ラクマで詐欺に遭ったら返金してもらえる?詳しい対処法を解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
ラクマで詐欺被害に遭った際の対処方法について知りたい(わからない)
という方のために、返金の有無や対処法などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ラクマで詐欺被害に遭ったら返金してもらえるかどうかがわかる
  2. 返金してもらうための方法がわかる
  3. ラクマカスタマーサポートへの問い合わせ手順がわかる
  4. 詐欺に遭わないための注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、

現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ラクマで詐欺被害に遭ったら返金してもらえるかどうかについて、

解説をしていきます。

 

ラクマで詐欺被害に遭ったら返金してもらえる?

ラクマは、さまざまなアイテムが出品されている、

人気のフリマアプリです。

安価で手に入るアイテムも多く、

物販ビジネスの仕入れ先として利用する方も少なくありません。

ただラクマには、

詐欺目的で商品を出品している者が、少なからずいます。

では、仮に詐欺の被害にあったとして、

返金はしてもらえるのでしょうか。

結論からいえば、

返金してもらえるかどうかはケースバイケースです。

出品者とやり取りをし、

その結果返金にいたる可能性はありますが、

場合によっては出品者がそのまま逃亡してしまうおそれもあります。

このような場合、

出品者が見つからなければ返金は難しいかもしれません。

万が一見つかったとしても、返金するお金がない、

と言い張られてしまう可能性すらあります。

返金してもらう方法

ラクマで詐欺に遭ったとき、

返金してもらう方法としては3つ挙げられます。

出品者に問い合わせをする、

ラクマカスタマーサポートに連絡する、

警察や弁護士に相談するの3つです。

ただ、ここでお伝えする方法を実践しても、

必ず返金されるわけではないことは、理解しておきましょう。

先ほどお伝えしたとおり、

返金されるかどうかはケースバイケースです。

それを踏まえたうえで読み進めてください。

出品者に問い合わせをする

ひとつめの方法は、

出品者への問い合わせです。

明らかに、画像とは異なる品が送られてきた、

まったく違うものが届いた、商品が届いていない、

といったケースで、詐欺が疑われるのなら、

出品者に問い合わせをするのはひとつの手です。

取引が継続中の場合は、

出品者へ問い合わせをし、

取引のキャンセルを行ってもらうことでラクマカスタマーサポートより購入者へ返金されます。

もし取引終了後に商品の不備等に気付いてしまった場合は注意です。

出品者に問い合わせをし、

返金に応じてくれたのなら、金融機関の振込先を伝えて返金してもらいましょう。

振り込みによる対応をしていないのなら、

現金書留で送ってもらいます。

なお、メッセージでやり取りできるのは、

取引終了後から1週間以内です。

先延ばしにしてしまうと、

メッセージでのやり取りができなくなってしまうため、注意してください。

ラクマカスタマーサポートに連絡する

ラクマカスタマーサポートでは、

ユーザーのさまざまな相談やトラブルに対応しています。

詐欺の被害に遭ったのが明白で、きちんと証拠もあるのなら、

ラクマカスタマーサポートに相談すれば、返金してもらえる可能性が大です。

このケースでは、出品者ではなく、

運営事務局から返金されます。

実際に、ラクマで詐欺に遭ったものの、

カスタマーサポートに問い合わせをして返金対応をしてもらった、

といった声はインターネット上で多く見受けられます。

詐欺に遭ったからと泣き寝入りせず、

まずはカスタマーサポートに連絡してみましょう。

ラクマカスタマーサポートへの問い合わせ方法については、

のちほど詳しく解説します。

警察や弁護士に相談する

出品者に返金を要求したものの、まったく対応してくれない、

カスタマーサポートも何らかの事情で対応してくれない、

といった場合における最後の手段です。

警察や弁護士など、その道の専門家に相談してみましょう。

いきなり警察に相談するのは抵抗がある、

といった方は、

まず弁護士に相談してみることをおすすめします。

通常、弁護士に相談すると費用が発生しますが、

法律事務所の中には初回相談無料のところもあります。

このような法律事務所を選べば、

費用を抑えられるでしょう。

警察に相談するときは、

どのような被害に遭ったのか、

どういった状況だったのか、

といったことをできるだけ詳しく説明してください。

確実に返金される保証はありませんが、

問題解決の糸口はなる可能性があります。

ラクマカスタマーサポートへの問い合わせ手順

明らかに詐欺である場合には、

ラクマカスタマーサポートに問い合わせをしてください。

詐欺である可能性が大きいのなら、

ラクマカスタマーサポートから返金してもらえる可能性があります。

ラクマカスタマーサポートへの問い合わせ手順は、

それほど難しくありません。

取引画面にアクセスし、

キャンセルのQ&Aを選択、

問い合わせ内容に記入して送信するだけです。

以下、ラクマカスタマーサポートへの、

詳しい問い合わせ手順をお伝えします。

取引画面にアクセス

まずは、詐欺に遭ったときの取引画面にアクセスします。

取引画面にアクセスしたら、商品IDを確認してメモしてください。

[商品情報]から、[商品ID]を選択し、長押しすればコピーできます。

念のため、メモ帳などにペーストしておくと安心です。

キャンセルのQ&Aを選択

画面左上にある、メニューボタンをタップしましょう。

メニューが開くと、出品リストや購入リスト、

フォローリストなどが展開されます。

[ご利用ガイド]の下にある、[ヘルプ]をタップしてください。

タップすると、ヘルプ画面に移動します。

ヘルプ画面からは、

取引で発生したさまざまなトラブルに関する解決の糸口を見つけられます。

出品者とのトラブル、購入者とのトラブルなど、

複数の項目が用意されていますが、

ここでは[キャンセルのQ&A]をタップしましょう。

次に、[購入者向け取引をキャンセルしたい]をタップしてください。

問い合わせるを選択

移動した画面を、下にスクロールしていきます。

一番下に、[問い合わせる]のボタンが用意されているので、

タップしてください。

問い合わせ内容を入力するフォームが表示されるので、

まずは最初のステップでコピーした商品IDを貼り付けます。

そのうえで、問い合わせ内容を入力してください。

どのような経緯で詐欺に遭ったのか、

どのような被害に遭ったのかといった内容を、

できるだけ詳細に記載しましょう。

お金を騙しとられた、といった簡単すぎる文面では、

対応してもらえない可能性があります。

入力したら、[送信する]をタップ。

後日、ラクマカスタマーサポートから返信があるので、

内容に目を通したうえで対応してください。

詐欺に遭わないための注意点

ラクマで詐欺に遭わないためには、自己防衛も必要です。

ラクマで詐欺に遭う方の多くは、

取引相手をきちんと見極められなかったことが、

原因であるケースが少なくありません。

「もしかすると、詐欺かもしれない」と警戒心や危機感をもって、

ラクマを利用しましょう。

以下、ラクマで詐欺に遭わないための注意点をまとめました。

取引相手の評価を確認する

ラクマには、評価システムが採用されています。

ユーザーの取引実績に応じて、

評価の数字が変化します。

取引を行う前に、相手の評価は必ず確認しましょう。

評価が0である、もしくは極端に少ない、

といったケースでは、

詐欺の可能性が否めません。

このようなユーザーは、

信頼するに足りないため、詐欺の被害に遭う可能性があります。

可能な限り、このようなユーザーとの取引は控えたほうがよいでしょう。

取引完了まで受け取り評価をしない

取引が終わる前に評価をしてしまうと、ラクマの運営は関知してくれなくなってしまいます。

商品や取引に満足したからこそ、

評価をした、とみなされてしまうからです。

こうなると、あとから詐欺であると訴えても、

運営は相手にしてくれません。

このような事態を回避すべく、

取引前に評価をするのは控えましょう。

やり取りは保存しておく

やり取りの内容を保存しておくのも、

被害を回避するひとつの方法です。

やり取りの内容を記録しておけば、

万が一被害に遭ったときの証拠にもなるので、

返金してもらえる確率が高まります。

やり取りの内容を記録するのは簡単です。

スマートフォンの、スクショ機能を用いれば、

やり取りしている画面を簡単に保存できます。

もしかすると詐欺かもしれない、

と感じたときは、できるだけこまめにやり取りを記録しておきましょう。

きちんと手続きをして泣き寝入りを回避しよう

ラクマは、物販ビジネスの仕入れ先としても人気ですが、

いまだに詐欺の被害が後を絶ちません。

取引した商品によっては、

多額の資金を失ってしまうおそれもあるので、

被害に遭わないよう細心の注意が必要です。

詐欺に遭わないのが一番ですが、

万が一遭ってしまったときは、

本記事でお伝えした対応を試してみましょう。

泣き寝入りは詐欺をのさばらせてしまうので、

きちんと手続きをして対応してください。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。