電脳せどりは初心者でも稼げる?始め方や稼ぐポイントを解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
電脳せどりは初心者でも稼げるのかどうか知りたい(わからない)
方のために、始め方や稼ぐポイントなどを解説します。

この記事を読むことで、

  1. 電脳せどりが初心者におすすめの理由がわかる
  2. 初心者が電脳せどりに取り組むときの注意点がわかる
  3. 電脳せどりを始めるのに用意すべきものがわかる
  4. 古物商許可が必要かどうかわかる
  5. 初心者が電脳せどりで稼ぐコツがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、電脳せどりで初心者が稼げるのかどうかについて、解説をしていきます。

 

電脳せどりは初心者にもできる?

電脳せどりは、仕入れと販売をオンラインで完結させるビジネスモデルです。

インターネットの普及により、現在では多くの方が電脳せどりに取り組むようになりました。

電脳せどりは、初心者にもおすすめのビジネスです。

自らオンラインショップを立ち上げて、運営するようなビジネスに比べると、

電脳せどりははるかにハードルが低いといえるでしょう。

次章からは、電脳せどりが初心者におすすめの理由を解説します。

>>電脳せどりについてはこちら

電脳せどりが初心者におすすめの理由

電脳せどりが、初心者におすすめのビジネスモデルである理由はいくつか挙げられます。

少ない資金で取り組めること、どこに住んでいても始められること、

インターネットでノウハウを得やすいこと、実店舗が不要であることなどが主な理由です。

初心者にも取り組みやすい理由が明確であれば、安心して電脳せどりを始められるでしょう。

以下、電脳せどりが初心者におすすめの理由を、個別に詳しく解説します。

少ない資金でも取り組める

一般的な物販ビジネスと比較して、電脳せどりは少ない資金で始められます。

ビジネスに取り組むための初期費用を大きく抑えられるのは、大きなメリットといえるでしょう。

電脳せどりを始めるにあたり必要なのは、

パソコンやリサーチツール、インターネット環境などです。

とりあえず、これらさえそろっていれば、電脳せどりを始められます。

パソコンはハイスペックでなくても問題ないため、中古で購入すればコストを抑えられるでしょう。

また、リサーチツールも無料で提供されているものがあるので、

そのようなツールを使えばコストがかかりません。

すべての取引はオンラインで行うため、実店舗も不要です。

販売も、Amazonやメルカリなどで行うため、

自身でオンラインショップを立ち上げる必要がありません。

どこに住んでいても始められる

商品の仕入れから販売まで、すべてオンラインで行うため、

どこに住んでいても電脳せどりを始められます。

居住地に左右されないのは、電脳せどりならではの特権といえるでしょう。

実店舗を出店してビジネスを始めるとなると、立地を考慮しなくてはなりません。

立地が悪いと、お客様に来てもらえないからです。

また、地域によっては近隣に仕入れができるところがない、といったことも考えられるでしょう。

その点、電脳せどりであればオンラインメインで取引を行うため、このような心配がありません。

都心でも地方でも、インターネット環境さえ整っていれば電脳せどりに取り組めるのです。

インターネットでノウハウを得やすい

電脳せどりは、人気のある物販ビジネスモデルであるため、多くの方が取り組んでいます。

インターネット上にも、実際に電脳せどりへ取り組んでいる方、

経験をもつ方が発信した情報がたくさんあり、ノウハウを得やすい環境が整っています。

そのため、取り組みを始めてわからないことがあっても、

インターネットでリサーチすればすぐに知りたいことを見つけられるでしょう。

誰かに質問することなく、自ら解決策を見つけられるのです。

また、電脳せどりで稼ぐためのコツや、失敗しないポイントといった、

有益な情報もインターネット上にたくさんあります。

これらの情報を取得し、うまく活用すれば早期に成果をあげられ、

失敗のリスクも軽減できるでしょう。

 

実店舗が不要

オンラインで取引を行い、利益を得るビジネスモデルゆえに、実店舗は必要ありません。

そのため、初期費用を大幅に抑えられるメリットがあります。

実店舗を出店するとなれば、相当な費用が発生します。

賃貸物件であれば、敷金や礼金を用意しなくてはならず、月々の家賃も支払わなくてはなりません。

一方、電脳せどりであれば実店舗が不要であるため、

初期費用と運用費用を大きく削減できるのです。

実店舗を構える必要がないため、スピーディーに事業を始められるのもメリットといえるでしょう。

また、実店舗のみならず、オンラインショップの開設も不要です。

電脳せどりでは、オンラインショップから仕入れた商品を、

同じくオンラインショップやフリマアプリなどで販売するからです。

オンラインショップを構築するとなれば、それなりの費用がかかりますが、その心配もありません。

こちらの記事では電脳せどりの仕入れ先を紹介しているので参考にしてください。

>>電脳せどりの仕入れ先は?おすすめの仕入れサイトを一挙紹介

初心者が電脳せどりに取り組むうえでの注意点

電脳せどりが、初心者に取り組みやすいビジネスモデルであるのは事実です。

ただ、取り組みやすい=誰でも稼げる、との公式は成り立ちません。

物販ビジネスの中では取り組むハードルが低く、成果も得やすいのですが、

初心者にはいくつか注意点があるので覚えておきましょう。

以下、初心者が電脳せどりに取り組むうえで、注意すべきポイントを個別に解説します。

不良品や偽物を仕入れない

電脳せどりでは、オンラインショップやフリマアプリなどから商品を仕入れて販売します。

仕入れは、利益を左右するもっとも重要なプロセスであるため、注意しなくてはなりません。

もっとも注意すべきは、不良品や偽物を仕入れてしまわないことです。

信頼できるショップやECサイトからの仕入れなら、偽物や不良品を購入する心配はほぼありません。

ただ、ヤフオクやメルカリなど、

個人ユーザーの出品が多いところで仕入れをするときは、注意が必要です。

不良品や偽物を仕入れてしまうと、転売ができず在庫を抱えてしまうおそれがあります。

相手が返品や返金に対応してくれればよいのですが、

中には真摯に対応してくれないケースもあるでしょう。

返金や返品が可能であったとしても、やり取りに時間がかかってしまい、余計な手間も発生します。

また、万が一不良品や偽物を転売してしまった場合、

販売先のペナルティを受ける、違法になるといったおそれもあるので注意が必要です。

送料や諸経費を忘れない

仕入れと販売、どちらにもいえることですが、

送料や手数料などの諸経費を忘れないよう注意しましょう。

諸経費を計算に入れていないと、利益が少なくなる、

場合によっては赤字になるといったおそれがあります。

仕入れのとき、商品そのものの価格ばかり重視してしまい、

送料や手数料を計算に入れ忘れるケースは少なくありません。

諸経費がかさんでしまうと、転売時の利益が少なくなってしまいます。

仕入れで余計なコストを削減するには、送料無料のショップで購入する、

クレジットカードで決済するなど工夫しましょう。

販売時においても、こちらが送料を負担するのなら、

そのことを考慮のうえ価格設定をしてください。

出品制限に注意する

Amazonで販売するのなら、出品制限に注意しましょう。

大手通販サイトであるAmazonは、電脳せどりでも人気の高い販売先です。

ただ、商品によっては、メーカー側で出品の規制が行われており、通常通りの販売ができません。

Amazonで販売するつもりで、たくさん仕入れたのに出品できなかった、

となると計画に狂いが生じてしまいます。

出品制限されているかどうかは、実際に商品の登録画面まで進むことで確認できます。

出品を制限されている商品であれば、登録画面まで進めません。

出品できない商品を大量に仕入れてしまった場合、在庫過多になってしまいます。

特に、Amazonで売りやすい商品を仕入れたケースでは、

ほかの販売先ではなかなか売れない、といったことも起きてしまうため、注意が必要です。

いきなり大量仕入れはしない

初心者がやりがちな過ちのひとつに、大量仕入れが挙げられます。

必ず売れる、と確信した商品を大量に仕入れたものの、

まったく売れないといったことになるおそれがあります。

初心者のうちは特に、最初から大量仕入れを行うのは控えましょう。

商品に需要があるのかどうか、トレンドが突如収束しないかなど、

事前に入念なリサーチを行ったうえで仕入れることが大切です。

電脳せどりで成功できるかどうかは、リサーチ力にかかっているといっても過言ではありません。

常にリサーチを行う癖をつけ、データに基づいて売れると判断したものを仕入れましょう。

電脳せどりで収益を上げられるか不安な方は併せてこちらの記事も参考にしてください。

>>電脳せどりは儲からない?稼げないといわれる理由と稼ぐコツを紹介

電脳せどりを始めるにたあり用意すべきもの

電脳せどりに必要なのは、パソコンとインターネット環境です。

パソコンがあっても、インターネットに接続できなければ電脳せどりに取り組めないので、

接続環境を整えておきましょう。

また、スマートフォンやタブレット端末などがあれば、

出先でも手軽にリサーチや仕入れが可能です。

プライベートで使用しているスマートフォンで十分なので、

わざわざビジネス専用に用意する必要はありません。

ほかにも、銀行口座や仕入れ、販売用のアカウントなどが必要です。

複数の仕入れ先、販売先のアカウントを開設しておくと、スムーズにビジネスを進められます。

ある程度の仕入れ資金も必要です。

まだ利益が出ていない状況では、仕入れに使えるお金がないため、

ある程度まとまった資金を用意しておくとよいでしょう。

>>電脳せどりに必要なものはこちら

古物商許可は必要?

営利目的で中古品を扱うのなら、古物商許可の取得が必要です。

実際のところは、古物商許可を取得せず中古品の売買をしている方もいますが、

表ざたになったとき不利になるおそれがあります。

そのため、中古品をメインで扱うのであれば、古物商許可を取得したほうが無難でしょう。

以下、自身で古物商許可を取得するときの大まかな流れを解説します。

事前確認

古物商許可は、誰でも取得できるわけではありません。

取得に関して一定の条件が定められているので、満たしているか事前に確認しておきましょう。

特に重要なのは、欠格事由に該当していないかどうかです。

犯罪者である、執行猶予中である、住居が定まらない者など、さまざまな欠格事由があり、

ひとつでも該当すると取得はできません。

また、古物商許可の申請は警察署ですが、管轄によって担当が異なるため、

事前に確認しておくとよいでしょう。

必要書類の収集

申請に必要な書類を準備するステップです。

古物商許可の申請に必要なのは、住民票や身分証明書、略歴書、誓約書などです。

法人の場合は、必要となる書類がいくつか加わるため、事前に確認してください。

なお、身分証明書は免許証やパスポートなどではなく、

自治体の窓口で取得しなくてはなりません。

窓口で申請すれば、身分を証明する書類を発行してくれます。

申請書の作成

申請書類を準備し、作成しましょう。

警察署の窓口でも取得できますが、

都道府県公安委員会のホームページからダウンロードもできます。

申請書類は複数枚必要なので、漏れなく用意しましょう。

どのように記入すればよいのかは、

インターネット上に詳しい内容を公開したサイトがいくつもあるので、

それらを参考にしてください。

警察署へ申請

居住地を管轄する警察署に、申請書類や添付書類を提出します。

無事に受理されたら、古物商許可の取得をまつのみです。

ただ、古物商許可取得の申請書類は記入項目が多く、

初めて作成した方が一度で受理されるケースは多くありません。

修正を指示される可能性が高いので、指示されたら速やかに改善しましょう。

スムーズに取得したいのなら、行政書士のような専門家への依頼がおすすめです。

さらにこちらの記事で詳しく解説しているので電脳せどりを始める前にご確認ください。

>>電脳せどりは違法?合法に取り組むポイントと古物商許可取得についても解説

初心者が電脳せどりで稼ぐには

初心者が電脳せどりで稼ぐには、いくつかポイントを押さえておく必要があります。

絶対に成功したい、失敗を回避したい、と考えているのなら、

以下のポイントを押さえておきましょう。

大切なのは、しっかりとリサーチを行う、資金に余裕をもたせる、

目標を設定する、などです。

それぞれ詳しく見ていきます。

しっかりとリサーチを行う

電脳せどりで成功したいのなら、リサーチを徹底して行うようにしてください。

成功できるかどうかは、リサーチを徹底するかどうかで左右されます。

リサーチの目的は、売れる商品を見つけることです。

需要のない商品をいくら仕入れたところで、売れる見込みはありません。

赤字を膨らませる一方、といったことになりかねないため、事前リサーチを徹底しましょう。

商品の需要だけでなく、価格帯やライバルの動向など、リサーチすべき対象は多岐にわたります。

なお、需要のある商品をスムーズに見つけたいのなら、ツールの活用をおすすめします。

有料ツールの中には、利益商品を効率的に見つけられる製品もあります。

このようなツールを利用すれば、利益商品の検索を自動化でき、

時間を空けずにどんどん売れる商品を仕入れられるでしょう。

こちらの記事ではリサーチに便利なツールを詳しく解説しているのでチェックしてください。

>>電脳せどりで稼ぐならツールが必須!種類や特徴を詳しく解説

資金に余裕をもたせる

どのような商品を扱うかにもよりますが、資金に余裕があって困ることはありません。

電脳せどりでは、事前に商品を仕入れる必要があるので、

ある程度まとまった資金を用意しておきましょう。

資金に余裕があると、売れ筋商品の大量仕入れが可能です。

今のタイミングで販売すれば、間違いなく高値で売れる、

といったときに大量仕入れできるのは強みです。

一方、資金が少ないと、売れる商品を見つけてもたくさん購入できません。

もたもたしているうちに、競合に買い占められてしまう、といったことも考えられます。

電脳せどりに限らず、

物販ビジネスに取り組むのならある程度資金に余裕をもたせるのは基本です。

突然パソコンが壊れた、大きな赤字が出た、といったこともありえなくはないため、

いざというときに備えるためにも、資金には余裕をもたせておきましょう。

目標を設定する

目標を設定し、小さな成功を積み重ねることでモチベーションを保てます。

電脳せどりの初心者こそ、最初にきちんと目標を設定しましょう。

注意点としては、いきなり高すぎる目標を設定しないことです。

あまりにも現実的ではない目標を掲げてしまうと、いつまで経っても達成できず、

かえって挫折してしまいます。

初心者であれば、月収3~5万円程度を、目標として掲げてみてはいかがでしょうか。

小さな目標を設定し、達成したら少しずつ目標を大きくしていくのです。

初心者は焦らずじっくりと電脳せどりに取り組もう

電脳せどりは、初心者でも取り組みやすく、努力すれば早期に成果を得られます。

ただ、取り組みやすくても、誰もが簡単に成功できるとは限らないため、

そこは注意してください。

特に、電脳せどりを始めたばかりのころは、

なかなか成果を得られずモチベーションが下がってしまうかもしれません。

取り組みを始めたばかりであれば、誰でもこのような道を一度は通ります。

初心者だからこそ、結果を焦らずじっくりと腰をすえて電脳せどりに取り組みましょう。

正しい方法で続けていれば、結果はいずれついてきます。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。