方のために、電脳せどりと店舗せどりの違いについて解説をします。 この記事を読むことで、 電脳せどりと店舗せどりの違いがわかる 電脳せどりと店舗せどりのメリッ...

    2023.10.26 更新

    【せどりに必要なもの】電脳・店舗せどり共通で準備すべきアイテムを紹介!

    【せどりに必要なもの】電脳・店舗せどり共通で準備すべきアイテムを紹介!

    こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。 という方のために、せどりで準備すべき物について解説をします。 この記事を読むことで、 せどりに必要なものを知ることで決まます せどりをするのに準備をしておくと役立...

    2023.10.26 更新