メルカリせどりで儲からない原因とは?解決策についても解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
メルカリせどりで儲からない原因について知りたい(わからない)
という方のために、メルカリせどりで儲からない原因と解決策について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリせどりで儲からない原因がわかる
  2. メルカリせどりで儲けるための方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、メルカリせどりで儲からない原因と

解決策について解説していきます。

 

メルカリせどりで儲からない原因

メルカリはせどり初心者でも

稼ぎやすいと言われています。

登録や出品方法も難しいものではなく、

不用品を出品しても売れることも多いからです。

「メルカリなら簡単に売れる」と考えて、

メルカリせどりを始める人も少なくないでしょう。

しかし、誰もが、必ずしも稼げるとは限りません。

メルカリせどりで儲からない原因について解説します。

価格設定が高い

メルカリでは、販売価格が高いと売れにくいです。

メルカリは個人と個人のやり取りが基本で、

気軽に出品したり購入したりできるのが特徴。

出品されているものも高額なものより、

生活雑貨や食品、服など単価の安いものが多いです。

なかにはブランド品もありますが、

それも安いほうが売れます。

そのような中で価格が高いとそれだけで

スルーされてしまうことも少なくありません。

メルカリでの価格相場をチェックし、

出品している商品の価格が高すぎていないか確認してみましょう。

薄利多売になっている

薄利多売になっていると、

利益が少ないと感じるものです。

安いほうが売れやすいメルカリでは、

1度に儲けられる利益は多くはありません。

利益を出すには、

たくさんの数を売ることが必要です。

しかし、メルカリの基本は個人と個人のやり取りが基本。

何度も出品する、大量に出品するといった行為は、

アカウント停止になるリスクがあるので注意が必要です。

メルカリでは単価の低い商品をコツコツ出品することになるので、

儲けにくいと言えるでしょう。

コスト計算が甘い

コスト計算が甘いと、結果、儲けに影響します。

販売にかかっているコストをきちんと計算して

利益率を出していないと、

正確な利益を出すことができません。

利益を出すには、

コストはできるだけ抑えることが必要です。

しかし、何にどれくらいの費用がかかっているかを把握していないと、

抑えるポイントがわからず節約やコスト削減ができません。

そのため、いつまでたっても利益が出せないということになります。

高い利益ばかりを追い求めている

単価の高い商品の方が、

一度に得られる利益は大きいため、

単価の高い商品ばかり出品していると儲からないことがあります。

ハイブランド品などは

高額での取引ができる場合も少なくありません。

利益率の高い商品を扱えば、

効率的に儲けられます。

しかし、高単価の商品は仕入れるための費用も大きいです。

出品してすぐに売れればよいですが、

売れなかった場合利益を得られるのは先になります。

クレジットカードを使って仕入れたとしても、

支払いまでに収入がなければ資金繰りに影響するでしょう。

仕入れ値の高い商品ばかり扱っていると、

儲けられないことがあります。

ライバルの多い商品ばかり出品している

ライバルの多い商品ばかり出品していれば、

儲けも少なくなるでしょう。

人気のある定番商品や流行している商品などは売れやすいです。

需要も高いので、

仕入れも簡単で安く仕入れることもできるでしょう。

メリットの多い商品はライバルも多くなります。

ライバルが多くなれば価格競争になりやすく、

値上げをしないと売れません。

値下げ幅によっては

赤字になってしまうこともあるので気をつけてください。

コメント無視をしている

メルカリではコメントでやり取りができますが、

購入者からのコメントを無視していると信頼を失い

売れなくなります。

メルカリではコメントを確認して、

信頼できる相手がどうかを判断するケースが多いです。

中には出品者がどのような対応をするのか、

挨拶コメントをしてチェックする人もいます。

質問や値下げ交渉のコメントではないからと無視していると、

購入の機会を失ってしまうことになるので注意しましょう。

値引き交渉などの対応が遅い

値引き交渉などの依頼には、

早めに返答をしないと購入希望者はほかの出品者に

行ってしまう可能性が高いです。

少しでも返信が遅いと、

他を探したくなるものです。

スマホを使ったやり取りは迅速さが求められます。

売上のチャンスを逃さないためには、

スピーディな対応が必要です。

そのためにも、いくらくらいまで値引きができるのかを

計算しておくことが必要です。

商品説明や写真が手抜き

商品説明が不十分であったり、

商品をイメージしにくい写真しか掲載していないと、

売れにくいです。

安くて質の良い商品でも、

写真がよく撮れていない、

魅力的に見えないとなれば、

購買意欲が低下してしまいます。

商品説明が不足していると、

疑問点や不安な点が生じてしまい、

購入に至らないこともあります。

コメントで質問はできますが、

誰もが質問をしてくるとは限りません。

不安なまま購入したくないので、

ほかを探しに行ってしまう可能性があります。

メルカリせどりで儲けるために最低限しておきたいこと

メルカリで儲からないのは、

商品の魅力が伝わっていないことや、

コメント対応の印象がよくないなど、

いろいろな原因が考えられます。

すべてを完璧にしようとしても無理がありますが、

最低限はしておいた方が購入につながります。

メルカリせどりで儲けるために

最低限しておきたいことを紹介していきましょう。

商品を魅力的に見せる写真を掲載

商品の写真にはこだわりましょう。

商品を魅力的に見せる写真を掲載しないと、

売上につながりにくいです。

商品がよくわかるよう、

背景は基本的に白バックで。

商品全体がわかる写真と、

さまざまな角度から撮影した写真を載せるのがよいでしょう。

服などはハンガーにかける、

実際に着ている写真などもおすすめです。

商品のメリットや「ウリ」の部分は、

別カットで撮影し載せておいてください。

劣化や傷などがある場合は、

それも載せておきましょう。

中古品の場合、どれくらいの劣化があるのかを

最初に伝えておくことで安心して購入してもらえます。

商品説明は詳しくわかりやすく書く

商品説明はより詳しく、

わかりやすく書きましょう。

お店では手に取って商品を確認できますが、

ネットではそれができません。

サイズ感や質感、

手ざわりなど商品情報を詳細に

伝えることが大切です。

色も写真ではわかりにくいこともあるので、

例えなどを用いて説明してあげましょう。

クレーム対策にもなります。

写真のところでも説明しましたが、

傷や汚れなどは正直に記載しておくことです。

隠していると、

返品やクレームなどトラブルの原因になります。

売れている商品をリサーチ

利益を出すには、リサーチが必要です。

メルカリだからといって何でも売れるとは限りません。

売れている商品は何か、

需要の多いものは何か、

さらにはどのような人が購入しているのか

、どういったタイミングで売れているのか、

など、リサーチを念入りにしましょう。

メルカリはもちろん、

Amazonや楽天などほかのサイトもチェックするのを忘れずに。

念入りなリサーチは重要ですが、

時間や手間がかかります。

無料で利用できるリサーチツールもあるので、

それを利用してリサーチをしましょう。

コスト計算はきちんとする

コスト計算は緻密に、きちんとすることです。

コスト計算を大雑把にすると

正しい利益率がわからなくなります。

何にどれくらい費用がかかっているのかがわからないと

コストの削減もできず、利益も増えません。

送料や梱包材料、

仕入れサイトなどの登録料など

細かい金額も把握し利益率を把握しましょう。

コストで抑えやすいのが仕入れです。

リサイクルショップなどのほか、

卸売サイトなどもチェックし

安い仕入れ先を見つけましょう。

回転率のよい商品を選ぶ

メルカリで儲けるには

回転率のよい商品を選びましょう。

商品がなかなか売れないと利益が出ません。

メルカリでは安い商品が売れやすいもの。

売れやすい商品を出品し

コツコツ稼ぐのがコツです。

ブランド品などは効率的に稼げますが、

仕入れ費用が高くつくことや、

クレームになりやすいこともあるので

慎重に取り扱うことが必要です。

購入する方は高いお金を出して買っていることもあり、

傷などには敏感になります。

そのせいでクレームや返品などになれば、

売上につながらないので注意しましょう。

購入希望者とのコメントのやり取りはていねいに

購入希望者からのコメントには、

ていねいに対応しましょう。

出品したらコメントが来ていないかどうかをこまめにチェックし、

スピーディな返信を心がけることも必要です。

購入希望者の年齢によっては、

フランクすぎる言葉遣いには注意してください。

購入希望者からの質問には、

できるだけていねいに答えることが大切。

「わかりません」とだけ返信するより、

自分でも調べて参考になる内容を

返信した方が印象がよいものです。

コメントには誠意をもって対応しましょう。

値引き交渉の金額はコストを計算して承諾

値引き交渉をされたら、

必ずしも値引きしなければならないわけではありません。

赤字になってしまうと意味がないので、

コスト計算をして損をしない金額で承諾することです。

購入希望者の提示金額で無理な場合は、

こちらから、「〇〇円程度までなら値引き可能です」

と伝えるとスムーズです。

もちろん、

常識外れな値引き金額を提示してくるような場合は

ていねいに断りましょう。

タイミングに合った商品を出品

売るタイミングも重要です。

商品には売れるタイミングと

売れにくいタイミングがあります。

例えば、流行しているものは売れやすいですが、

ライバルも多いので薄利多売になります。

在庫切れになるまで寝かせておき

、買いたくても買えないタイミングで販売すれば

高額で売れる可能性も高いでしょう。

ただし、

商品によってはプレミアにならない場合もあるので、

慎重な判断が必要です。

また、季節などを考慮することも大切。

入学式や卒業式などのイベントが多い時期はフォーマルな服、

初夏には紫外線対策グッズや夏物、

秋にはコートや寒さ対策になる服やグッズといったように、

季節ごとに売れる商品をチェックして販売しましょう。

売れているライバルをチェックして参考にする

ライバルから学ぶことも多いものです。

売れているライバルをチェックして参考にしましょう。

どのような商品を扱っているのか、

写真の内容、商品説明の書き方などをチェックします。

メルカリでは出品者のプロフィールを

チェックしてから購入する人も少なくありません。

ライバルのプロフィールの書き方などもチェックしましょう。

メルカリで儲けるにはリサーチやコメント対応などで努力が必要

メルカリで利益を出すには、

売れる商品のリサーチやコスト計算が必要です。

掲載写真や商品説明も

手を抜かないことです。

儲からない場合は、

何かしら原因があるはずなので、

不足していることを見つけ、

改善していきましょう。

メルカリではコメントの対応も重要なことなので、

面倒がらず、誠意をもって対応することが

売上アップにつながります。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。