メルカリで送料を安く抑える方法とは?お得に取引する方法

メルカリ 送料 安く_top

メルカリで売れた商品の送料は、

出品者か購入者どちらかが負担します。

売れやすいのは送料込みの価格設定であるため、

出品者が送料を負担するケースは少なくありません。

ただ、取引量が多くなると送料がかさんでしまい、

利益を圧迫してしまいます。

そこで、本記事ではメルカリの送料を安く抑える方法を詳しく解説します。

メルカリの送料を安く抑える方法

メルカリの送料を安く抑えるには、どのような発送方法があり、

それぞれどれくらいの費用が発生するのかを把握しておく必要があります。

代表的な発送方法には、

定形外郵便やネコポス、ゆうパケットポスト、

レターパックライト、宅急便コンパクトなどが挙げられます。

荷物のサイズ・重さ・厚さに合わせて安い発送方法を選ぶ

送料は、荷物のサイズや重さ、厚さなどの要素で決まります。

サイズや重さ、厚さによって、

安く発送できる方法が異なることを覚えておきましょう。

なお、同じA4サイズであっても、既定のサイズが異なるケースがあるため、

あくまで目安として参考にしてください。

小さく軽い荷物

サイズ 重量 発送方法 送料
16.5×9.2 25g以内 ミニレター 63円
23.5×12 50g以内 定型郵便物 94円

写真など25g以内の小さく軽い荷物の場合は、

ミニレターを使用するととても安く送ることができます

A4サイズ厚さ3cm以内の荷物

重量 発送方法 送料
50g以内 定形外郵便物(規格内) 120円
100g以内 定形外郵便物(規格内) 140円
1kg以内 ネコポス 175円
2kg以内 ゆうパケットポスト 200円
4kg以内 レターパックライト 370円

A4サイズ厚さ3cm以内の荷物で、100g以内なら定形外郵便物が安いです。
重さがある荷物を送る場合は、重量に合わせてネコポス、ゆうパケットポスト、レターパックライトから選びましょう。

A4サイズ厚さ5cm以内の荷物

A4サイズ厚さ5cm以内の荷物を送る場合、

250gまでは定形外郵便物として安く発送できます。

250g以上になると、ゆうパケットプラスや宅急便コンパクトがおすすめです。

A4サイズ厚さ7cm以内の荷物

A4サイズ厚さ7cm以内の荷物は、

250gまでは定形外郵便、それ以上はゆうパケットプラスや

ゆうパックがおすすめです。

60サイズ以内の荷物

60サイズ以内の荷物は、500gまでは定形外郵便、

それ以上になると宅急便やゆうパックを選ぶと送料を抑えられます。

80サイズ以内の荷物

80サイズ以内の荷物は、1kgまでは定形外郵便、

それ以上は宅急便やゆうパックがおすすめです。

90サイズ以内の荷物

1kgまでは定形外郵便がお得で、

それ以上になると宅急便やゆうパックが安くつきます。

100サイズ以内の荷物

100サイズ以内の荷物となると、宅急便とゆうパックの二択です。

100サイズ超の荷物

100サイズ超えの荷物となると、基本的には宅急便一択です。

120、140、160サイズなどがあり、

1,100~1,600円の送料が発生します。

発送方法や、大型の荷物の送料については以下をご覧ください。
>>メルカの発送方法についてはこちら
>>メルカリの送料の大型についてはこちら

匿名配送・追跡・補償を付けるならメルカリ便がおすすめ

メルカリを始めたばかりの方なら、送り先に自分の本名を知られたくない、

といった方もいるでしょう。

個人情報を悪用されるのも珍しくない時代であるため、

名前を他人に知られたくないのは正常な感情です。

普通の郵便では匿名配送ができませんが、

メルカリ便なら可能であるため、本名を伏せたまま取引相手に荷物を送れます。

らくらくメルカリ便は、メルカリとヤマト運輸の

連携により誕生した運送サービスで、

利用によりさまざまなメリットを得られます。

ゆうゆうメルカリ便は

メルカリと日本郵便が連携しているサービスです。

郵便ポストや郵便局・コンビニで発送ができ、こちらも便利な発送方法です。

どちらも匿名配送ができるのみならず、

メルカリ便であれば追跡ができ、補償もあります。

荷物を追跡できるようにしたい、

商品が破損したときのリスクに備えたい、

といった方はメルカリ便がおすすめです。

ただ、すべての商品をメルカリ便にしてしまうと、

かえって送料が高くなるケースもあるため注意しましょう。

商品の価格に合わせて、メルカリ便にするかどうかを

決めてはいかがでしょうか。

梱包のサイズはできるだけ小さく抑える

送料は、荷物のサイズで大きく変わるため、

できるだけコンパクトに梱包するのが基本です。

無駄に大きなサイズのダンボールで梱包しているのなら、

まずはそこから見直してみましょう。

梱包に使用するダンボールは商品より少し大きめを選び、

すき間を緩衝材で埋めてください。

商品の大きさにちょうど合うダンボールがないのなら、

カッターやハサミでカットして調整するのもよいでしょう。

また、商品によっては緩衝材が不要なものもあります。

このような商品に、わざわざ緩衝材を使用してしまうと、

無駄に梱包が大きくなってしまうため注意が必要です。

たとえば、小説や漫画、雑誌など書籍類は緩衝材が不要であるため、

ちょうどよいサイズのダンボールで梱包するのが基本です。

かさばりやすい衣類は、圧縮袋を使って小さくするのがおすすめです。

圧縮袋に衣類を入れて、中の空気を掃除機で抜けば

薄くコンパクトに梱包できます。

元々の価格設定を送料込みで考える

送料込みの価格で出品するメリットは、売れやすくなることです。

実際、メルカリでは多くのユーザーが、

送料込みの価格で商品を出品しています。

送料込みの価格なら、購入希望者は送料がいくらなのかわかりません。

そのため、多少高めに価格を設定していても、

「送料込みだから」と購入してもらえる可能性が高まります。

ただ、送料込みの価格で出品するときは、

きちんと利益が出るよう価格を設定しなくてはなりません。

送料込みであっても、きちんと利益が出るような

価格設定を心がけましょう。

持ち込み割引を利用する

持ち込み割引とは、運送会社に荷物を持ち込むことで、

送料が割引されるサービスです。

クロネコヤマトの宅急便やゆうパックなどが、

持ち込み割引を採用しているため、気になる方はチェックしてみましょう。

たとえばヤマト運輸なら、直営店やコンビニ、取り扱い店へ荷物を持ち込むと、

100円の割り引きが適用されます。

ゆうパックも同様に、郵便局やコンビニに持ち込めば、

120円を割り引きしてもらえるのです。

たかが100~120円と感じる方もいるでしょうが、

取引量が多ければ多いほど送料はかさむため、

割り引き金額が低くてもメリットは大です。

10回取り引きした場合なら、1,000円も送料がお得になるため、

利用しない手はありません。

運送会社の店舗にしか持ち込めないのであれば難しいですが、

現在ではコンビニで対応してもらえるため、手軽に利用できます。

エコ配を利用する

エコ配は、近年注目を集めている宅配サービスです。

エコロジーな物流の実現を掲げたサービスで、

地球環境に配慮した配送を行っていることが特徴です。

エコ配の魅力は、何といっても送料の安さです。

配達地域を限定しており、荷物の規格を統一しているため、

格安での配送を行えます。

利用できるシーンが限定的ではありますが、

荷物や発送先によっては大幅な送料削減も実現できるでしょう。

現在対応している集荷エリアは、東京や大阪、名古屋です。

何としても送料を抑えたい、と考えているのなら、エコ配のような

新しいサービスの利用も検討してみましょう。

第三種郵便物として送る

第三種郵便とは、一定の条件を満たすことで利用できる郵便です。

毎月3回以上定期的に発行されている、

掲載事項の性質上、発行の終期を予定しえない、

など複数の条件を満たしたものに適用されます。

条件からわかるように、雑誌などが第三種郵便物として認定されます。

といっても、すべての雑誌が第三種郵便として認められるわけではありません。

第三種郵便物認可、と雑誌の裏に小さく記載されているのなら、

第三種郵便物として配送できます。

しかも、第三種郵便の料金は安いため、送料面で大きなメリットを得られるのです。

雑誌を送るときは、念のために第三種郵便かどうか確認するとよいでしょう。

まとめ売りで送料を節約

まとめて商品を購入してもらえると、

ひとつのダンボールにまとめて梱包し発送できます。

個別に発送すると、それぞれに送料がかかりますが、

まとめて送れるのならトータルの送料を抑えられるのです。

まとめ売りを狙うのなら、プロフィールや商品説明欄に工夫をしましょう。

「まとめ買いなら値引きします」といった旨のメッセージを記載しておくと、

魅力的に感じてくれる方がアプローチしてくるかもしれません。

ただ、ひとつのダンボールにまとめるとなると、

どうしてもサイズが大きくなってしまいます。

その結果、送料が余計に高くなるといったリスクもあるため、

きちんと計算することが大切です。

メルカリの送料を節約してお得に取引しよう

メルカリの送料を節約するには、商品のサイズや重量などに合わせて、

ベストな発送方法を選ぶことが大切です。

また、梱包のサイズをできるだけコンパクトにすることで、

送料を抑えられます。

エコ配や第三種郵便の利用、まとめ売りなど、

送料を節約できる方法は多々あります。

メルカリの取り引きで得る利益を最大化するため、

本記事でお伝えした内容を参考に、送料の節約に取り組んでみましょう。