古着せどりのコツはこれだ!ブランドや仕入れ先を徹底解説!

古着好きの人は多く、ヴィンテージを集める人などマニアも少なくありません。
仕入れ先店舗も多く、インターネットでも仕入れやすいのが古着のメリットの一つです。

仕入れ価格も安いので、初心者でも利益を上げやすいものです。
古着せどりに挑戦してみたいと考えているなら、メリットやデメリット、仕入れ先やおすすめジャンル、利益を上げるためのコツや注意点について把握しておきましょう。

古着せどりのメリット・デメリット

古着はほかの商品と比べて稼ぎやすいのがメリットです。
仕入れ価格が安く、仕入れ先も多いので初心者でもスムーズに作業ができるからです。
しかし、古着を扱う際には注意しなければならない点もあります。
古着せどりのメリットとデメリットを紹介します。

古着せどりのメリット

古着せどりのメリットは、仕入れ値が安いものが多く、仕入れ先もさまざまで数も多いことが挙げられます。
さらに、保管場所や需要の多さも、稼ぎやすさにつながる点です。
それぞれのメリットを詳しく解説します。

仕入れ価格が安い

メリットの一つは安く仕入れられることです。
新品家電などは数万円、数十万円の仕入れ費用が必要ですが、古着は1着千円程度、もしくはそれ以下の価格で仕入れが可能です。

最初は安いものから始めた方が失敗したときのダメージが少なくてすみます。
その点古着は、初心者でも取り組みやすいでしょう。

仕入れ先の選択肢が多い

仕入れ先が豊富な点もメリットです。
古着は専門店のほか、リサイクルショップなどの店舗のほか、オンラインにおいてもさまざまなサイトがあります。

フリーマーケットなどなら、掘り出し物を安く手に入れることも可能です。

仕入れ先が豊富で、数多くの商品をチェックできれば、売れそうな商品を見つけやすいです。
価格比較もでき、より低価格で魅力的な商品を選ぶこともできるでしょう。

保管場所に困らない

古着は保管場所にも困りません。
商品によって大きいものは倉庫をレンタルするなど、保管場所に費用がかかることがあります。

古着を自宅に保管するとしても、温度や湿度調節をする必要もありません。
ホコリなどが付着しないよう保管することは必要ですが、畳んだり、圧縮したりすれば保管スペースも取られず、保管するためのコストもかからない点はメリットです。

需要が安定している

流行のものなど通常の衣服とは異なり、需要が安定しているのも古着のメリットです。
年間を通して価格の変動はほとんどありません。

たとえば夏服が売れ残ったとしても、流行のように来年は売れなくなるということもありません。
そのため、来年も売れる可能性があり、販売計画を立てやすいのです。

古着せどりのデメリット

せどり初心者でも稼ぎやすい古着ですが、目利きが難しい、写真撮影が大変などのデメリットもあります。
古着せどりのデメリットや注意点について、詳しく説明しましょう。

目利きが難しい

古着は目利きが求められるジャンルでもあり、初心者にとっては慣れるまで難しいと言えます。
同じメーカー、同じ価格、同じようなデザインであっても、売れる商品とそうでない商品、価格差の大きい商品があります。

人気があり高く売れるだろうと販売しても、目利きを間違えば安くしても売れない、ということもあるのが古着です。

経験を積みながら、売れる商品とそうでない商品に対する感覚を養っていくしかありません。

写真撮影が大変

古着は写真撮影に苦労することがあります。
商品によっては状態のよくないものがあり、そのままでは売れないので自分で修正や補修をしてから撮影をしなければなりません。

せどりにおいて商品の写真は非常に重要です。
購買意欲を高めるためには、魅力的な写真でなければなりません。

状態の悪い部分がそのまま写っている商品では、売れない可能性が高いものです。
商品をキレイにする際に手間や時間がかかることは認識しておきましょう。

売れ行きが不安定

需要が安定しているとはいえ、ニーズに合わせた販売が必要です。
古着にも細かいトレンドはあり、何でもかんでも売れるというわけではありません。

古着の中でも今何が売れやすいのか、何が人気なのか、時代の流れなどをチェックして仕入れや在庫の調整が必要です。

古着せどりでおすすめの仕入れ先

仕入れ先が豊富な点がメリットの古着せどりですが、それぞれの仕入れ先の特徴を把握しておくことが大切です。
古着せどりでおすすめの仕入れ先と特徴について解説します。

店舗仕入れ

店舗仕入れは商品を手に取ってチェックできるのがメリットです。
商品の特徴や魅力を肌で感じられるでしょう。
古着せどりにおすすめの店舗には、次のようなお店があります。

ブックオフ

ブックオフ系列の店舗は低価格で仕入れやすいのがメリットです。
ブックオフと言うと古本や中古家電を販売しているイメージがありますが、古着を扱っているお店もあり、穴場的な仕入れ先となっています。

古着を扱っている店舗には、レディースやメンズ、子供服、靴や帽子などさまざまな商品があります。

安い仕入れ価格でお宝を見つけられるチャンスも。
ブックオフのチェックを忘れないようにしましょう。

セカンドストリート

古着販売の代表的ともいえるセカンドストリート。
古着せどりの仕入れ店舗としては、理想とも言えます。

幅広い年代向けの商品、さまざまなタイプのデザイン、ジャンルも幅広く非常に多くのバリエーションの商品が手に入ります。

比較的品質もよいのがメリット。
自分で補修や改善などをする手間やコストもおさえられる可能性が高いです。

ブランド品もあればノーブランド品もあり、価格帯も広いので希望の仕入れもしやすいでしょう。

均一価格の古着屋

店舗の中には、均一価格の古着屋があります。
チェーン店より低コストで仕入れられる商品もあり、初心者にもおすすめです。

均一価格のお店であれば、販路で同じ商品を検索して比較するという手間が省けます。
ダイレクトに価格差をチェックするだけで、利益計算ができる点もメリットです。

商品リサーチはスピーディに行うことも重要。
均一価格の古着屋なら、素早いリサーチが可能です。

オンライン仕入れ

いつでもどこでも仕入れ商品をチェックできるのが、オンライン仕入れのメリットです。
古着せどりにおすすめなのは、メルカリやラクマなどです。
それぞれの特徴を紹介します。

メルカリ

20~30代の女性の利用者が多く、レディース服をはじめメンズ、子ども服など幅広い仕入れができます。
特に若者向けのブランドを手に入れやすいのが特徴です。

メルカリは値下げ交渉ができるシステムなので、常識的な値下げを依頼すれば対応してもらえる可能性があります。
安い価格で入手できるのも、メルカリのメリットでしょう。

検索フォームもあるので、人気商品などを見つけやすく便利です。
出品者への質問も気軽にできるので、不明な点や気になる部分があれば明確にでき、そのうえで仕入れるかどうかを判断できます。

ラクマ

女性ユーザーが多いのがラクマの特徴です。
そのため、レディースの古着を入手しやすいのがメリット。

フリマサイトとしてはメルカリの次に人気があり、市場規模も大きく、商品も豊富にあります。
販売価格も低いので、コスト的にもおすすめ。

メルカリで希望の古着が見つけられなくても、ラクマで見つけられることもあるので、メルカリだけでなくラクマもあわせてチェックするとよいでしょう。

ZOZOUSED

ZOZOUSEDは品揃え豊富なのが魅力です。
さまざまなブランドの古着があり、価格帯も幅広いので仕入れやすいのがメリット。
インナーやアウター、シャツやボトムス、靴などアイテムも豊富です。

新品では販売されていない商品を、ZOZOUSEDで仕入れることも可能です。
商品のサイズや状態なども詳しくチェックできるのも安心。
着画も掲載されているので、細かい点や素材感もわかりやすいです。

価格もリーズナブルなので、せどり初心者にもおすすめです。

古着のせどりで売れやすいジャンル

子供服やレディース、ヴィンテージなど古着にもさまざまなジャンルがあります。
せどり初心者なら特に売れやすいジャンルから挑戦したいものです。
古着のせどりで売れやすいジャンルについて解説します。

子供服

安定した需要があるのが、子供服です。
子供にブランド服やおしゃれな服を着せたいけれど、着られる期間が短いので新品を購入するのは二の足を踏んでしまう、という親御さんは少なくありません。

低価格で購入でき、しかも新品に近いものが多い子供服の古着は人気があります。
特定のデザインやブランド品は人気が高く、利益も出やすいので要チェックです。

どのような柄やブランドが人気なのか、売れ筋はどのようなものか、リサーチをしてみましょう。

レディース

レディース商品は、回転率が高く、利益を出しやすいジャンルの一つです。
服にお金をかける女性は非常に多いです。
トレンドにも関心があり、いいものを安く買いたいと考える女性も少なくありません。

特に人気のあるブランド、価格、売れ筋をチェックしてみましょう。
また、SNSの影響は大きく、ファッションモデルやタレントなどの投稿によって売れる商品がわかる場合があります。

人気モデルなどのSNSをチェックして、どのようなファッションが人気なのか情報収集をすることをおすすめします。

ヴィンテージ

古着せどりをするなら、ヴィンテージも見逃せません。
質がよく個性もあるヴィンテージは人気があります。

こだわる人も多く、希望の商品があれば高くても買います。
国内で入手できないものやハンドメイドなど、珍しい一点ものは高い利益が期待できるでしょう。

ヴィンテージの古着を扱うのは知識が必要なので、初心者にはハードルが高いかもしれません。
しかし、勉強をしながら経験を積めば勝手がわかってきます。

そうすればコンスタントに高い利益を得ることも可能です。

ブランドもの

質がよくおしゃれなブランドものは人気があり、高く売れる可能性があります。
ブランドには、スポーツ系やカジュアル系、アウトドア系などさまざまな種類があり、価格帯も異なります。

ブランドの中でも、

  • ナイキ
  • アディダス
  • プーマ
  • ラコステ
  • バーバリー
  • ラルフローレン
  • トミーヒルフィガー
  • ヴァンズ

などは特に人気があるので、最低限覚えておきましょう。

もちろん、高く売れるブランドはこればかりではありません。
ブランドについて勉強すると同時に、トレンド情報もチェックするようにしてください。
経験を積んでいく中で、商品の良し悪しもわかるようになるはずです。

古着せどりのコツ

古着せどりで利益を上げていくためにはコツがあります。
仕入れの時、出品の時にやっておきたいコツや注意点について解説します。

仕入れの時

古着の仕入れでは、トレンドの把握や仕入れ店舗のチェックなどが必要です。
また、偽ブランドには注意しなければなりません。
それぞれについて、詳しく解説していきます。

古着のトレンドを把握する

安定した需要のある古着ですがトレンドがあります。
今注目されているものはどういったものか、何がトレンドなのかを把握しておく必要があります。

そのためにも、雑誌やインフルエンサー、タレントやモデルなどのSNSをチェックしましょう。

売れている最新ファッションに近い古着も売れる可能性があります。
古着好きのタレントの投稿はもちろん、ファッションの最新情報や流行もおさえておくことが重要です。

安く売ってくれる店を見つける

商品を安く買えるお店を見つけましょう。
仕入れコストはできるだけおさえることが、利益アップにつながります。

ただし、安いことに理由がある場合もあるので、なぜ安いのかを確認することをおすすめします。
安いけれど質が悪い、人気がないなどを見極めるためにも、最初は得意とする分野で仕入れた方がよいです。

また、まとめ買いをすることでコスト削減ができます。
まとめ買いで値引きしてくれるお店を見つけましょう。

偽ブランドに気をつける

偽ブランドには注意が必要です。
大手のショップであっても、偽物が混ざっている可能性もあります。

偽ブランド品は買うのも売るのも違法です。
偽物と気付かなかったとしても、それを販売すれば出品者として信頼されなくなってしまいます。

出品者としての信頼は売上に直結するので、信頼を失うような行為は避けなければなりません。

出品の時

売上を上げるためには、出品の時にも注意することやポイントがあります。
それを把握するだけでも、売上アップにつながることも。
古着を出品する際のコツについて解説します。

写真を綺麗に撮る

商品の写真は綺麗に撮影しましょう。
購入者は商品の写真を見て、購入を決めることも少なくありません。
シワや汚れが目立っているなど、魅力的に見えない写真では売上につながりません。

反対に綺麗な写真は目にとまりやすくなります。
商品そのものにアイロンをかける、汚れを落とすなどの手間はもちろん、撮影の仕方にも配慮しましょう。

商品がよく見える背景にする、明るい場所で撮る、ハンガーなどを利用するといった工夫も、商品をよく見せるコツです。

ブランドのロゴを強調する

ブランドロゴがはっきりわかるように撮影しましょう。
ブランドの古着は、ノーブランド品よりも売れ行きがよいです。
中には、ブランド品しかチェックしない人もいます。

撮影をする際には、ブランドがわかるようロゴマークを強調して撮影することがポイントです。

ダメージをしっかり記載する

商品にダメージがある場合は、その点を正直に記載しましょう。
ダメージがあると売れない、と思うかもしれませんが、隠して販売するとトラブルにつながることがあります。

購入者としては、古着なのである程度のダメージは仕方ないと思っています。
ただ、どれくらいのダメージなのか、と気にするものです。
ダメージに関する記載があれば、安心して購入してもらえるでしょう。

発送の時

発送の際には、商品をキレイにする、ていねいに梱包する、といった点をおさえることが大切です。
それぞれについて詳しく説明しましょう。

洗濯してから発送する

発送する際には洗濯をするなど、綺麗にしてから発送します。
古着は長期間販売されているものも多く、汚れていたり、ホコリなどのにおいがしたりする場合もあります。

においに関して敏感な購入者も少なくありません。
クレームにならないよう、基本的には洗濯をしてから発送しましょう。

ただし、ヴィンテージの古着は洗濯をしないようにします。
ヴィンテージ商品やデリケートな素材の商品は、洗濯することで価値が落ちてしまうことがあるので注意してください。

丁寧に梱包する

商品の梱包はていねいに行いましょう。
送られてきた側の立場になり、適当に袋に入れて送る、ということはしないことです。
乱雑で適当な印象を与えてしまうと、出品者としての評価が下がってしまう場合があります。

適当な紙袋や段ボールは避け、専用のビニール袋や圧縮袋がおすすめ。
ていねいで清潔であること、また商品を大切に扱っている、という印象を与えることが大切です。

コツをおさえて古着せどりで利益を出そう

売れる商品を見極めるには経験が必要な古着せどりですが、需要も安定している古着は初心者でも稼げるジャンルです。
仕入れ先も多く、保管もしやすいなど、メリットも少なくありません。

商品の補修が必要だったり、出品する際の写真撮影に工夫が必要だったり手間はかかりますが、ブランド商品などは高く売れることも多いものです。

トレンドをおさえた商品選び、撮影時の配慮、ていねいな梱包などコツをおさえて利益につなげましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。