メルカリせどりで売れないときの対処法とは?原因と改善のヒント

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
メルカリせどりで売れない時の対処法について知りたい(わからない)
という方のために、原因と対処法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリせどりで売れない原因がわかる
  2. メルカリせどりで売れない時の見直しポイントがわかる
  3. メルカリせどりで売るためのコツがわかる
  4. メルカリせどりでどうしても売れない時の対処法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリせどりで売れない時の対処法について解説していきます。

 

メルカリせどりで売れない原因

メルカリせどりでは、

売れない理由が分からず困ることがあります。

売れない時には、

原因を明らかにしてから対策を講じることが大切です。

メルカリせどりで売れない理由が分からない人へ、

よく見られる売れない原因を紹介します。

画像・説明文に魅力が感じられない

メルカリせどりで売れないのは、

画像や説明文に商品をほしいと

思わせる魅力が感じられないせいかもしれません。

メルカリでは、商品を出品する際に画像は最大10枚まで、

商品説明文は1000文字まで任意で入力が可能です。

しかしあくまでも画像や説明文の上限は任意のため、

それを最大に利用しない人もいます。

また、画像や説明文はプロのカメラマンや

ライターが準備するわけではなく、

写真や文章が苦手な人が仕方なく作成していることもあります。

こうした画像や説明文には商品本来の魅力が現れません。

実際の商品が良いものでも、

見た人にそれが伝わらないと売れないことも多くなります。

商品の需要がない

メルカリに出品したのに売れないのは、

商品自体の需要がないための場合もあります。

メルカリに限らず、

販売サイトではそれぞれに売れ筋や

ユーザーのニーズが異なります

その売れ筋とは違ったジャンルの商品を

出した場合にも売れないことが多いものです。

商品の需要がない場合には、

どんなに画像や説明で魅力を伝えても、

価格を調整しても売れません。

こうしたことが起こりやすい場合には

リサーチ方法の見直しなども必要です。

販売価格が相場からズレている

販売価格が相場からズレている場合も、

売れにくくなってしまいます。

メルカリでは値下げ交渉もできますが、

交渉を面倒に感じる人も多いものです。

特に、メルカリで多い若い年齢のユーザーは

値下げ交渉などの手間をかけずに

安く買いたいと思うことが多くなります。

そのため、主に販売価格が高すぎる場合には、

その商品を欲しい人がいても売れません。

若いメルカリ利用者の中には品質よりも

安さを重視する人もいるため、

価格のズレは非常に大きなミスとなります。

支払い方法・配送方法が使いにくい

メルカリで商品がなかなか売れないのは、

支払い方法や配送方法などの

出品条件が悪いからかもしれません。

メルカリでは着払いやクレジット決済、

銀行振込などの支払い方法を決められます。

また、配送方法も匿名配送のできる方法と

できない方法があり、

出品者が決めた方法で発送することになります。

これらの条件が閲覧した人に合わないことも、

購入まで進まず離脱する原因の1つです。

特に個人情報を知られずに送ってもらえる

匿名配送を希望する人は多く、

「匿名配送ができないならやめよう」

と買うのを諦める人もいます。

商品が見られていない

商品の需要もあって、

出品の仕方も間違って居ない場合には、

商品が見られていない可能性もあります。

いくら良い商品を正しく出品していても、

誰からも閲覧されていなければ売れません。

他に原因が見つからない場合には、

出品商品の閲覧数を確認しましょう。

メルカリの閲覧数はマイページから確認が可能です。

閲覧数が少ない場合には、

商品が悪いのではなくユーザーの検索に

ヒットしていないだけの可能性があります。

アカウントの評価が悪い

商品や出品の仕方がいくら良くても、

ユーザーに警戒されてしまうのは

アカウントの評価が悪いケースです。

こうした個人間売買では、

アカウントの評価を元に「買う」「買わない」

の決定をしている人が多くみられます。

評価の良いアカウントは信頼できる出品者と見られ、

買う人も安心して利用しますが、

悪い場合には警戒されます。

評価が悪いと、本当に商品が届くのか、

偽物かもしれないといった不安や疑惑につながり、

なかなか購入に踏み切れません。

売れないときに見直したいポイント

メルカリせどりで売れないと感じたら、

売れるためにアカウントや商品ページなどを見直しましょう。

以下のポイントを押さえて見直すことで、

より良い印象をユーザーに与え、

購入されやすくなります。

ユーザーの欲しい情報を掲載しているか

メルカリせどりで売れない時は、

メルカリのユーザー目線に立ち、

欲しい情報が十分掲載されているか確認することが大切です。

ネットでの販売は、

基本的に商品ページに掲載された情報だけが頼りです。

手に取って見ることができない分、

丁寧にユーザーの知りたいことを伝えましょう。

意識したいのは、商品画像と説明文です。

また、タイトルも数多くの商品の中から

ユーザーに注目してもらうために大切です。

購入する人の不安を解消するために、

できるだけ詳細な情報を掲載します。

使える枚数や文字数は最大限生かしましょう。

アクセス数・「いいね!」の数

アクセス数と「いいね!」の数を見直すことで、

どれくらい注目されているかが分かります。

もしも数が伸びていない場合には、

画像や商品説明などの

どこかに不備がある可能性があります。

ただし、アクセス数やいいね!の数は

出品してから時間が立たないと集まりません。

出品してから3日過ぎた頃に

一度チェックしてみましょう。

商品の適正価格・相場

商品の適正価格・相場は、

出品する前に検討しておくべき部分です。

ただし、リサーチから出品まで期間が空くと

値下げが始まるなどで相場が動く可能性もあるため、

一度リサーチしていても売れなかった時点で

見直しも必要となります。

普段のリサーチと同様に、

メルカリのメニューから商品の

キーワードを入力し、検索します。

自分の商品と同じ状態で

すでに売り切れている商品と売れ残っている商品を比較することで、

売れる相場がはっきりするでしょう。

商品ジャンルとメルカリの相性

メルカリせどりをやっていて、

売れ行きが悪い場合には、

商品ジャンルとメルカリの相性にも注目してみましょう。

メルカリは若いユーザーの多いフリマアプリで、

良く売れるのも若者向けの商品です。

そのため、良い商品を扱っているのに売れない時は、

メインユーザーである

若い層から注目されていない可能性が高くなります。

メルカリと相性の良いジャンルは、

レディース商品やスマホ関連グッズ、

ゲームやベビー用品、アニメ関連グッズなどです。

特に小まめに新しいものに

買い替えたいと思うジャンルは需要がなくなりません。

メルカリで売れない商品を売るためのコツ

メルカリで出品した商品が売れない場合には、

売るためにちょっとした工夫をしましょう。

商品は売れ筋で価格も適切に設定してあるのに

売れない時にやってみたいコツを紹介します。

定期的に再出品する

メルカリでなかなか売れない、

注目してもらえない時には、

定期的に再出品を繰り返すことをおすすめします。

メルカリでは、新しく出品された商品が

タイムラインに上位に表示されます。

そのため、一度出品したら

売れるまで長く置いておくよりも、

繰り返し再出品した方が効率的なのです。

売れない商品は出品期間を短くして、

タイムラインにより多く露出するようにしましょう。

出品の際には、商品を見たユーザーを混乱させないように、

出品期間を明記しておくことが必要です。

予告なしに短期間で商品ページがなくなったら、

ユーザーも困惑します。

サムネイル画像に文字を入れる

サムネイル画像に文字を入れることで、

商品の魅力が伝わりやすくなり、注目度が高まります。

メルカリでは、一枚目の画像が商品検索画面に並ぶため、

意識的に1枚目に商品の魅力や特徴、

アピールポイントを盛り込むのが効果的です。

検索画面にズラリと並んだ時にも、

文字が入っていると目立ちますし、

情報量が増えて魅力が伝わりやすくなります

サムネイル画像に入れると効果的なのは、

「送料無料」や「即日発送」「値下げ対応可能」といったメリットです。

独自のメリットを入れることで差別化できるため、

ライバルが多い時は他の出品者が

やっていないサービスを考えてみることもおすすめします。

関連キーワードを入れる

閲覧数が伸び悩み、売れない場合には、

関連キーワードを意識して商品タイトルや説明文を考えてみましょう。

メルカリでは、関連キーワードがないと

ユーザーの検索にヒットしません。

商品を欲しい人が検索しそうな

キーワードを探して、文章内に入れましょう。

商品に合うキーワードは、

商品名で検索すると予測キーワードとして出てきます。

ライバルの出品ページを参考にする

商品がメルカリで売れない場合には、

ライバルの商品ページを参考にして改善を試みましょう。

ライバルの商品ページから得られる情報は、

価格の相場や説明文の書き方のヒントです。

自分が扱っているのと同一商品を絞り込み、

価格が適切か見直しましょう。

また、売れているライバルの商品ページからは、

どんなキーワードを使ったら良いか、

どの部分を重視して写真撮影や説明をしているかなど、学べます。

アカウントの評価を良くする

メルカリでは評価の悪いアカウントは敬遠されがちです。

そのため、アカウントの評価が悪い場合には、

を改善するための努力も必要となります。

良い評価はすぐに集まるものではないため、

まずは売れる商品でコツコツと実績を積んでいきましょう。

丁寧な梱包とスムーズな発送、

丁寧なメッセージのやり取りが大切です。

特に梱包と発送には十分注意して、

安く安全に購入者まで届くように手配しましょう。

水濡れ防止のためのOPP袋や緩衝材の利用、

商品や外箱が潰れないような梱包がポイントです。

また、安くて匿名配送ができるメルカリ便の利用もおすすめです。

在庫が複数あるときは在庫の数だけ商品ページを作る

メルカリでは、新しい出品がタイムラインの上位に来るため、

定期的に上位表示されるように工夫することが大切です。

その一つの方法として、

複数の在庫がある時だけ可能となるのが、

在庫数の分だけ同じ商品ページを作る方法があります。

1つの商品ページでは、

すぐに上位から落ちてしまいますが、

複数の商品ページを定期的に作ることで

タイムラインへの露出を増やせます。

ただし、この方法は複数の在庫がある場合のみに可能な方法です。

また、在庫数を超えて商品ページを

作ってしまうと規約違反となります。

メルカリでどうしても売れないときの対処法

メルカリせどりをしていて、

どうしても売れない商品があった時には、

不良在庫にする前に売り切ることを目指しましょう。

せどりをやっていると売れなくて、

通常とは違った決断を迫られることがあります。

どうしても売れない時には、

思い切った解決方法で乗り切ることが大切です。

値下げで売り切る

メルカリせどりで

どうしても売れない商品があった時には、

思い切って値下げすることも必要です。

基本的にはせどりでは、

仕入れの前に十分なリサーチをしており、

売れる商品であることを確認するものです。

しかしそれでも、売れないことはあります。

売れるコツを実践したのにどうしても売れない場合には、

損切りを覚悟で売り切ることを目指しましょう

その商品だけでは赤字になったとしても、

資金を回収できれば挽回の機会を得られます。

他の販売サイトで売る

メルカリでどうしても売れない場合には、

他の販売サイトやアプリを使ってみることも1つの手です。

もしかしたら、その商品が売れないのは、

メルカリに向いていないだけかもしれません。

そのため、メルカリで売れない時は

メルカリよりも向いていそうなサイトやアプリを

利用して売ってみましょう。

メルカリで売れない時に焦らないためにも、

他の販売サイトやアプリも登録し、

日ごろから併用することをおすすめします。

ヤフオク!やラクマ、PayPayフリマなどは、

どちらかというと登録もメルカリと似て

簡単にできる販売先です。

メルカリせどりで売れない時は原因の追及から

メルカリせどりをしていて売れない商品があった時は、

まずは売れない原因を調べましょう。

原因の追究には、商品ページの見直しをはじめ、

ライバルの商品やアクセス数などのデータを調べることも必要です。

売れない原因が明らかになれば、

対策も具体的に立てられます。

メルカリせどりで売れない原因はいくつもあるため、

それぞれ不足していたり間違ったりした部分を

ピンポイントで改善していくことが大切です。

また、売れ筋と信じて仕入れたのに売れなかった場合には、

少し思い切った方法で売り切ることも考えなければいけません。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。