電脳せどりで仕入れる商品が見つからない理由や解決策を紹介

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
電脳せどりで仕入れる商品が見つからない理由が知りたい(わからない)
という方のために、見つからない理由や解決策について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 電脳せどりで仕入れる商品が見つからない理由がわかる
  2. 利益商品を見つけることの大切さが理解できる
  3. 利益商品を見つけるためのポイントがわかる
  4. リサーチを効率化できるツールがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、電脳せどりで仕入れる商品が見つからない理由や、解決策について解説をしていきます。

なお、まずは電脳せどりとはどういったものか詳しく知りたいという方は以下の記事をお読みください。

>>電脳せどりとは?

電脳せどりで仕入れる商品が見つからない理由

電脳せどりの初心者に、まず立ちはだかる壁のひとつが

「何を仕入れていいのかわからない」ではないでしょうか。

電脳せどりでは、オンラインで商品を仕入れますが、対象となるアイテムが多すぎて、

仕入れる商品が見つからないといった状態に陥りやすいのです。

以下、電脳せどりで仕入れる商品が見つからない、

主だった理由をいくつかピックアップしました。

何を扱いたいかが決まっていない

そもそも、何を扱いたいのか決まっていないと、仕入れる商品も見つかりません。

扱いたいもの、興味があるものが明確であれば、ジャンルを絞り込めるため、

仕入れる商品も比較的早く見つかります。

近年は、副業で電脳せどりに取り組む方も増えています。

手軽に取り組めるビジネスモデルなので、勢いで参入する方も少なくありません。

このようなケースでは特に、扱いたい商品が決まっていないことが多く、

いざ開始してから悩んでしまいます。

扱いたい商品が決まっていないと、選択肢が多くなりすぎてしまい、

何を仕入れてよいのかわからなくなってしまうのです。

その結果、あれもこれもと仕入れてしまい、利益が出ない、といったことになってしまいます。

商品に関する知識がまったくない

商品に関する知識がまったくないと、仕入れは難しいでしょう。

基本的に、電脳せどりでは仕入れから販売まで、自ら行うケースがほとんどです。

扱う商品が決まっていても、知識がまったくなければ、どれを仕入れたらよいのかわかりません。

やみくもに仕入れてしまうと、利益がまったく出ず赤字になる、

在庫過多になる、といったことが生じます。

扱いたいジャンルが決まっているのなら、最低限の知識は身につけるべきです。

情報社会である現代では、インターネットを利用すれば必要な情報はいくらでも手に入ります。

知識が身につけば、売れ筋や商品ごとの特徴なども理解でき、

ビジネスを優位に進められるでしょう。

リサーチができない

電脳せどりで成功するには、リサーチが必要不可欠です。

現在、電脳せどり1本で生計を立てているような方も、

例外なくリサーチにはそれなりの時間を割いています。

リサーチができないと、需要のある商品を見つけられません。

電脳せどりにおいては、需要の有無や利益率などを、

きちんと見極めたうえで仕入れを行う必要があります。

需要の有無や利益率を把握するためには、リサーチが必須です。

リサーチができない状態では、いつまで経っても売れる商品を見つけられません。

まずは、リサーチの重要性を理解し、そのうえで具体的な方法をマスターしましょう。

なお、リサーチに関しては、効率化できるツールがいくつもあるので、活用をおすすめします。

リサーチを効率化できるツールについては、のちほど詳しく解説します。

リサーチすべき場所や事柄が間違っている

リサーチをしているつもりでも、

あまり意味のないことをしている電脳せどらーも少なくありません。

このような、形だけのリサーチは身にならず、いたずらに時間を費やしてしまいます。

詳しくは後述しますが、リサーチでもっとも重要なのは利益商品を見つけることです。

そのためには、利益商品が見つかりそうな場所を、

ある程度絞り込んでリサーチをしなくてはなりません。

インターネット上には、数多くのオンラインショップやECサイトがあり、

それらすべてを対象にリサーチするとなると、時間がいくらあっても足りないでしょう。

価格だけでなく、トータルでの利益率や売り先、ライバルの動向など、

リサーチすべき項目はいくつもあります。

これらも、理解できていないとリサーチに無駄な時間を割いてしまいます。

楽に稼げると勘違いしている

電脳せどりは楽に稼げる、と勘違いしている方は意外と少なくありません。

電脳せどりは、手軽に取り組みやすいビジネスモデルではありますが、

だからといって楽に稼げるビジネスではないのです。

取り組みを始めたものの、すぐに撤退してしまう方は、

このような考えで参入したケースが多いと考えられます。

すぐに稼げると思ったのに、まったく稼げない、やることが多く楽じゃない、

と挫折してしまうのです。

楽に稼げると思い込んでいるゆえに、自ら積極的に行動せず、

仕入れる商品が見つからない、となってしまうケースが少なくありません。

もし、電脳せどりが楽に稼げると思っているのなら、まずはその認識から改善すべきでしょう。

>>電脳せどりが難しいと感じる原因についてはこちら

大切なのは利益商品を見つけて仕入れること

電脳せどりで成功するには、利益商品を仕入れて販売しなくてはなりません。

これが、成功への最短ルートといっても過言ではないでしょう。

利益商品とは、文字通り利益を得られる商品です。

利幅が大きな商品をメインに仕入れられれば、獲得できるトータルの利益も増加します。

利幅の少ない商品ばかり仕入れてしまうと、売上は伸びているのに利益は少ない、

作業量ばかり増えてしまう、といったことになりかねません。

利益商品を見つけて仕入れ、販売するだけで大きな利益を得られますが、

現実にはなかなかうまくいかないでしょう。

だからこそ、多くの電脳せどらーが苦悩しているのです。

次章からは、利益商品を見つけるためのポイントを、ピックアップして紹介します。

電脳せどりの利益商品を見つけるためのポイント

利益商品を見つけて売るのは、電脳せどりに限らず物販ビジネス全般で重要なことです。

利幅の大きな商品をメインで扱えれば、

同じ数の商品を販売してもトータルの利益が大きく異なります。

ただ、頭では理解できていても、現実に実行するとなると難しいのも事実です。

そこで、ここでは電脳せどりで利益商品を見つけるためのポイントをまとめました。

仕入れる商品が見つからない、大きな利益を得られないと悩んでいるのなら、

以下を参考に取り組んでみましょう。

とにかくリサーチが重要

本記事で何度もお伝えしていますが、電脳せどりで稼ぐにはリサーチが何より重要です。

リサーチをせず、やみくもに商品を仕入れてもまず稼げません。

一時的に稼げるかもしれませんが、リサーチ力がないと需要や市場の変化が起きたとき、

対応できずすぐ売れなくなってしまいます。

リサーチにより、利益率の高い商品や、売れやすいアイテムを見つけることが大切です。

また、競合がどのような商品を扱っているのか、

売り先ごとにどのようなジャンルがよく売れているのか、

といったことを事前に分析しなくてはなりません。

リサーチさえきちんとできていれば、あとは対象となる商品を仕入れ、売り先に出品するだけです。

つまり、電脳せどりで稼ぐには、リサーチにもっとも多くの時間を割く必要があります。

儲かる商品から売れる関連商品を探る

電脳せどりで稼いでいる方の多くは、リサーチで見つけた利益商品をさらに深掘りし、

関連商品を探っています。

これができるようになれば、1つの利益商品から、

さらに多くの利益商品を見つけられるようになるでしょう。

たとえば、Amazonでは、商品ページから関連する商品をチェックできます。

関連商品として表示されるアイテムは、実際に購入されているケースが多いため、

利益商品である可能性が高いのです。

1つの利益商品を見つけたからといって満足せず、そこからさらに関連商品まで深掘りし、

需要のある高利益商品をどんどん見つけていきましょう。

すぐに諦めないこと

仕入れる商品が見つからない、出品しても売れない、とすぐ諦めてしまう方は多いようです。

どのようなビジネスでもそうですが、すぐに大きな利益を得られることはありません。

特に、電脳せどりを始めたばかりなら、売れない、儲からないといったことはありがちなことです。

>>電脳せどりは儲からない?稼げないといわれる理由と稼ぐコツを紹介

ここで諦めてしまえば、その時点で電脳せどらーとしての道は閉ざされてしまうでしょう。

取り組みを始めた初期の段階では、売れないのは当たり前だと割り切ることが大切です。

そもそも、電脳せどりが楽にすぐ稼げる、といった考えは幻想です。

まじめに取り組みつつ、試行錯誤を繰り返しながら利益商品を見つけられるようになります。

なぜ利益商品が見つからないのか、売れないのか、を真剣に考え、

改善を繰り返しながら継続することが、電脳せどりで稼ぐコツといえるでしょう。

こちらの記事では電脳せどりに最適な仕入れ先をまとめているのでぜひ参考にしてください。

>>電脳せどりの仕入れ先は?おすすめの仕入れサイトを一挙紹介

リサーチを効率化できるツール

電脳せどりで仕入れる商品が見つからないのは、リサーチに問題があるのかもしれません。

そもそも、リサーチをしていないといったケースは問題外ですが、

きちんと行っているにも拘わらず商品が見つからない、

利益を出せないのなら、ツールを活用してみましょう。

以下に、リサーチを効率化できるツールをピックアップしました。

リサーチに要する時間を短縮でき、なおかつ利益商品を見つけるのにも一役買ってくれます。

Keepa

Keepaは、電脳せどりのリサーチに必須といわれているツールです。

仕入れ値が適正であるかどうかをチェックでき、グラフで過去の価格動向も速やかに調べられます。

こちらのツールは、Google Chromeの拡張機能です。

無料でも利用できますが、ビジネスで使用するのなら有料版をおすすめします。

Keepaには、Amazonで売り切れている商品をチェックできる機能が実装されています。

そのため、Amazonを仕入れに使いたい方に適したツールです。

また、商品の価格をモニタリングし、

事前に設定した金額になったら通知してくれる機能もあるので、

仕入れるタイミングを見誤りません。

スピード感のある仕入れができるため、

競合の多いAmazonでも効率のよい仕入れが可能になるでしょう。

FBA料金シミュレーター

FBA料金シミュレーターは、Amazonの販売手数料を確認できるツールです。

電脳せどりを始めたばかりの方には、

Amazonで商品を販売するときに手数料が発生することを

ご存じない方もいるのではないでしょうか。

実は、Amazonで商品を販売するにあたっては、一定の手数料が発生します。

どの程度手数料が発生するのかを把握できていないと、

商品が売れても利益が少ない、といったことになりかねません。

このような事態の回避に、FBAシミュレーターが役立ちます。

販売手数料を差し引いた、純粋な利益のみを算出できるため、利益商品の抽出に役立つのです。

なお、FBAシミュレーターは無料で利用できます。

無料ツールにも拘わらず、機能は高性能なので、使わない手はないでしょう。

価格比較プライスチェッカー

価格比較プライスチェッカーは、Google Chromeの拡張機能です。

無料で利用でき、Amazonや楽天市場、ヤマダ電機、

ボンパレモールなどたくさんのショップで商品の検索、価格比較ができます。

検索結果では、送料や商品価格などが表示され、簡単に比較が可能です。

安く仕入れられるショップも一目瞭然なので、仕入れに役立つこと間違いありません。

利益商品の抽出もスピーディーなので、リサーチの効率化に役立ちます。

>>電脳せどりのツールについてはこちら

利益商品さえ見つかれば電脳せどりは儲かる

電脳せどりで稼ぐには、利益商品の仕入れが何より重要です。

そのためには、リサーチを徹底して行い、利益につながる商品を中心に仕入れを行いましょう。

本記事でもお伝えした通り、リサーチにはツールの利用がおすすめです。

時間と手間のかかるリサーチ作業を短縮でき、負担軽減や効率化が可能です。

本記事で紹介したツールも活用し、電脳せどりで成功を掴みましょう。

また、こちらの記事でも電脳せどりを成功に導くヒントを紹介しています。

>>電脳せどりで成功できる?初心者でも利益を出せるコツとは

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。