せどりはメルカリとラクマどちらがおすすめ?双方の特徴を比較

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
せどりはメルカリとラクマどちらがよいのか知りたい(わからない)
という方のために、双方の特徴について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. せどりはメルカリとラクマどちらがおすすめなのかわかる
  2. メルカリせどりのメリットとデメリットがわかる
  3. ラクマせどりのメリットとデメリットがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、メルカリせどりとラクマせどり

どちらがよいのかについて、解説をしていきます。

 

せどりはメルカリとラクマどちらがおすすめ?

メルカリとラクマは、

どちらもせどらーに人気のプラットフォームです。

メルカリは、国内最大規模を誇るフリマアプリであり、

誰でも気軽にさまざまな商品の売買を行えるのが特徴です。

ラクマは楽天が運営しているフリマサービスで、

国内ではメルカリに次ぐ人気を獲得しています。

では、せどりを始めるにあたり、

メルカリとラクマいったいどちらを選べばよいのでしょうか。

結論からお伝えすると、

どちらにも特徴やメリット、

デメリットがあるため一概に断言できません。

ルカリにはメルカリならではの魅力があり、

それはラクマも同様です。

せどりには絶対〇〇が良い!と断言できないため、

双方の特徴を理解したうえで、

自分や扱う商品にマッチした

プラットフォームを選ぶことが大切です。

それを踏まえて、

次章からはメルカリせどりとラクマせどり、

双方の特徴を見ていきましょう。

メルカリせどりの特徴

メルカリの特徴として、

ユーザー数の多さが挙げられます。

国内最大規模を誇るフリマアプリであるため、

多くの方が日常的に利用しており、集客力は抜群です。

また、比較的女性のユーザーが

多いのもメルカリの特徴といえるでしょう。

もうひとつの特徴として、

相場を把握せずに

取り引きをしている方の多さが挙げられます。

不用品処理やお小遣い稼ぎなど、

利益度外視で出品している方が多く、

相場を理解していない方も多いため、

せどりに取り組む方にとっては

有利な環境が整っているのです。

メルカリせどりのメリット

メルカリをせどりのプラットフォームとして

利用するメリットは、

仕入れ先としても販売先としても

優秀であることです。

また、ユーザー同士の交渉が

当たり前のように

行われる文化が醸成されており、

値引き交渉をしやすいのも

メリットといえるでしょう。

仕入れ先としても販売先としても優秀

メルカリには、さまざまなジャンルの商品が

出品されているため、

仕入れ先として優秀です。

しかも、相場を把握せずに出品されている商品も

数多く確認できるため、

仕入れコストを抑えられます。

また、送料無料の商品が多くを占めているのも、

大きなメリットといえるでしょう。

購入側が送料を負担しなくてよいため、

仕入れコストを軽減できます。

しかも、メルカリはフリマアプリなので、

スマートフォンさえあれば

いつでもどこでも商品を仕入れられます。

なお、メルカリは販路としても優れています。

ユーザー数が多いため集客力が期待でき、

Amazonで出品制限が設けられている

アイテムも出品できます。

このように、仕入れ先としても

販売先としてもメルカリは優秀なのです。

値引き交渉がしやすい

メルカリにおいて、

交渉は当たり前のように行われています。

値引き交渉が文化として根付いているため、

商品を出品しているユーザーも納得しています。

もちろん、すべてのユーザーが

値引き交渉に応じてくれるとは限りません。

ただ、実際のところは多くのユーザーが

値引き交渉に応じてくれるため、

仕入れ価格を抑えられます。

そのため、メルカリを仕入れ先として利用するのなら、

ダメ元でも値引き交渉はするべき価値があります。

値引きはしてもらえなくても、

おまけをつけてもらえたり、

2つ目以降の商品を割り引きしてくれたりと

いったことがあるかもしれません。

メルカリせどりのデメリット

せどりのプラットフォームとして

優秀なメルカリですが、

デメリットがあるのも事実です。

ユーザーによって独自のルールが定められている、

受け取り評価をしなくてはならない、

といったデメリットがあるため覚えておきましょう。

ユーザーによって独自のルールがある

メルカリの利用にあたっては、

定められている利用規約を守らなくてはなりません。

ただ、メルカリには利用規約とは別に、

ユーザーが独自にルールを

設けていることがあるため注意が必要です。

たとえば、「交渉せずに購入するのは禁止」や

「購入の意志が無いいいね禁止」、

「値下げ交渉NG」などが挙げられます。

これらはメルカリが定めたルールではないため、

守らずともプラットフォームの利用はできますが、

ユーザーとのあいだで

トラブルになってしまう可能性があります。

そのため、取り引きを行う前に

独自のルールを設けていないか

チェックしなければなりません。

トラブルになってからでは面倒なので、

事前に確認したうえで

取り引きをするかどうか検討するとよいでしょう。

受取評価が必要

メルカリには、

受取評価のシステムが実装されています。

これは、出品者から

商品を購入して手元に届いたとき、

受け取りの報告を兼ねて行う評価です。

購入者は商品を受け取り、

問題がなければ受取評価をしなくてはなりません。

受取評価をしなければ、

いつまで経っても出品者に代金が入金されないためです。

ただし発送から

9日後に自動で取引終了になります。

取り引き量が少ないのなら、

それほど面倒でもないのですが、

取り引き頻度や量が多くなると

それなりに手間と時間がかかります。

人によっては、これをデメリットと

感じてしまう方もいるかもしれません。

とはいっても、

きちんと受取評価をしないと

相手に迷惑がかかるため、

届いた商品に問題がなければ

なるべく早めに評価をするよう心がけましょう。

ラクマせどりの特徴

ラクマは、楽天が運営しているフリマサービスです。

もともとフリルという名称で

サービスが提供されていましたが、

改名して現在にいたります。

ラクマの特徴として、

楽天ポイントを利用できることが挙げられます。

楽天市場や楽天トラベルなどで

貯めたポイントを、

ラクマの取り引きで利用できるのです。

そんなラクマには、

メルカリにはないメリットがありますが、

デメリットもあるため注意が必要です。

次から具体的に見ていきましょう。

ラクマせどりのメリット

ラクマせどりのメリットとして、

メルカリよりも競合が

少ないことが挙げられます。

競合が少ないため、

物販ビジネスを有利に

進められる可能性があります。

また、出品時に必要となる手数料が、

メルカリより安いのも

メリットといえるでしょう。

販売時のコストを抑えられるため、

得られる利益を増やせます。

競合がメルカリより少ない

ラクマは、メルカリに比べると

知名度や利用率はいま一つです。

そのため、メルカリせどりと比べて競合が少なく、

今から取り組んでも稼げる可能性は十分あります。

メルカリは、仕入れ販売ともに

おすすめのプラットフォームですが、

それゆえに大勢の競合がいます。

そのため、扱う商品によっては

価格競争に陥ったり、

顧客を奪われてしまったりといったことも

珍しくありません。

一方、ラクマは

そこまで競合が多くないため、

ビジネスを有利に進められる可能性があります。

もちろん、扱う商品によっては

競合とぶつかってしまうおそれがあるため、

事前のリサーチは必須です。

出品の手数料が低い

ラクマの魅力は手数料の安さです。

メルカリやラクマ、

Amazonといったプラットフォームを利用する場合、

手数料を支払わなければならない

ケースがほとんどです。

手数料がどのように発生するのか、

いくらになるのかは

プラットフォームにより異なりますが、

ラクマはよそに比べて

手数料が低く設定されています。

たとえば、メルカリは出品した商品が購入され、

取り引きが完了すると

商品代金の10%を手数料として徴収されます。

10,000円の取り引きであれば、

1,000円が手数料として徴収されるのです。

一方、ラクマの手数料は販売金額の6%であり、

メルカリより4%も低くなっています。

もともとラクマの手数料は3.5%でしたが、

2021年に改定され6%に引き上げられました。

それでも、他のプラットフォームに

比べて手数料がお得なのは事実です。

取り引き金額が大きくなるほど、

手数料の負担は大きくのしかかります。

手数料負担を抑えて物販ビジネスを展開できるのは、

ラクマの大きな魅力といえるでしょう。

ラクマせどりのデメリット

競合が少なく手数料が安いなどの

メリットがあるラクマですが、

デメリットもあるため

きちんと把握しておきましょう。

利用ユーザーがメルカリよりも少ない、

偽物が出品されているケースも多い、

といったデメリットが挙げられます。

詳しく見ていきましょう。

ユーザーがメルカリより少ない

ラクマはメルカリに比べて知名度が低いため、

ユーザーの総数が多くありません。

それゆえに競合が少ないメリットがありますが、

販売する側にとって

ユーザーが少ないのはデメリットです。

ユーザーが少ない=ターゲット、

顧客が少ないという図式が成り立ちます。

そのため、商品がなかなか売れない、

回転率が悪いといったことが起きてしまうのです。

もちろん、ラクマせどりで

稼いでいる方もたくさんいるため、

売り方に工夫すればよいだけの話ですが、

初心者には難しいかもしれません。

競合が少ないメリットをとるのか、

それともユーザー数が少ないデメリットを重視するのか、

よくよく考えたうえで利用を検討するとよいでしょう。

偽物の出品もそれなりにある

ラクマには、

偽物が出品されているケースも

あるため注意が必要です。

ただ、偽物が出品されているのは

ラクマに限った話ではありません。

メルカリでも

偽ブランド品が出品されることはあります。

近年のラクマは、

徹底したパトロールやモニタリングを実施しており、

偽物による被害は減少傾向にあります。

それでも、巧みに偽物を販売している

アカウントもあるため、

注意に越したことはありません。

双方の特徴を理解したうえで利用してみよう

メルカリとラクマ、双方に特徴とメリット、

デメリットがあることを理解したうえで、

どちらをせどりに利用するのか検討してみましょう。

メリット・デメリットを理解すれば、

自分に合ったプラットフォームが

どちらなのか見えてくるはずです。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。