メルカリで返品する際の送料はどっち負担?返品送料のよくある疑問を解決!

メルカリ 返品 送料_top

スマホで気軽に物のやりとりができるメルカリですが、

注文のキャンセルや返品や支払いのトラブルも0ではありません。

今回は返品についてお伝えをしていきますが、

返品には色々なケースがあります。

自分が購入者して返品を依頼することもあれば、

自分が販売者として出品した商品の

返品の依頼がくることもあります。

返品の理由も単に購入後に

気が変わったという場合もあれば、

商品に問題があった、

または書かれていた説明と

異なっていたなど事情は様々です。

それぞれのケースによって返品の可否や

送料の負担は誰がするのか等々変わってきますので、

ここではそれらを整理して説明していきます。

メルカリでの返品とキャンセルについての規約

前提として、原則メルカリは

商品購入後のキャンセルは出来ません。

以下、メルカリ公式サイトに

記載されている利用規約からの抜粋です。

第11条第5項キャンセル及び商品の瑕疵
本サービスの利用にあたり、出品者及び購入者間の合意がある場合を除き、商品の注文後のキャンセルはできないものとします。 商品に瑕疵がある場合、商品説明と実際の商品が明らかに異なる場合、梱包の不備により配送時に商品が破損したなどの場合は出品者が責任を負うものとし、出品者の責任及び費用により、返金、商品の返品、修理、交換等の対応を行うものとします。

引用:メルカリ利用規約|メルカリ

ただし、商品に問題(告知されていない傷や汚れ)がある場合や

記載された商品の説明にそぐわない場合、

あるいは梱包の不備による

破損等がある場合はその限りではありません。

また、出品者と購入者の間で

「合意」があればキャンセルは可能となります。

メルカリで返品する際の送料はどっちが払う?

メルカリガイド

メルカリで購入した商品を返品する場合、

送料をどちらが負担するかは

当事者間で決めることになります。

メルカリの公式サイトにも

下記のように記載があります。

送料のご負担や配送方法は、お客さま間でお話し合いのうえお決めください
トラブル防止のため、追跡サービス付きの配送方法をお勧めいたします。

引用:商品の返品手順について – メルカリ

ただし、ケースに応じて

どちらが送料を支払うのが適切か、

というマナーはあります。

購入者が払うケース

返品の理由が購入者側にある場合、

購入者が返品の送料を負担します。

たとえば「ほかで手に入ることになったからキャンセルしたい」

「気が変わった」などの理由は

購入者の都合によるキャンセルなので、

購入者が送料を負担するのが妥当でしょう。

なお、基本的には商品に問題がない場合の

キャンセルはできない決まりになっていますので、

このパターンの返品は出品者と購入者の双方で

取引キャンセルを合意している必要があります。

出品者が払うケース

出品されている商品と異なる商品が届いた、

ブランド物などで偽物が届いた、

説明文にはなかったキズや汚れがあった、

といった場合、購入者は

取引画面からキャンセル申請が可能です。

メルカリの規約上では

「返品の際の送料は双方で話し合いのうえお決めください」

となっていますが、

この場合返品の理由は出品者側にありますので、

出品者側で送料を負担するのが妥当でしょう。

メルカリの事務所負担になるケース

当事者双方ともが悪くない場合、

あるいは当事者同士では解決できない場合などは、

事務局側で送料を負担するケースもあります。

たとえば、

「配達中に商品が破損したなどの配送中のトラブル」

「返品に関する話し合い中に連絡がつかなくなった」

「何の連絡もなく一方的に着払いで商品が返品された」

などがこれにあたります。

返品に関して、双方の折り合いがつかない場合や、

取引相手とトラブルがあった際には、

まずは運営事務局に連絡してみましょう。

ちなみに、

「返品の際の送料に関しては必ず双方で決めること」と規約があるため、

勝手に着払いで返品する行為は

アカウント停止といったペナルティの対象になります。

もし購入者からなんの連絡もなしに

着払いで返品がされても

泣き寝入りする必要はないので、

安心してください。

メルカリで返品送料を払いたくない場合はどうすればいい?

出品した商品に不備があった場合、

返品を拒否することはできません。

しかし、出品した商品の価格が配送料よりも

安い場合などは赤字になってしまうため、

返品してもらいたくない、

というのが本音でしょう。

そんなときは、

取引はキャンセルするけれど返品(返送)はなし

にするのがおすすめです。

購入者にそのまま使ってもらう(タダであげる)、

使用しないのであれば購入者側で処分してもらう、

といった方法です。

取引自体はキャンセルになるので、

購入者側はお金が戻ってきますし、

出品者側は売上金は入って来なくなりますが、

送料分で余計に損をすることはなくなります。

送料よりももっと高価な商品である場合や、

他に買い手が見つかりそうな場合は

送料を払ってでも

返品してもらった方が良いかもしれませんが、

そうでない場合は、

この方法が一番手っ取り早く、

かつ損をしないと言えるでしょう。

メルカリで着払いで返品する方法

着払いで荷物を送りたいときに

利用できるサービスは以下の通りです。

クロネコヤマト宅急便コンパクト(マチナシ) 厚さ3cm以下の荷物
※宅急便センター・集荷・取扱店での出荷の場合のみ、着払いを指定できます。
クロネコヤマトの宅急便コンパクト(マチアリ) 縦20cm、横25cm、高さ(厚み)5cm以内の荷物
※着払いにする場合は、宅急便センター、集荷、取扱店のいずれかからの発送のみ可能です。
クロネコヤマトの宅急便 2kg~25kgまでの荷物
郵便局のゆうパケット 厚さ1cm~3cm以内の荷物
※着払いを利用する場合、発払いの料金に+αで21円が掛かります。
郵便局のゆうメール 1kgまで、かつ縦34cm、横25cm、幅(厚み)3cm以内の荷物
※、郵便局の窓口または郵便ポストからの発送のみ着払いを指定できます。
郵便局のゆうパック 25kgまでの荷物

返品したいもののサイズに合わせて、

最適なサービスを選びましょう。

メルカリの返品送料でもめないための対策

返品が起こると当事者間で

送料の負担について決めなくてはならないので、

手間もかかりますし、双方にとってストレスになります。

送料を出品者が負担する場合には

損をしてしまうことにもなりますので、

まずは返品にならないような

工夫をすることが大切です。

返品を防ぐための方法は以下の3つ。

・商品情報は正確に、可能な限り詳しく書く

商品に関する情報の記載漏れがあると、

「そんなことは書いていなかった」

と言われてしまう可能性があります。

キズや汚れの程度はどのくらいなのか

しっかりと記載をするとともに、

該当部分が鮮明に

見える写真のアップロードも不可欠です。

・保証書や付属品の有無の記載

特に電化製品などを出品する場合、

保証書があるのかどうか(同梱するかどうか)、

購入日などの記載はあるか、

保証期限がいつまでなのか

といった情報も漏れなく記載しましょう。

購入者は保証書が同梱されるなら保証期限内である、

などど思い込んでしまう可能性がありますので、

細かくしっかり言及しておくことが

返品を防ぐコツです。

また、外箱やコードなど商品に

付属品があるのか、それを同梱するのか、

といった情報も

しっかり記載しておいた方がいいでしょう。

・発送方法を明記する

送料を少なく済ませるために、

商品を小さく折りたたんだりすることもあると思います。

そうした場合は、そのようにして送る旨

(しわが付く恐れがあるなど)

をしっかり明記しておくことで、

返品トラブルを防ぐことにつながります。

メルカリの返品送料に関するよくある疑問

ここからは、メルカリで返品対応をする場合に

よくある疑問に対する回答をご紹介します。

購入者からいきなり着払いで返品されたらどうすればいい?(出品者)

当事者間で合意が取れていないのにも関わらず、

一方的に着払いで商品が返品された場合は、

まず事務局に問い合わせましょう。

その際、返品になった経緯をしっかり説明し、

着払い料金の明細書を運営に送ることで、

運営側で料金を負担してもらうことが可能です。

明細書は捨ててしまうと運営に

費用請求ができなくなりますので、

必ず取っておくようにしてください。

返品送料が高い…抑える方法はある?(出品者)

返品時の送料を抑えたい場合、

こちらから返送用のラベルを貼った封筒を送り、

その封筒を使ってポスト投函をしてもらうことで

かなり料金を抑えることができます。

A4サイズにおさまる商品であれば、

この方法で大幅な節約につながりますので、

アクセサリー類や化粧品など

比較的小さな商品であれば非常におすすめです。

返品送料は折半に出来る?

返品時の送料については

あくまで当事者間で決めるのがルールですので、

返品に至る理由次第では

折半にすることも充分可能でしょう。

たとえば、明らかにどちらにも過失がない場合、

新品未開封商品を出品したらそれが不良品だった…

などは折半に持ち込める可能性が高いです。

しかし、初期不良品であれば

購入した側には全く落ち度がないので、

やはり出品者側の責任として返送料を

全額負担すべきという声が多いのも事実。

交渉次第ではありますが、

明らかに購入者側に起因する理由でない限り、

送料を購入者側に

負担してもらうのは難しいでしょう。

そのため、やはり返品にならないような

対策を十分に講じることが大切です。

メルカリで返品方法と送料まとめ

この記事では、メルカリで返品になった場合の

送料についてご紹介しました。

返送料の負担をなるべく軽くする方法なども

いくつか挙げましたが、

やはり最も大切なポイントは

返品にならないように

十分に対策をしたうえで出品すること。

返品になってしまうと、相手とのやり取り、

事務局とのやり取りに手間を取られますし、

売上金が入って来ないどころか

むしろ送料が余計に掛かって損をしてしまいます。

トラブルなく取引完了ができるように、

出品する際には最新の注意を払いましょう。