電脳せどりは主婦におすすめ!その理由や始め方・稼ぐポイントを解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
主婦に電脳せどりが最適な理由について知りたい(わからない)
という方のために、電脳せどりのメリットや始め方などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 主婦に電脳せどりがおすすめの理由がわかる
  2. 電脳せどりの準備から販売までの主な流れがわかる
  3. 電脳せどりで主婦が稼ぐ方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、電脳せどりが主婦におすすめの理由や販売までの一連の流れなどについて解説していきます。

なお、まずは電脳せどりとはどういったものか詳しく知りたいという方は以下の記事をお読みください。

>>電脳せどりとは?

主婦に電脳せどりがおすすめの理由

電脳せどりは、店舗せどりのように街中の店舗から購入するといった形で

商品を仕入れるわけではありません。

インターネットで商品を仕入れて、販売サイトで売る転売方法です。

店舗せどりも人気ではありますが、忙しい主婦だからこそ電脳せどりがおすすめです。

空いた時間を使って仕入れが可能

電脳せどりはパソコンやスマホ、タブレットから売りたい商品を購入できます。

そのため自宅や外出先など、場所を選ぶことなく仕入れが可能です。

わざわざ店舗へ出向いて商品を仕入れるとなると、時間や手間もかかります。

さらに大量購入している姿を怪しまれたり、

転売していることが知り合いにバレてしまったりする可能性もゼロではありません。

電脳せどりならそのような問題を解消し、

手間や仕入れ時間を大幅に削減した安全な副業ができます。

自分のペースでリサーチができる

店舗せどりとは異なり、自分のペースで納得いくまでリサーチできる点もポイントです。

せどりを副業でやっている方の中には、仕事帰りに店舗に仕入れに行く人も多いでしょう。

しかし、店舗で仕入れるとなると営業終了時間を気にしなくてはいけません。

そのため、ほかの店舗やサイトで販売されている商品とじっくり比較することなく、

仕入れてしまう可能性があります。

電脳せどりであれば、間違えて商品を仕入れてしまった場合、簡単にキャンセルできます。

また、店舗せどりのようにその場で仕入れの判断ができず、

店舗を離れてやっぱり仕入れに戻るといったこともありません。

>>電脳せどりと店舗せどりの違いとは?メリットデメリットを比較!

主婦が電脳せどりを始めるためには?

続いて、家事や育児、

仕事にも追われる忙しい主婦でもできる電脳せどりの流れを紹介していきましょう。

準備から出品までの流れをまとめていくので、

ぜひ参考にして電脳せどりをスタートしてみてください。

電脳せどりに必要なものを揃える

電脳せどりを始めるためには、必要なものを揃えることから始まります。

絶対に揃えなければならないのは、まずはパソコンやスマホ。

電脳せどりはスマホでも手軽に行えますが、パソコンを使用する方がやりやすい事柄も多いです。

パソコンを使って電脳せどりを行う場合、こちらの記事も参考になるでしょう。

>>電脳せどりに使うパソコンのスペックはどれくらいあればOK?

そして、次に必要なのが、リサーチツール、仕入れ資金、出品先のアカウントなどです。

リサーチツールとは、電脳せどりの利益商品を探せるWebサイトで、

利用料がかかるものの、こちらがあることで儲けに期待できるせどりが行えるようになっています。

リサーチツールは月額2,000円程度といったように少々お金はかかりますが、

必要経費として当たり前の準備として導入しているせどらーが大半です。

また、出品先としてフリマサイトを選んでいる人は多いです。

手軽に閲覧できるフリマサイトは、男女関係なく色々な年齢の方が利用しています。

そのため、たくさんの人の目に入ることで売れる確率も高くなりますし、

売れるスピードも速くなるなどのメリットが得られます。

上記にプラスしてプリンターがあると、

ネットで仕入れた商品を納品する際に必要な添付書類を印刷することができて便利です。

>>電脳せどりに必要なものはこちら

仕入れ商品のリサーチをする

商品を、ただやみくもに仕入れるばかりでは稼げるせどりにはなりません。

しっかりと結果を出すためには、リサーチが大事になってきます。

せどりは、商品を相場価格よりもできるだけ安く仕入れることで儲けが出ます。

この仕組みを実現するために、稼ぎ上手のせどらーは安く仕入れられる商品を在庫処分、

ワケあり商品などといったキーワードで絞り込んで検索が必要です。

また、セール品コーナーやアウトレットコーナーも、くまなくリサーチしているのです。

この作業で、スピーディーなリサーチができます。

ただし、どの商品も簡単にリサーチが終了するわけではありません。

せどりにおいて、地道なリサーチはどうしても欠かせない作業になってきます。

商品を仕入れたら価格を設定する

地道なリサーチ作業によって安く仕入れられる商品を購入したら、

販売価格の設定を行っていきます。

ただし、電脳せどりというのは仕入れた商品は自分の手元に来るまで、

どんな状態なのか詳しく確かめることができません。

商品が手元に届いたら、すぐに状態を確認してください。

検品作業で傷や汚れ、動作不良に問題がなければ価格設定を行っていきます。

この際、ほかの販売価格を参考にすることが大切です。

販売価格は安すぎても利益が出ませんし、反対に高すぎると買い手が付かないでしょう。

相場価格を、常に把握しておかなければいけません。

忙しい主婦やせどり経験のない方は、ほかの商品と比較したりツールを活用したりして、

うまく販売価格を決めていきましょう。

設定した価格で販売する

価格設定ができたら、商品を実際に販売していきます。

販売先では、なるべく多くの検索にヒットするようにキーワードを盛り込んだり、

【新品】【美品】【お得】といったように、

目玉商品であることがわかるタイトル設定をしたりするのがおすすめです。

そのほかにもわかりやすい商品説明を心掛けたり、

商品画像にこだわってきれいな画質で撮影したり、

販売時にもさまざまな工夫が必要になってきます。

なかなか売れないという場合には、販売価格を見直すことも重要です。

現役の電脳せどらーは、販売場面においてもツールやサービスを利用して効率化を図っています。

商品が売れた際に送る、購入者へのサンクスメールを自動化している人もいれば、

販売だけ委託している人もいます。

慣れてきたら、販売も賢くスピーディーにできるようにしていきましょう。

こちらの記事えでは初心者向けにさらに詳しく解説しているので併せて参考にしてください。

>>電脳せどりは初心者でも稼げる?始め方や稼ぐポイントを解説

主婦が電脳せどりで稼ぐためのポイント

電脳せどりの流れを把握しただけでは、稼ぎにはつながらないのが現状です。

出品者や件数が増えつつある現在は、あらゆるポイントを理解しておくことが重要になってきます。

そこでここからは、忙しい主婦でもできる電脳せどりの稼ぐポイントを、

詳しく紹介していきましょう。

仕入れの基準目安

仕入れの基準目安についてですが、これは商品にもよっても多少異なります。

だいたい、利益率20%以上を見込める商品を仕入れるのがおすすめです。

利益率20%と聞くと、正直あまり良くないと考えてしまう人が多いことでしょう。

電脳せどりであれば、利益率20%~40%という人がほとんどです。

ただし、利益率60%となる場合もあるので、

日頃から相場をよく確かめておくことが重要になります。

ここでもう一つ覚えておきたいのが、商品が売れるまでの期間です。

商品は、2週間以内に売れることが理想的と言えます。

それ以上になってしまうと、物によっては相場価格が大きく変動してしまうからです。

初心者の方は、とにかく20%以上の利益率と早く売れる商品を選ぶようにするのがおすすめです。

仕入れ商品のリサーチのコツ

電脳せどりのやり方やコツなどは、今やさまざまな場所からでも知識を得られるようになりました。

しかし、リサーチに関しては未だに多くのせどらーを悩ませています。

続いては、商品を仕入れる際に覚えておきたい、リサーチのコツを紹介していきましょう。

できるだけ商品を限定せずにリサーチする

せどりとなると、多くの方が自身の好きなものや知識がある商品を扱う傾向にあります。

しかし、扱う商品を限定してしまうと、

思わぬ利益が出るチャンスを逃してしまう可能性もあるのです。

商品はできるだけ限定せずに、幅広く対象でリサーチを進めていきましょう。

おすすめなのは、おもちゃ、ゲーム、本、家電、CD、DVD/Blu-ray、コスメです。

幅広い商品ジャンルをリサーチしていくこと身に付けるだけで、

利益が出る商品が見つけやすくなります。

また、電脳せどり初心者にはセラーリサーチもおすすめです。

こちらの記事で解説しているのでぜひチェックしてください。

>>電脳せどり初心者におすすめ!「セラーリサーチ」のやり方を伝授

利益計算は手数料にも配慮する

安く手に入れた商品を、仕入れ価格よりも高く販売したことで安心しきってはいけません。

電脳せどりは、商品をネットから仕入れるため送料が発生するうえに、

商品の販売先によってはいろいろな手数料もかかります。

とくに、販売にかかる手数料はサイトによって大きく異なります。

たとえば、大手フリマアプリのメルカリでは、

商品が売れた際に販売額の10%が手数料として引かれてしまうのです。

また、集荷サービスを利用した場合、らくらくメルカリ便の場合、

送料とは別に30円の手数料がかかります。

売上金を口座に移動する際も1回200円の手数料がかかります。

このように多数の手数料がかかることがあるので、

販売サイトをよく確認しておくようにしましょう。

中古品の仕入れでは価格差を確認する

せどりは、中古品も扱うことが多くなります。

ただし、中古品を扱う際には新品との価格差に注意しなければなりません。

たとえば、新品価格8,000円の商品が中古だと2,000円で売られているとなったら、

多くの人が圧倒的に安い中古品に注目することでしょう。

これは、新品価格が高ければ高いものほど、中古品で我慢する人が多いからです。

しかし、新品価格8,000円の商品が、7,600円の中古で売られていたとします。

この場合は新品価格と中古価格の間にあまり差がないことから、

多くの人が新品を購入しようと考える傾向が強くなってしまうのです。

上記のように、新品との価格差が少ない場合は、

中古品の売れ行きが伸びない可能性もあるということを、頭の中に入れておく必要があります。

売れる商品であるかリサーチする

価格は利益を左右する大事な指標ですが、それ以前に売れる商品を扱わなければ儲けが出ません。

売れる商品は、仕入れるサイトの売れ行き情報を見ればわかります。

価格の変動が激しく、利益がでるかどうかが安定しない場合もあります。

そこで役立ってくるのが、リサーチツールです。

リサーチツールを使用すればその商品がいくらで売れるのか、

そして何日で売れるのかを予測してくれます。

電脳せどりを、副業としてやっていきたいと考えているのならば、

高回転率が目指せるリサーチツールを導入していきましょう。

>>電脳のツールについてはこちら

商品を売るコツ

続いては、商品を売るコツについて解説していきます。

電脳せどりは競争率も高いため、

ただ単に商品を並べているだけでは販売につながらないことも多々あります。

そんな問題を解決するために、以下のコツを参考にしてみてください。

初めは安さで勝負する

せどりを始めたばかりの時は、販売実績がないので、

高い価格設定では売れない可能性があります。

ユーザーは、高額商品を買ったにもかかわらず発送されない、

販売サイトに掲載されている画像と大きく違うものが届いたといったリスクを回避したいからです。

せどり経験ゼロの方は、

最初から信頼ある取引ができる人だとはみられていないと考えておきましょう。

初めのうちは、安さを売りに実績を増やしていくのがおすすめです。

複数の実績を積み重ねることでAmazonであれば、

目立つ位置の商品を掲載できるカートも獲得しやすくなります。

中古品は状態に合わせて価格を設定する

中古品は、コンディションが良いほど販売価格も高くなります。

例として、Amazonのコンディション表示を説明すると

「可」「良い」「非常に良い」「ほぼ新品」があり、

「ほぼ新品」の状態では新品に近い価格で販売できるのです。

ただし、同じ商品の同一コンディションであっても、傷や色褪せなど多少の違いはあります。

もしAmazonで販売を行うのならば、商品説明は詳しく記載するようにしましょう。

商品説明が明確に記載されていると、ユーザーの不安を払拭できます。

同一コンディションの、ライバル商品より注目されやすくなるのです。

とくに、商品の状態まで記載されてあるとより信頼度は高まります。

たとえば、空気清浄機はフィルターが付属しているかどうか、

フィルターの汚れ具合などの情報もプラスし、それに見合う価格設定を行っていきましょう。

定期的に価格を調整する

価格は、場合によっては数日間で大きく変動するため、残念ながら売れないこともあります。

売れない価格で販売していては、買い手が付くことはほとんどないと考えましょう。

一度出品した商品は、価格調整を行う必要があります。

価格は、出品したあとからでも自由に変更することが可能です。

売れないということは、

人気がない・商品の状態が悪い・商品価格が高い・もしくは低すぎて信頼できないかのどれかです。

多くの場合が、商品価格の高さがネックになっており、

手が出ないことが売れない原因になっているので、

相場と比較しながら値段を調整してみてください。

場合によっては、仕入れ時よりも安い価格で販売しなければいけないこともあります。

こうしたケースは損切りと呼ばれ、

早めに手を打っておくことで大きな損失を防ぐことができるでしょう。

評価依頼メールを出す

商品販売サイトでは、商品が売れると出品者の対応の良し悪しが評価されるようになっています。

良い評価が増えれば出品者の信頼度は上がり、次の購入にもつながるでしょう。

評価を付けて、取引が完了するというサイトもあります。

Amazonで販売する場合は、評価依頼メールから評価を付けてもらわなければなりません。

そのため、評価依頼メールは取引の度に最低限やっておくことが必要です。

ただし、高評価を強要するような文言や、

評価をつけることで特典が付くといった手口はNGです。

上記の言動は、出品者とストアの印象を悪くしてしまう要因となります。

また、評価依頼メールは購入者の元に商品が届く数日後に送るのがベストです。

すぐに送ってしまうと、評価を催促しているように捉えられてしまいます。

ユーザーが、しっかりと商品の状態を確認できるタイミングではありません。

注文を受けてから、5~7日後に送るというせどらーが多いようです。

主婦でも簡単に始められる電脳せどりにチャレンジしてみよう

今回は、忙しい主婦も実践できる電脳せどりの特徴と一連の流れ、

そして各準備のコツなどをご紹介してきました。

せどりは、ライバルが多いと始めるか迷ってしまう人も多いかもしれません。

しかし、やり方を覚えてしまえば意外と簡単で、

手間と時間も省けて主婦向けのせどり方法だと言えます。

実践する際は、一連の流れと共にリサーチや仕入れ、価格設定、

販売などコツもおさらいしながら進めていきましょう。

正しい知識とコツを身に付けるだけで、簡単に稼げる電脳せどりの楽しさが分かるはずです。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。