せどりで大変と感じやすいポイントと対処法

せどりは副業にもおすすめ、と言われています。

在宅でできる仕事で、

拘束されることなく自分の都合に合わせて作業ができるなどといった理由からです。

確かに仕事内容はシンプルです。

しかし、決して楽をして稼げるビジネスではありません。

せどりはどのような点が大変なのでしょうか?

せどりで大変と感じやすいポイントと対処法を解説します。

せどりが大変と感じるポイントとは?

せどりは簡単に稼げる、と言われることもあります。

在宅で仕事ができ、時間をかけずに利益を出せるなどのメリットもありますが、

苦労も多いものです。

せどりはこんなところが大変、苦労することについて解説します。

稼げる商品が見つからない

せどりでは、どの商品を選ぶかで利益が出るか出ないかが決まります。

稼げる商品を見つけるのは簡単なことではありません

人気のある定番商品であっても、いつでも売れるかと言えばそうとも言えません。

時期や流行などタイミングによっても、売れない場合があります。

一度高額で売れた商品でも、その後も同じように利益が出るとは限りません。

「今何の人気があり、売れるのか?」を見極めるには、リサーチが欠かせないのです。

ただし、リサーチと言っても人気ランキングで上位にある商品を選べばいい、

というわけでもありません。

売れると考える商品はライバルも同じで、結果価格競争になり利益が出ない、少ない、

となってしまう可能性が高いのです。

また、利益を上げるにはコストダウンが必要です。

少しでも低価格で仕入れられるサイトやお店をリサーチしなければなりません。

リサーチ方法としては商品に適したリサーチツールを使い、

効率的に稼げる商品や適した仕入れ先を見つけることが必要です。

肉体労働・単純作業が多い

せどりの大変さは肉体労働や単純作業が多い点にもあります。

せどりは、自宅でパソコンさえ使っていれば商品が売れて利益につながる、

という単純なものではありません。

商品によっては店舗での購入になることもあり、いくつもの店舗を回らなければなりません。

数量が多かったり、重かったり、サイズの大きい商品は梱包も大変です。

時間もかかるし、手間もかかります。

梱包はていねいにおこなわないと、破損のリスクがあるので手を抜くことはできません。

中古の場合は動作確認や付属品がきちとあるか、

なども細かくチェックする必要があります。

その分時間もかかってしまうでしょう。

少しでも効率的に、体力の消耗を防ぐにはツールを利用したり、

外注を検討したりするのも一つの方法です。

資金繰りがきつい

せどりには、資金繰りの苦しさもあります。

リサーチをして稼げる商品を見つけ、出品作業をして売れれば梱包して発送する、

という作業は楽なものではなく、利益がなければ精神的につらくなってしまうでしょう。

売上がなければ仕入れる資金もなくなり、仕入れたい商品があっても仕入れられません。

それが続けばストレスになります。

資金に余裕があったほうが、精神的に楽なので余裕を持ってせどりを始めることをおすすめします。

資金繰りは緻密なコスト管理も必要です。

確定申告の際にも必要になるため、領収書やレシートはいつ、どこで、

何に使ったかをわかるように整理しておかなければなりません。

無駄がないか、コストダウンできる部分はあるか、などを常に考えておかないと、

コスト削減につながらないでしょう。

収支を把握しておくためにも、売上管理をきちんとおこなうことが必要です。

クレーム対応・アフターケア

クレーム対応もせどりの大変さの一つです。

購入者がすべて「いい人」とは限りません。

なかには、正しいものを送っているのにクレームを付けてきたり、

商品をすり替えて新しい商品を再送させようとしたり、さまざまなケースがあります。

その対応をていねいにしなければならず、精神がすり減ってしまうこともあります。

商品を売って終わりではなく、アフターケアも必要であり、

対応に四苦八苦することも少なくありません。

対策の一つとしては、AmazonのFBAを利用することです。

FBAであれば出品した商品のクレーム対応をしてくれます。

クレームが心配な場合は、FBAを利用するとよいでしょう。

部屋にゴミが増える

せどりは在宅で作業をおこなうことが多く、そのため部屋が散らかりやすいものです。

梱包用のダンボールやプチプチなどのゴミも増え、こまめに掃除をしなければなりません。

大型の商品や数量が多いと、部屋を圧迫し作業スペースや生活スペースが圧迫されてしまうことも。

快適な空間で過ごすには、こまめな掃除やレンタルボックスなどを借りる必要も生じます。

レンタルボックスは費用がかかるので、やはり自宅に商品を置くことになるでしょう。

物によっては適した管理が必要で、その気遣いもしなければなりません。

ゴミが溜まると快適さが失われるだけでなく、探し物も増え時間の無駄になってしまいます。

定期的にゴミを処分し、掃除をすることが必要。

時間がない場合は、便利屋などを利用するのもおすすめ。

数時間千円程度で掃除やゴミの処理を手伝ってくれます。

せどりは大変だけど稼げる

せどりは楽して稼げると考え、安易に始める人も少なくありません。

仕入れも出品もパソコンがあればでき、自分のスケジュールで動けるため副業としても便利です。

しかし、商品によってはお店を何軒も歩き回らなければならず、

利益を出すにはリサーチが必要です。

リサーチには時間がかかり、

やっとめぼしをつけてもライバルが多ければ利益が少なくなってしまいます。

体力的にも精神的にも大変なビジネスですが、ほかの副業も楽ではありません。

どのビジネスにも大変さや苦労はつきものです。

その点せどりは、自分が勉強をしてスキルを身につけた分、利益につながりやすいものです。

経験がなければ稼げないのは当然のこと。

継続すればコツをつかめるようになるでしょう。

せどりの仕組みもシンプルなので、初心者にもおすすめのビジネスと言えます。

もし、精神的に苦しくなったら、仲間をつくるのもおすすめ。

苦しさを分かち合えるだけでなく、

仲間からのアドバイスなどももらいせどりをより楽しめるでしょう。

せどりの大変なポイントまとめ

せどりの仕組みはシンプルで、経験を積めば売れる商品も見極められ、

利益を出せるようになるでしょう。

電脳せどりであれば在宅で仕入れや出品ができ、隙間時間で作業もできます。

副業としては体力的にも楽で、稼ぎやすいとも言えます。

しかし、せどりは楽なことばかりではありません

電脳せどりでも商品によっては店舗を回って利益の出る商品を探さなければならなかったり、

リサーチに時間がかかったりすることもあります。

リサーチの経験を積まなければ利益を出せず、利益が出なけば仕入れたい商品も仕入れられず、

精神的に参ってしまいます。

購入者のなかには悪質な人もいるため、

クレーム対応やアフターケアに神経をすり減らすこともあるでしょう。

稼ぐことも可能なせどりですが、苦しいことや大変なことも多いという点は認識しておきましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。