• ホーム
  • >
  • 物販ビジネスの始め方・稼ぎ方
  • >
  • 無在庫販売
  • 無在庫転売は詐欺や法律で違法なのか!?知っておくべき注意点とは

    無在庫転売は詐欺や法律で違法なのか!?知っておくべき注意点とは

    本記事では、無在庫転売は詐欺や法律で違反なのか?正しい知識について解説します。

    無在庫転売について正しい情報をお伝えして、安心・安全に実践できる方法について解説をしていますのでぜひ続きを読み進めてみてください。

    当メディア(物販ラボ)では1000名以上の方に転売・物販の指導実績があり、こちらの記事はネット販売の経験が8年の経験と知見による内容になっています。

    記事の最後では「無在庫販売スタートマニュアル」を配布しています。ぜひ最後まで読んでいただき、活用してください!

    監修者松下 隆史

    Amazon・Yahooショッピング!でのネット物販の専門家。前職はトラックドライバーで40代半ばから副業でネット物販を開始。4ヶ月で本業の収入越える。200名以上のネット物販のサポート、在宅で出来るネット物販の指導にてストアカアワード受賞の講師。SNS:TwitterLINE
    松下 隆史のプロフィール

    執筆者中川 瞬

    物販ラボ運営責任者、アマラボ(物販ツール)の共同開発者、Amazon、ebay、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、BUYMA、メルカリ、ラクマ、ヤフオクフリマ、Mercadolibre、etsy、BONANZA、ネットショップとあらゆる販路で販売。
SNS:TwitterLINE
    中川 瞬のプロフィール

    無在庫転売は詐欺や違法でない

    無在庫転売は詐欺ではないのか?違法ではないのか?と不安に思う方も多くいらっしゃいます。

    結論からお伝えをしますと、無在庫転売は詐欺でも違法でもありません。

    在庫を仕入れないという無在庫という言葉を聞いて、十分な知識がない方がインターネット上で詐欺や違法と情報を記載していますが、それは間違いになります。

    違法ではありませんが、注意しないといけない点もあります。

    そもそも「転売」とは

    商品やサービスを購入して、それをそのまま、または一定の加工を施して元の購入価格より高く売ることを指します。その差額分を利益として得ることが目的です。

    多くの市場や業界で行われており、個人や企業が卸売り市場、オークションサイト、小売店などから商品を仕入れ、オンラインマーケットプレイスや自身の店舗などで販売しています。

    有在庫転売と無在庫転売の違い

    有在庫物販とは先に商品を仕入れて出品し、商品が売れたら発送をする方法です。

    一般的な販売方法として主流のやり方ですね。

    初期投資が必要で在庫リスクが伴う半面、商品の配送が素早く出来るため顧客満足度のコントロールがしやすいのが特徴です。

    無在庫転売とは事前に商品を仕入れずに出品し、 商品の注文が入ってから顧客に配送する方法です。

    先に仕入れないので初期投資が少なくて済み、在庫を抱える必要もないため不良在庫のリスクが低いのが特徴です。

    商品の配送スピードについては、有在庫物販に比べ仕入れ先の影響を受けやすく、配送が遅くなる傾向があります

    無料動画のご視聴はこちら

    無在庫転売を含んだ転売で違法となるケース

    無在庫転売は違法ではありませんが、売り方や取り扱う商品によっては違法となるケースもあります。

      違法となる可能性のある行為について知っておきましょう。

      一般酒類小売業免許が必要なお酒の転売

      お酒を転売するには「一般酒類小売業免許」を取得しなければいけません。

      無許可でお酒を転売するのは酒税法によって禁止されているので、注意してください。

      自分で飲むことが目的で購入したお酒が余ってしまった、贈り物だけれど飲まないのでフリマに出した、などといったケースは免許が必要ありません。

      ただし、営利目的で継続的に販売していれば、違法になる可能性があります。

      古物商許可証が必要な中古品の転売

      無許可で中古品の転売をした場合、違法になる可能性があります。
      自分が使用していたものや、知人から譲られたものなどを売る場合は違法にはなりませんが、中古品を売る場合は「古物商許可証」が必要です。

      古物には使用するために取引されたものも含まれるため、使用していない新品でも古物として扱われます。
      なお、商品そのものだけでなく、部品や商品の一部を売る場合も許可が必要です。

      偽物や商標権侵害の商品の転売

      偽ブランド品、模造品、レプリカ、類似品、無許可で画像などを使用した商品、他人の名誉を毀損する商品、肖像権を侵害する商品、ブランド品を加工したリメイク品、ブランドの包装紙を模倣したもの、ブランドロゴを使用した商品など。

      偽物は「商標法」という法律によって禁止されています。ブランドの商標を侵害したとみなされます。

      ロゴやデザイン、名前などを無断で使用するのも違法なので注意が必要です。企業から賠償金の請求をされるケースもあります。

      チケットの転売

      コンサートやイベントに行くつもりで購入したチケットを、定価よりも安い価格で売るのは違法行為ではありませんが、転売目的や営利目的で購入したチケットを売るのは違法です。

      また、定価よりも高額で売るのも違法となります。

      危険物の転売

      銃や刀剣、麻薬、盗品、医薬成分を含む健康食品、毒性のあるものや劇薬、爆発する危険性のあるもの、催涙スプレーや武器として使用されるおそれのあるものも違法になります。

      犯罪に使われる可能性があるものも、扱わないようにしましょう。

      悪用される可能性がある物の転売

      クレジットカード、キャッシュカード、口座、免許証、パスポート、社員証、制服、パスワード、IDなど。

      公序良俗に反する物の転売

      盗撮写真やビデオ、犯罪性の高い商品、嫌悪感や不快感を与える商品、アダルトグッズなど。

      違法ダウンロードした物の転売

      音楽CD、DVD、ゲームソフト、コンピューターソフトなどの販売は著作権を侵害するので禁止になります。

      テレビやラジオ番組などのデジタルコンテンツも違法なので注意しましょう。
      コンテンツの内容などを変更し販売することも、著作権侵害となる可能性もあります。

      国際条約での禁止した物の転売

      ワシントン条約などにより取引が規制されている商品があります。

      受注をしてから商品を届けない転売

      受注をしてから商品を送らないことや、そもそも商品を送らないつもりで販売をすることは詐欺罪に該当する可能性があります。

      無在庫転売を規約で禁止のプラットフォーム

      無在庫転売は法律違反ではありませんが、販売先のサイトやプラットフォームで規約で禁止しているものがあります。

      禁止されているサイトとプラットフォームを紹介します。

      販売サイト 無在庫販売の可否と規約の記載
      Amazon 【無在庫販売可能】
      ※別のオンライン小売業者から商品を仕入れて、その小売業者から購入者に直接出荷することは禁止。
      また、納品書や請求書などに自身以外の販売者名や連絡先を記載して、商品を発送することも禁止。
      楽天市場 【無在庫販売可能】
      ※自身を通さずに仕入れ商品の直接発送することは基本的に禁止。
      メルカリ 【無在庫販売禁止】
      ※手元にない商品を予約、取り寄せで販売をすることは禁止。
      ラクマ 【無在庫販売禁止】
      ※購入申請が入ってから仕入れを行うなど、手元にない商品を出品する行為は禁止。
      カラーミーショップ 【無在庫販売可能】
      BASE 【無在庫販売可能】
      Yahoo!フリマ
      (旧PayPayフリマ)
      【無在庫販売禁止】
      ※商品の現物が手元にない状態で出品することを禁止。
      ヤフオク 【無在庫販売禁止】
      ※商品の現物が手元にない状態で出品することは禁止
      Yahoo!ショッピング 【無在庫販売禁止】
      ※2023年に禁止と記載
      shopify 【無在庫販売可能】
      ※ただしドロップシッピングに限り、shopifyと提携している業者に限りドロップシッピング可能。
      shopee 【無在庫販売可能】
      ※発送期限を10日まで伸ばせる
      BUYMA 【無在庫販売可能】
      ※無在庫販売はおおむね許可されています。
      ebay 【無在庫販売可能】
      ※業者から配送してもらうドロップシッピングは許可されていますが、無在庫販売は禁止
      Qoo10 【無在庫販売可能】

      メルカリは無在庫転売は禁止

      フリマアプリのメルカリでは無在庫転売は規約で禁止されています。
      規約違反やペナルティについては、下記でまとめています。

      ・(関連)メルカリで無在庫転売は禁止!?法律違反・規約・ツール・ペナルティを解説!!

      ラクマは無在庫転売は禁止

      ラクマでも無在庫転売は規約で禁止されています。
      規約違反やペナルティについては、下記でまとめています。

      ・(関連)ラクマで無在庫転売は規約違反!?通報・アカウント停止・ペナルティを解説!

      PayPayフリマは無在庫転売は禁止

      PayPayフリマでも無在庫転売は規約で禁止されています。
      規約違反やペナルティについては、下記でまとめています。

      ・(関連)paypayフリマで無在庫転売は禁止!?規約や注意事項を解説!!

      ヤフオクは無在庫転売は禁止

      ヤフオクでも無在庫転売は規約で禁止されています。

      規約には商品の現物が手元にない状態で出品すること。現物が手元にないとはメーカーなどから直送や取り寄せが必要なものとなっています。

      無在庫転売の仕入れ先として活用するのは可能です。
      規約違反やペナルティについては、下記でまとめています。

      ・(関連)無在庫転売はヤフオクでできる!?規約と禁止事項はこれでOK!!

      ヤフーショッピングは無在庫転売は禁止

      ヤフーショッピングでは無在庫転売は規約で禁止されています。

      2023年以前では、「商品の在庫が確保されていないにもかかわらず商品掲載を行う、見せかけ行為」を禁止という表現でしたが、現在は禁止となりました。

      無在庫転売の仕入れ先として活用するのは可能です。
      ヤフーショッピングの無在庫転売での規約違反やペナルティについては、下記でまとめています。

      ・(関連)ヤフーショッピングで無在庫転売は法律違反!?規約違反なのか!?

      ebayは無在庫転売は小売業者は禁止

      ebayでの無在庫転売は仕入れの方法により可能であり、禁止になります。

      卸売り業者から直接注文を受ける場合は可能であり、小売業者やマーケットプレイスから購入者に直接送ることは認められていません。
      なので自身の状況に合わせて、確認をしておきましょう。

      同じように無在庫転売の仕入れ先として活用するのは可能です。
      ebayでの無在庫転売での規約違反やペナルティについては、下記でまとめています。

      ・(関連)ebay輸出での無在庫転売は禁止!?法律と規約について解説!!

      この他のサイトは無在庫転売は禁止でない

      先にお伝えしたサイトやプラットフォーム以外は無在庫販売は禁止ではないサイトがほとんどです。

      ただし、販売をする前に規約を確認をすることと、これまで禁止でなかったサイトも規約の変更となることもあるので注意していきましょう。

      基本的にフリマアプリは無在庫転売を禁止している傾向になります。

      無料動画のご視聴はこちら

      無在庫転売を悪用した詐欺について

      無在庫販売は法律で違法ではなく、商品を取り寄せをして販売をする方法であり商品のお届けまでに時間がかかります。

      その方法を悪用して商品を送らずに詐欺をする方もゼロではありません。

      これは有在庫販売でも在庫がありますとネット上で謳っておき、商品を送らないことと同じですが、無在庫転売はお客様に商品をお届けするまでに時間がかかりますので、お客様を不安にさせないようにしっかりと連絡をするようにしましょう。

      無在庫転売での注意点と対策

      無在庫転売では商品を取り寄せて販売をするので、正しい知識をなく始めるとトラブルを起こしてしまうこともあります。

      トラブルを起こすと、アカウント停止になりプラットフォームを利用できなくなったりすることもあります。

      そうならないためにも、無在庫転売を行う際には注意が必要です。

      安心して無在庫転売をするために、知っておくべきポイントをお伝えします。

      在庫切れをツールで対策

      無在庫転売ではお客様から注文を受けてから商品をお届けするので、注文を受けた商品の在庫を仕入れようとしても在庫がなくなってしまう可能性もゼロではありません。

      無在庫販売はニッチな商品やレア商品は高単価になりやすく、そのような商品を扱うこともあり、単品でも利益が出やすいですが、在庫の確保が難しいことがあります。

      このように在庫の数が限られている商品を無在庫販売で販売をする場合は、在庫管理ツールが必須になってきますので在庫管理ツールを使用しましょう。

      在庫管理ツールを使用することで、受注をしても在庫がなかったり、タイミングが悪く仕入れができないということを防ぐことができます。

      またに無在庫転売に慣れないうちは、複数のサイトに仕入れ先があるなど、在庫の確保がしやすいものを選んだ方が安全です。

      無在庫転売のツールについては、以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ合わせてお読みください。

      ・(関連)無在庫転売ツールの機能と効果とは?無料・有料ツールをプラットフォーム別に紹介

      偽物の仕入れに注意する

      無在庫販売では注文を受けたあとに商品を仕入れをします。

      注文を受けた後に仕入れ先を決めることができるので、仕入れ値が安いショップから仕入れをすることができますが、偽物を販売しているショップもあります。

      極端に価格が安いショップやデザインが雑、ドメインが最近のもの、など偽物を販売しているサイトを見分ける方法はありますが、初めて物販を始めた方にはサイトの見分けはわからないと思います。

      ネットショップの見分け方については、また別のページで説明をしますが最初は公式ショップや大手のモールから購入をするなどで実施しましょう。

      特にブランド品を扱う際には注意しましょう。

      ハンドリングタイム・リードタイムの納期に注意する

      注文してから商品を仕入れ発送をするまでのハンドリングタイムと、お客様に商品をお届けするまでのリードタイムが通常より長くなります。

      商品ページにお届けまでのハンドリングタイムとリードタイムについて記載をしておくことと、注文を受けたらメッセージでいつ発送をするのか、お届けがいつになるかを連絡をしましょう。

      そうすることでお客様を不安にさせることなく、商品のお届けまでの取引をすることができます。

      途中でのキャンセルなどの可能性も減らすことができます。

      プラットフォームでは商品のお届けまでの期間を守れたかの評価もありますので、この評価基準を維持できるようにしましょう。

      無料動画のご視聴はこちら

      トラブルが発生した時の対処を考えておく

      Amazonで欧米輸入ビジネスを行う際、違法な問題を避けるために知っておくべき対処法をご紹介します。

      違法な商品の識別

      法的規制の確認: 輸入する前に対象国の法律やAmazonの規制に違反しないかを確認しましょう。

      また、商標権や著作権に触れる商品ではないかも確認することが重要です。

      関税と税金の問題

      欧米からの輸入品にかかる関税について事前に情報を収集しましょう。

      日本国内で販売する際の消費税など、税金の取り扱いを理解しておくことが大切です。

      トラブルが発生した時の準備

      配送遅延や品質問題など、様々なトラブルに迅速に対応できるよう計画を立てておきましょう。

      事前に対策しておくことで防げることもおおいですが、トラブルが発生してしまった時の迅速な対応も顧客満足度を上げるための重要なポイントになってきます。

      クレームが発生した場合

      クレームを受けたらすぐに対応することが大切です。早急に応答することで、顧客の不満がエスカレートするのを防ぎます。

      クレームを聞くときは顧客の話を注意深く聞き、完全に理解しようと努めましょう。

      そして間違いや誤解があった場合は、誠意を持って謝罪します。また、顧客からのフィードバックに感謝の意を表し、ビジネス改善の機会として捉えます。

      そして問題の解決のために具体的な手段や選択肢を提供しましょう。

      クレームの顧客対応後は、クレームの内容を精査し、その原因を特定します。そして、類似の問題が再発しないようにプロセスやポリシーを改善します。

      それでも対応しきれないクレームがあった時のために、いつでも弁護士に相談出来るよう準備をしておくと安心でしょう。

      まとめ

      無在庫転売は詐欺ではなく、法律で違反ではありません。

      ただ、販売サイトやプラットフォームで規約で禁止されていたり、条件によってはか可能なサイトもあります。
      なので無在庫転売を実践する場合は規約を確認することと、規約は変更になることもあるので注意をしましょう。

      無在庫販売は初期費用を抑えて、リスクを最小限に収入を得ることができる魅力的な方法なので、ぜひ安全に実践をしてください。

      物販ラボでは「無在庫販売スタートマニュアル」も無料配布しています

      これから無在庫販売を始めるのに必須のノウハウをまとめています!興味のある方はぜひ下記からプレゼントを受け取ってください。

      無在庫転売プレゼント

      Visited 357 times, 1 visit(s) today

      あなたにおすすめの記事

      無在庫転売はどこで売るのか?販売先を国内と海外別に紹介

      無在庫転売はどこで売るのか?販売先を国内と海外別に紹介

      目次無在庫転売はどこで売るかが大事無在庫転売が規約で禁止のプラットフォーム無在庫転売の販売先のプラットフォーム(国内)Amazon.co.jpBUYMA(バイマ)BASESTORESShopifyMakeshopカラーミ...

      2024.05.21 更新

      コストコの商品で無在庫転売はできるのか?実践方法と注意点を解説

      コストコの商品で無在庫転売はできるのか?実践方法と注意点を解説

      目次コストコ無在庫転売コストコとは無在庫転売とはコストコ無在庫転売はライバルが少ないのか競争が少ないからといって簡単ではないコストコ無在庫転売のメリット・デメリットメリットデメリットコストコ無在庫転売のやり方コストコ無在...

      2024.05.21 更新

      無在庫転売ツールの比較!無料・有料ツールをプラットフォーム別に紹介

      無在庫転売ツールの比較!無料・有料ツールをプラットフォーム別に紹介

      目次無在庫転売のツールとは機能1.一括出品機能2.在庫管理機能3.価格改定機能4.商品リサーチ【無料】無在庫転売におすすめのツールAppTool(アップツール)オークタウン【有料】無在庫転売におすすめのツールAmazon...

      2024.05.30 更新

      Shopifyで無在庫販売のネットショップを作る方法を解説

      Shopifyで無在庫販売のネットショップを作る方法を解説

      目次無在庫販売の種類オリジナル商品の販売ドロップシッピングShopifyで無在庫販売する方法市場調査をするショップ名を決めるShopifyサイトを作るShopifyに商品を登録するShopifyにSNSを連携させる自分で...

      2024.05.21 更新

      無在庫転売は違法?違法となるケースや知っておくべき注意点を解説

      無在庫転売は違法?違法となるケースや知っておくべき注意点を解説

      目次無在庫転売は違法でない出品先によっては違法ではないが無在庫転売が規約違反になる無在庫転売で違法となるケース出品時の商品画像の無断転載仕入れに失敗して発送できない売れた商品と違うものを発送する違法な商品の転売商品ごとに...

      2024.05.30 更新

      Qoo10での無在庫転売は規約違反!?販売までの流れを徹底解説!!

      Qoo10での無在庫転売は規約違反!?販売までの流れを徹底解説!!

      目次Qoo10で無在庫転売をする前に知っておくべきこと無在庫転売の仕入れ先にQoo10がおすすめである理由Qoo10はECモールのひとつQoo10はまだ知名度が低いため無在庫転売の仕入れ先に向いているQoo10で無在庫転...

      2024.05.21 更新

      au payマーケットで無在庫転売で収入を得る方法!!実践方法を公開

      au payマーケットで無在庫転売で収入を得る方法!!実践方法を公開

      目次au PAY マーケットはKDDIが運営する総合通販サイトau PAY マーケットはAmazonや楽天のようなECモール型の通販サイトau PAY マーケットは比較的新しいサービス無在庫転売をはじめるのにau PAY...

      2024.05.21 更新

      無在庫転売で売れ筋商品は売れない?理由と対策について

      無在庫転売で売れ筋商品は売れない?理由と対策について

      目次売れ筋商品なら無在庫転売に失敗しない?無在庫転売の商材としてメリットの多い売れ筋商品回転率が低い商品は無在庫転売の商材として不向き?売れ筋商品の特徴やメリットを理解することが大切無在庫転売で売れ筋商品を扱うメリット生...

      2024.05.21 更新

      無在庫転売の発送をラクにする発送代行とツールを解説!!

      無在庫転売の発送をラクにする発送代行とツールを解説!!

      目次無在庫転売の発送方法には大まかに2つある無在庫転売で仕入れ先から直送する無在庫転売で一旦自分のところに仕入れてから発送し直す無在庫転売では自分のところを経由して発送するのがおすすめ無在庫転売をするなら発送代行を利用し...

      2024.05.21 更新