せどりは年収どれくらい?平均年収と高年収を得るためのポイント

せどりは自分のペースで仕事ができるため、副業として検討する人も少なくありません。

そこで気になるのがどれくらい稼げるか?ということでしょう。

お小遣いを増やしたい、生活費の足しにしたいなど、理由はさまざまだと思いますが、

仕事をするなら効率よく稼ぎたいと考えるものです。

せどり経験者には年収1,000万円、などという人もいます。

しかし、誰もがそれほど稼げるわけではありません。

せどりの平均的な年収や月収について解説します。

せどりの平均的な年収・月収は?

「せどりで1年間に1千万円稼げる!」「毎日1時間で月に100万円の収入」

などの話を聞くこともあると思いますが、すべての人がそのように稼げるとは限りません。

副業もしくは転職などを考え、せどりを始める人もいるでしょう。

その際に年収がどれくらいになるのかは気になるところです。

しかし、せどりにおける平均年収を明確に出すことは簡単ではありません

なぜなら、せどりは個人差が大きいからです。

取引の量や作業時間なども一人ひとり異なるうえに、

せどりは知識やテクニックが収入に大きく関係します。

そのため、平均年収を出せたとしても、それが一般的な収入金額とはなりません。

せどりに固定給はなく、成果報酬型ビジネスです。

成功すれば高い報酬を得られますが、失敗すれば報酬はなく赤字になります。

せどりを始めるなら、その点を踏まえておく必要があります。

先に述べたように、実際高額年収を得ている人もいるでしょう。

しかし、仕入れ金額を差し引いたら利益が少ない場合もあります。

副業で週に数時間おこなう人もいれば、

専業でしっかり時間をかけて作業をしている人もいます。

経験が浅い人もいれば、キャリアを積んでいれば年収1億という人もいるため、

平均年収などの情報は参考程度にとどめておきましょう。

せどりのスキルに応じた年収目安

せどりの収入は経験値や知識、作業量などによって大きな差があります。

しかし、せどりを始めるならどれくらいの収入があるのか、知っておきたいものでしょう。

そこで、スキル別に年収を紹介します。

ただし、作業量や取り扱う商品などによって個人差が大きいので、目安として参考にしてください。

せどり初心者の年収目安

初心者(未経験でもせどりに関する勉強をおこない、リサーチ方法なども習得した場合)

の目安としては、時給1,000円前後です。

1日8時間として、副業で月8日稼働した場合の年収の目安は768,000円、

専業で月22日稼働した場合は、2,112,000円の計算になります。

初心者でこのくらい稼げるのは悪いほうではないと言えるでしょう。

ただし、せどりは知識もなしに稼げるものではありません。

勉強しなければならない期間もあるので、その期間の収入は0円です。

また、最初から利益が出るとは限りません。

販売をしても1個も売れないということがないとは言えません。

リサーチをして売れる商品を見つけても、

ライバルも同じ商品を売るので利益が出にくいこともあります。

平均年収はあくまでも目安として参考にしましょう。

せどり中級者の年収目安

中級者せどりの場合、目安時給は2,000円前後です。

中級者と言えるのは、せどりの経験を積み、通常の仕入れに困らない程度の資金ができ、

リサーチ能力もアップしある程度利益の出る商品を扱える、というレベルです。

1日8時間として、副業で月8日稼働した場合の年収の目安は150万円程度、

専業で月22日稼働した場合は、400万円以上の計算になります。

副業でもお小遣いとしてはもちろん、生活費の大きな足しになるでしょう。

あくまでも目安ではありますが、専業であれば、

一般的な会社員と同じくらいの平均年収にはなるということです。

もちろん、中級者といっても仕入れる商品がすべて完売するとは限らず、

サラリーマンのように固定給はないので、月によって収入に差が出ることはあります。

せどり上級者の年収目安

上級者ともなると、目安時給は5,000円以上となることもあります。

1日8時間として、副業で月8日稼働した場合の年収の目安は30万円程度、

専業で月22日稼働した場合は、1,000万円以上の計算になります。

時給5,000円以上というのは、一般的なアルバイトでは考えられない金額です。

せどりであれば、それだけ稼げる可能性もあるということ。

しかし、そこまで稼ぐには経験のほか、勉強も必要です。

単価の安い商品では限界があるので、効率的に稼げる高額商品を扱うこともあるでしょう。

それがリサーチどおりに売れれば高い利益になりますが、

タイミングや経済状況などによって予定通りにいかない場合もあります。

そのときには大きな赤字を抱えることもあるでしょう。

せどりで高収入を得るためのポイント

紹介している年収はあくまでも目安ですが、

せどりにはそれだけ稼げる可能性があるということでもあります。

せどりで高収入を得るためにはどういった点に注意すればよいのでしょうか?

せどりで高収入を得るためのポイントを紹介します。

仕入れ先にとことんこだわる

高い利益を求めるなら、仕入れ先にこだわりましょう。

高い価格で売れても、仕入れ金額が高ければ利益は少なくなってしまいます。

利益を出すにはできるだけ仕入れを安くすることが必要です。

そのためには、仕入れ先のリサーチが重要。

どのような仕入れ先があり、価格帯はどの程度かをリサーチしましょう。

商品を購入する際に登録費用などがかからない、交通費がかからないなど、

コストを抑えられる点も重要。

取り扱う商品によって、適した仕入れ先を選ぶことも必要です。

仕入れ先では定期的にセールをおこなうことも少なくありません。

在庫処分などをおこなうときは、安く仕入れるチャンスです。

仕入れ先を比較できるよう仕入れ先の選択肢を多く持ち、

できるだけ安く仕入れるようにしましょう。

まずは得意なジャンルに絞って勝負する

初心者のうちは自分の得意なジャンルや好きなジャンル、

知識のあるジャンルを絞っておこないましょう。

せどりで利益を出すには、リサーチが重要です。

人気のある商品や売りやすい商品はライバルも多く、そのなかで勝負をしなければなりません。

勝つためには需要や売れるタイミング、年齢層、また仕入れ先のリサーチなど、

十分なリサーチをして、ライバルとの差別化を図る必要があります。

しかしそれはなかなか難しいもの。

商品に関する知識がなければ、リサーチに時間がかかったり、正確な判断ができなかったりします。

そこで、自分の得意分野であればリサーチもしやすく、プレミアやお宝商品など、

勝てる商品を選べる可能性が高まるでしょう。

>>せどりのおすすめについてはこちら

効率よく作業するために外注化も視野に入れる

せどりで高収入を得るには効率よく作業をすることも必要です。

初心者のうちは取り扱う商品数も少ないでしょう。

しかし、経験を積んで中級者、上級者になれば、扱う商品数や商品ジャンルも増えてくるものです。

せどりでは商品の梱包・発送がつきものですが、数が多いと時間がかかります。

時間がかかれば、セラーとしての信頼が得られないことも。

商品数やジャンルが増えれば、在庫管理も複雑になり手間や時間がかかります。

在庫切れなどを起こせば、やはりセラーとしての信頼度も落ちやすくなるでしょう。

数が少なければ一人でも短時間で作業できますが、

数が増えてくると一人での作業には限界が出てくるものです。

そこでおすすめなのが外注化です。

AmazonであればFBAというシステムがあり、

それ以外でも作業だけを手伝ってくれる人に仕事として依頼すれば自分の作業を

減らすことができます。

作業の効率化はリサーチをする時間などほかの時間を作ることができ、

結果高収入につながるのです。

スキルを磨いてせどりの年収を上げよう

せどりの年収は上級者になると1,000万円以上という人もいるでしょう。

しかしそれはあくまでも目安の金額です。

せどりは取り扱う商品数やジャンル、知識や経験、作業量などによって収入の差は大きいものです。

経験があっても、作業量が少ない・リサーチをよくしないので売れない、

という場合は収入も少なくなります。

高い年収を目指すなら、せどりの仕組みを把握し、リサーチをしっかりすることです。

経験を積んでスキルを高めれば、高い年収を得ることも夢ではないでしょう。