ビームせどりとは?やり方やおすすめ機種・アプリを紹介!

せどりの情報収集をしていると、「ビームせどり」という言葉が出てきます。
初めて名前を聞いた人は、やり方がわからないでしょう。

この記事では、ビームせどりの基本的な概要から使い方まで解説しています。
メリットとデメリットも紹介していますので、自分に合ったやり方なのか判断してみてください。
ビームせどりのことを理解して、スムーズなせどりを目指してみましょう。

ビームせどりとは?


ビームせどりとは、店舗せどりでバーコードを読み取り、仕入れ商品を探す手法のことです。
店舗にある商品のなかから、相場や回転数のよい商品を探すため、バーコードリーダーとスマホを使ってバーコードを読み取ります。
バーコードを読み取る機械は「バーコードリーダー」を使うのが一般的で、バーコードリーダーで読み込んだデータはBluetoothを用いてスマホに読み込ませる仕組みです。

以前の店舗せどりでは、JANコードをスマホに入力して仕入れ商品を探していました。
このやり方だと手作業のため時間がかかりますが、バーコードリーダーを用いることでスピードがアップし作業を効率化できるメリットがあります。

ビームせどりのメリット・デメリット

バーコードリーダーを使えば便利になる一方で、デメリットも存在しています。
自分に向いているやり方なのか、事前にメリットとデメリットを比較してみましょう。

ビームせどりのメリット

バーコードリーダーを利用して商品リサーチをすると、時間短縮と作業が簡単になるメリットがあります。
それぞれを詳しく確認してみましょう。

リサーチ時間が短縮できる

ビームせどりは、商品リサーチの時間を圧倒的に削減できます。
今までは手入力だったものをバーコードで読み取るだけになり、読み取ったらすぐAmazon等の情報が表示され、作業時間が短くなるでしょう。
リサーチにかける時間が短ければ、短時間で多くの商品のリサーチが可能となり、余った時間は別の作業に充てることができます。

リサーチ後そのまま仕入れられる

ビームせどりならその場で仕入れるか判断できるため、時間効率がよくなるでしょう。
アナログでのリサーチでは自宅に戻ってからもう一度店舗に足を運ぶことになり、そのときにはもう狙い目商品が売り切れている恐れがあります。
ビームせどりなら仕入れるか即判断可能で、狙っていた商品が仕入れられなくなる機会損失リスクがありません。

ノウハウが必要ないので初心者にも簡単

ビームせどりは商品のバーコードを読み取るだけで、難しい作業がありません。
商品の目利きが必要なく、情報に基づいた仕入れ判断が可能で、せどり初心者でも作業ができます。
また、ビームせどりは大量の商品を短時間でリサーチできるため、知識や経験が不要で膨大な商品から当たりを見つけるだけなので、初心者に向いています。

ビームせどりのデメリット

バーコードリーダーを使って商品リサーチができれば作業効率がよくなりますが、その一方で使いにくい面があります。
ある程度工夫が必要となるため、事前にデメリットの部分も確認してください。

店舗によっては禁止されている

店員さんでもない人が商品のリサーチをしている姿は、せどりを知らない人から見ても違和感があることでしょう。
お客さんや店員さんにとって、不審な行動をしているようにも見えてしまいます。
このように、せどりは迷惑行為ととらえられやすく、店舗によってはバーコードを読み取らせない対策をしているところがあるため注意が必要です。

周りの目が気になる

店舗でせどりが禁止されていなくても、人の目は気になるものです。
バーコードリーダーから赤外線が出るため目立ちやすく、また人に迷惑をかけている負い目から、ビームせどりはメンタリティの高さが必要になります。
初心者で作業に慣れないときは、お客さんが少ない時間を狙うようにしてください。

高性能なバーコードリーダーは高額

ビームせどりをするには、バーコードリーダーが必須です。
市販されているバーコードリーダーは1万円~3万円が相場ですが、なかには数十万円もするバーコードリーダーもあります。
せどり初心者だと売上が少なく資金に余裕がないことから、バーコードリーダーを買うか迷ってしてしまうかもしれません。

周りにバレないビームせどりのやり方

バーコードリーダーを使ったやり方で人目が気になるときは、スマホを使いましょう。
「Amacode」または「せどりすと」というアプリを使えば、バーコードスキャンができるのでバーコードリーダーは要りません。
アプリの詳しい内容は、次の項目で詳しく解説します。

商品を手に取ったら、アプリでバーコードを読みこんでいけばOKです。

また、せどり初心者のうちは、全頭リサーチが基本です。
全頭リサーチとはすべての商品のバーコードを読み込んでいく方法で、時間はかかりますが売れ筋商品を見つけるため、最初は取り入れていきましょう。

スマホアプリではなくバーコードリーダーを使いたい人は、以下の記事でおすすめ機種やバレない持ち方を紹介していますので、合わせてご確認ください。

>>せどりのバーコードリーダーについてはこちら

ビームせどりのおすすめアプリ

スマホアプリを使ったせどりなら、初期費用がかからず、店舗で目立ちません。
せどりに使えるおすすめアプリ3つを紹介しますので、参考にしてください。

デルタトレーサー

Amazonや楽天など複数のサイトのリサーチツールとして使えて、バーコードリーダー機能もあるおすすめアプリです。
リサーチした情報はチャートグラフで表示されて、初心者でも判断に迷いません。
月額料金は2,200円ですが、2週間無料お試し期間があるため、使いやすさを試してから課金できて安心でしょう。

また、デルタトレーサーは累計2万人以上のユーザーに使われてきた実績があります。
商品データは10億以上もあるため、店舗せどりでも対応しやすいでしょう。

Amacode

スマホカメラでバーコードを読み取れるアプリで、店舗せどりに向いています。
また、店舗独自のバーコードにも対応しているので、TSUTAYAやブックオフでの仕入れにもおすすめです。
もちろん市場の商品データの閲覧から、Amazon手数料の確認もできます。

無料版より高機能な有料版のAmacode Proもあります。
こちらの月額料金は、5,500円とやや高めです。
しかし、iPhoneとAndroid両方に対応で、エラーやアプリの強制終了が少ないことから利用を検討するのもいいでしょう。
また、Keepaとの連携も可能で、予算があるならおすすめのアプリです。

Amazonショッピングアプリ

Amazon公式によるアプリで、バーコードを読み取って商品の価格を調査できます。
また、バーコードでなくても、商品にカメラを向けることでも認識できて便利です。
店舗によってはバーコードなしの場合がありますが、このアプリがあれば商品を特定できるので、スマホに入れておいて損はないでしょう。

Amazonショッピングアプリは、無料で使えるものです。
本来はAmazonで買い物をするためのアプリですが、店舗せどりの価格調査にも使えます。
商品を調べるときは、検索窓にあるカメラのマークをタップしてください。
また、音声検索にも対応しており、小声でも商品を検索できます。

せどりすと・せどろいど

iPhoneは「せどりすと」、Androidは「せどろいど」を使います。
バーコード読み取りや商品情報のリサーチ機能は無料で使えるのでおすすめです。
調査できる内容は、最安値価格・ランク・カテゴリなどです。

また、せどりすとプレミアムという月額5,000円の有料ツールもあります。
有料版になると、粗利益の計算・バーコードの読み取りスピードの向上がアップし、使い勝手がよくなるでしょう。
Keepaなどのツールとの連携もできて便利なアプリです。

ビームせどりでリサーチを効率化しよう

店舗せどりをするなら、バーコードの読み取りは必須となるでしょう。
手作業で入力するリサーチだと効率が悪いため、バーコードリーダーやスマホでバーコードを読み取れるようにしておくことをおすすめします。

また、店舗せどりでリサーチに時間をかければ、お店に居づらくなるでしょう。
短時間で作業を済ませるためにも、ツールの利用は必須だと考えておいてください。
人目につくのを避けたいなら、紹介したバーコードリーダーの読み取りに対応するアプリを使ってみてはどうでしょうか。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。