• ホーム
  • >
  • フリマアプリ・プラットフォームの基礎知識
  • >
  • ラクマ
  • ラクマでアカウントを複数つくることはできる?バレると高リスク!

    ラクマでアカウントを複数つくることはできる?バレると高リスク!

    ラクマの複数アカウントについて規約と共に詳しく解説をしていきます。

    • アカウントを複数つくることはできる?
    • 複数アカウント所持がバレるとどうなるか?
    • 別アカウントの所持がバレる理由

    などラクマの複数アカウントについて紹介しているので、複数アカウントでわからないことがある方は、ぜひ続きを読み進めてみてください。

    当メディア(物販ラボ)では1000名以上の方に転売・物販の指導実績があり、こちらの記事はネット販売の経験が8年の経験と知見による内容になっています。

    記事の最後では「ラクマスタートマニュアル」を配布しています。ぜひ最後まで読んでいただき、活用してください!

    ラクマプレゼント
    監修者松下 隆史

    Amazon・Yahooショッピング!でのネット物販の専門家。前職はトラックドライバーで40代半ばから副業でネット物販を開始。4ヶ月で本業の収入越える。200名以上のネット物販のサポート、在宅で出来るネット物販の指導にてストアカアワード受賞の講師。SNS:TwitterLINE
    松下 隆史のプロフィール

    執筆者中川 瞬

    物販ラボ運営責任者、アマラボ(物販ツール)の共同開発者、Amazon、ebay、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、BUYMA、メルカリ、ラクマ、ヤフオクフリマ、Mercadolibre、etsy、BONANZA、ネットショップとあらゆる販路で販売。
SNS:TwitterLINE
    中川 瞬のプロフィール

    ラクマでアカウントを複数つくることはできる?

    以下の理由から、ラクマで複数アカウントを作成したい方もいるでしょう。

    • 出品と購入アカウントを分けたい
    • 物販とプライベート用を分けたい
    • 商品カテゴリー別に分けたい
    • 商品の露出を増やしたい

    登録情報や端末を変えれば、別の人がアカウントを作成したことになるため、ラクマのアカウントを複数分けることは可能です。ただし、ラクマ運営に知られると強制退会になる恐れがある点に注意が必要です。

    アカウントがなくなればラクマでの物販自体ができなくなるため、規約に従って1人1アカウントでの運営が基本となります。

    ラクマでの複数アカウントの作成について、規約を参考に詳しく見ていきましょう。

    規約違反に当たる禁止事項

    実は、ラクマ規約には、以下のように複数アカウントを禁止する内容が書かれています。

    Q:ショップを複数持つことはできますか?

    ひとりで持つことのできるショップは1つのみです。
    複数のショップを持ったり、複数のアカウントを登録することはできません。

    出典:楽天ラクマ

    しっかりラクマの規約に複数アカウントの禁止内容が書かれているため、1人が1アカウント以上作成することはできません。もし、1人が複数のアカウントを作成したときは、ラクマの規約違反となります。

    7.ラクマ会員は複数のラクマ会員アカウントを持つことができないものとします。

    8.ラクマ会員は、会員登録を行った本人のみがアカウントを利用するものとし、本人以外にアカウントを利用させた場合又は本人の過失によって他者にアカウントを利用された場合、当該利用により発生する法的効果は原則として本人に帰属するものとします。

    9.ラクマ会員は、本人の楽天会員アカウントとラクマ会員アカウントを紐づけて、本サービスを利用する必要があります。

    出典:楽天ラクマ

    上記のように、ラクマ規約7~9には、「本人だけがアカウントを使用できる」とあります。さらに、ラクマは楽天グループのひとつのため、楽天会員アカウントとラクマアカウントを紐づけなければなりません。

    ラクマの規約に「複数アカウントはNG」だと記載されている以上、ラクマを使うなら規約を守る必要があります。

    複数アカウントが禁止されている理由

    ラクマで複数アカウント作成が禁止されているのは、理由があるからです。
    複数の理由があるため、次の項目で詳しく見ていきましょう。

    悪質なユーザーによる違反行為を防ぐため

    ラクマでは、悪質なユーザーを特定しやすくするため、複数アカウントを禁止しています。たとえば、詐欺目的で商品をラクマで売るユーザーが、複数アカウントを作成することがあります。

    異常な価格での転売や、偽物を本物だと偽って出品する悪質なユーザーがいたとしても、複数アカウントがあると特定できず、被害者を救済することが難しくなるからです。

    悪質なユーザー
    • 意味もなく低評価を付ける
    • 嫌がらせの通報をする
    • 意味のないコメントで邪魔をする
    • 自作自演による評価アップ

    これらの行為をされたユーザーが運営側に通報しても、複数アカウントを持っていると本人を特定しづらくなり、対処することができなくなるため、複数アカウントは禁止されています。

    不正なポイント入手を防ぐため

    ラクマで複数アカウントを持っていると、ポイントを二重取りできるようになります。しかし、同じ人が複数アカウントでポイントをもらう方法は不正行為です。

    不正でのポイント取得を防ぐため、ラクマでは複数アカウント作成はできません。たとえば、以下のように楽天ポイントの二重取りが不正行為に当たります。

    楽天ポイントの不正な二重取り行為
    • 1人が同じキャンペーンに参加
    • クーポンを多く取得する
    • 友人招待によるポイント取得

    特定の人がポイントを不正に取得すると、ラクマの運営に影響を及ぼします。
    不正を防ぐ理由からポイントの還元率が悪くなる恐れもあり、正しくラクマを使用している人に迷惑がかかる行為なので、絶対に止めてください。

    ラクマ自体のマナーの向上を促すため

    ラクマで複数アカウントを禁止しているのは、マナー向上の意味もあります。
    1人が複数アカウントを作成できれば、低評価が付いても「新しくアカウントを作成し直せばいい」と考えてしまい、マナーが悪くなる恐れがあります。

    複数アカウントを作成できれば、捨てアカウントが増えてしまうでしょう。
    自分のアカウントの評価を高めるための自作自演や、サクラで価格を不正に吊り上げる行為もできてしまいます。

    このような理由から、1人ひとりがマナーを守るようにするため、複数アカウントは作成できないようになっています。
    無料動画のご視聴はこちら

    ラクマで複数アカウント所持がバレるとどうなる?

    ラクマで複数アカウントを作成していることが運営に知られたら、どうなってしまうのでしょうか。実は、2つのペナルティリスクがあります。

    アカウント停止処分を受ける

    ラクマで複数アカウントを持っていることが運営に知られた時点で、アカウント停止処分になるでしょう。アカウント停止処分では、以下のような行為ができなくなります。

    アカウント停止処分でできなくなる行為
    • 出品商品が取り消される
    • 出品や購入ができなくなる
    • コメントができなくなる

    複数アカウントは不正利用の恐れがあるため、重いペナルティです。

    基本的には、無期限でアカウント停止になり、復旧のめどは立ちません。
    アカウント自体はなくなっていませんが、二度とラクマを使えないと考えたほうがいいでしょう。

    強制退会処分を受ける

    最悪のケースでは、ラクマから強制退会処分を受けることになります。強制退会は最も重いペナルティで、アカウント自体がなくなり、以下のデメリットがあります。

    強制退会のデメリット
    • 売上金を引き出すことができない
    • アカウントの作り直しができない

    ラクマで強制退会になれば、今まで稼いだ売上金は没収されます。
    不正行為で得たお金なので、当然の処分だといえるでしょう。

    売上金が没収されただけならまだいいほうで、違法行為が悪質な場合は刑事処分を受けるリスクもあります。

    ・(関連)ラクマを退会したい場合はどうする?手順と注意点を解説!

    ラクマに限らず、利用規約を守り、正しい物販のノウハウに基づいて運用することがビジネスを成功させる秘訣です。

    公式LINEでは、詳しい物販のノウハウを提供しています。
    LINE登録して是非情報をチェックしてみてください。
    無料動画のご視聴はこちら

    ラクマで別アカウントの所持がバレる理由

    なぜ、ラクマで複数アカウントを作成するとバレるのでしょうか。
    実は、個人を特定する方法があるのです。

    登録情報や端末

    ラクマに登録している情報が同一なら、複数アカウントはバレます。

    • 口座情報が同じ
    • 住所・氏名・電話番号などが同じ
    • 同じ携帯電話を使用している
    • 同じSNSアカウントを使用している

    住所・氏名・電話番号・メールアドレスはラクマ登録に必要になる情報です。
    これらの個人情報が同一であれば、ラクマ運営側は容易に複数アカウントを特定できます。

    また、売上金の振込先に同じ銀行を指定すると、複数アカウントはバレやすいでしょう。ラクマでは本人名義以外の銀行口座を振込先として登録することはできません。

    携帯電話には個体識別番号が振り分けられており、ラクマは1つの端末で1度しか登録できません。SNSで登録している場合は、同一のSNSアカウントでバレる恐れがあります。

    出品商品の類似

    ラクマの登録情報を完全に分けて複数アカウントを作成したとしても、似ている商品を出品している際に、バレる恐れが出てきます。

    どちらも同一人物だと証明する証拠はないため、バレるリスクは少なくなりますが、運営側に疑われると本人確認の身分証提示を求められる恐れがあります。

    偽の身分証を提示するわけにはいかず、結局は複数アカウントがバレてしまうでしょう。

    ユーザーからの通報

    他のユーザーから通報があると、それをきっかけに複数アカウントがバレやすくなります。通報があったのは、悪質な対応があったからで、ラクマ運営側が身分証の提示を求めれば、複数アカウントはバレる恐れが高いでしょう。

    通報があったからといって、すべてラクマの調査が入るわけではありません。
    軽いペナルティで済む程度の問題なら、調査が入らないことはありますが、複数アカウント所持が不正利用目的なら、バレるリスクは高いといえます。

    本人確認

    ラクマで50,001円以上の商品を出品するときに、本人確認があります。
    本人確認があるのは、取引完了後・売上金受取時・売上金利用前です。

    出品しただけでは本人確認の対象とはなりませんが、高額商品を出品するなら売上金を受け取らないと意味がないため、本人確認は必須だと考えてください。

    高額商品の出品は本人確認のため身分証の提示が必要になり、複数アカウント所持がバレるきっかけとなります。
    無料動画のご視聴はこちら

    【注意点】家族でラクマをする場合複数アカウントと見なされるリスクがある

    家族間で1つのアカウントを共有することはラクマの規約違反です。

    家族が持っているラクマアカウントを利用して、家族が代理で商品を購入することはよくありますが、出品を考えているなら避けるようにしてください。

    個人情報・銀行口座・利用端末が同一であれば、故意に家族のアカウントから出品したわけじゃなくても、アカウント停止や強制退会のリスクがあるからです。

    家族がラクマを使っているなら、必ず以下の情報を分けましょう。

    分けるべきアカウント情報
    • 銀行口座
    • 使用端末
    • メールアドレス

    家族と住所が同一になるのは問題ありませんが、銀行口座や端末などを共有していると、複数アカウント作成とみなされる恐れがあるため注意してください。

    また、意図的に家族の名義で複数アカウントを作成することも規約違反となるため避けてください。

    ・(関連)ラクマアカウントの作り直しや再登録はできる?利用規約から確認!

    まとめ ラクマで複数アカウントをつくるのは避けよう

    ラクマで1人が複数アカウントを作成するなら、登録情報や端末を分けることになります。しかし、家族の名義を借りて登録する方法や、端末を複数用意し複数アカウントを使い分ける方法は、リスクでしかありません。

    ラクマでは、1人1アカウント作成の規約があります。

    規約違反になれば、アカウント停止や強制退会のリスクがあり、二度とラクマが使えなくなる恐れがあるため、正しく使用するようにしましょう。

    物販ラボでは「ラクマスタートマニュアル」も無料配布しています

    これからラクマを始めるのに必須のノウハウをまとめています!興味のある方はぜひ下記からプレゼントを受け取ってください。

    ラクマプレゼント
    Visited 703 times, 2 visit(s) today

    あなたにおすすめの記事

    ラクマでは返品に応じないとならない?返品が必要なケースを解説

    ラクマでは返品に応じないとならない?返品が必要なケースを解説

    目次ラクマでは返品に応じないとならない?ラクマで返品拒否をするとどうなる?ラクマの返品拒否に関してよくある疑問返品不可と書いていても応じなければならない?配送中の商品破損も返品に応じなくてはならない?不当な返品を要求され...

    2024.05.26 更新

    ラクマの値下げ通知ってなに?上手な活用方法を紹介!

    ラクマの値下げ通知ってなに?上手な活用方法を紹介!

    目次ラクマの値下げ通知ってなに?ラクマの値下げ通知の活用方法とポイント値下げ通知を活用したい商品「いいね」は付いているがなかなか売れない季節ものの商品相場よりも高額で出品している商品通知を飛ばす時間帯や曜日も考慮する通知...

    2024.05.26 更新

    ラクマはスマホの機種変更をしても使える?手順と注意点を解説

    ラクマはスマホの機種変更をしても使える?手順と注意点を解説

    目次ラクマをスマホの機種変更後に使用するには?機種変更前にやっておくことメールアドレス・パスワードを確認しておく出品中・取引中の商品がないか確認しておくラクマアカウントの引き継ぎ方法(新しい端末でログイン)機種変更後にラ...

    2024.05.26 更新

    ラクマで利用制限を受けた場合はどうする?解除方法や理由を解説

    ラクマで利用制限を受けた場合はどうする?解除方法や理由を解説

    目次ラクマの利用制限の種類機能制限アカウント停止強制退会ラクマで利用制限をされた際の解除方法機能制限の場合アカウント停止の場合強制退会の場合ラクマで利用制限をされるのはなぜ?直接取引専用出品偽物の販売禁止されている商品の...

    2024.05.26 更新

    ラクマアカウントの作り直しや再登録はできる?利用規約から確認!

    ラクマアカウントの作り直しや再登録はできる?利用規約から確認!

    目次ラクマアカウントの作り直しはできる?退会後のアカウント作り直しは基本的にはできない全く別のアカウントでの再登録も規約違反に当たるラクマのアカウント作り直しに関連したよくある疑問アカウント復元申請のやり方は?ラクマで複...

    2024.05.26 更新

    ラクマの購入方法を初めてでもわかるよう徹底解説!

    ラクマの購入方法を初めてでもわかるよう徹底解説!

    目次ラクマでの商品の買い方と流れ【事前準備】アプリをダウンロードし会員登録をする欲しい商品を探す送料負担や商品の状態をチェックする「購入へ進む」をタップする購入申請がある場合は出品者に申請を送る支払い方法を選択する支払い...

    2024.05.26 更新

    ラクマで後払いで商品を購入する方法|ラクラクあと払い(ペイディ)の使い方と詳細

    ラクマで後払いで商品を購入する方法|ラクラクあと払い(ペイディ)の使い方と詳細

    目次ラクマのラクラクあと払い(ペイディ)とは?ラクラクあと払い(ペイディ)の特徴や仕組み支払い方法と手数料・支払い期限ラクマの支払い方法をラクラクあと払い(ペイディ)にするやり方支払い方法の画面で「ラクラクあと払い(ペイ...

    2024.05.26 更新

    ラクマでクレジットカード決済が失敗してしまう原因と解決策を徹底解説!

    ラクマでクレジットカード決済が失敗してしまう原因と解決策を徹底解説!

    目次ラクマでクレジットカード決済が使えない原因と解決策ラクマに登録できないクレジットカードを使用しているクレジットカードの入力情報に間違いがあるクレジットカード会社にて利用停止をされている支払いの延滞利用可能額が上限に達...

    2024.05.26 更新

    ラクマで購入した商品の返品方法を徹底解説!

    ラクマで購入した商品の返品方法を徹底解説!

    目次ラクマで購入した商品を返品できる条件受取評価をしていない返品理由が出品者の過失であるラクマの返品・返金の流れ【購入者】メッセージを利用してキャンセルを希望する旨を伝える【出品者】キャンセルに同意をする【購入者】商品を...

    2024.05.26 更新