【せどりで月10万円を突破したい方へ】数値目安と具体的な方法を解説

せどりを始めてみても、月数万円で稼ぎが止まっていると不安になるものです。
このまま作業を続けても、「月10万円の壁を突破できないのではないか?」と悩んでいるかもしれません。

そんな悩みがあるなら、月10万円稼ぐ具体的な数値と方法を確認してみましょう。
具体的な期間と仕入れに必要な金額を紹介しますので、自分にとって達成可能かどうか判断する材料としてみてください。

お小遣い程度の稼ぎではなく、まとまった金額を稼ぎたい人は必見の内容です。

せどりで月10万円を稼ぐための数値目安

せどりで月10万円の利益を目指すなら、具体的な数値で判断しましょう。
利益は、経費と仕入れ金額を足したものを引いて割り出すことができます。
それぞれ具体的な数値を出しながら、月10万円の利益を目指すため何が必要なのか確認してみてください。

かかる諸経費の目安

せどりでかかる経費は、次のような費用があげられます。

  • Amazon大口出品手数料(4,900円)
  • ガソリン
  • インターネット回線
  • ダンボール
  • せどりツール
  • クリーニング
  • 各種消耗品等

仕入れる場所や商品の種類によっても多少経費は変わりますが、月に4~5万円程度の諸経費を考慮しておくといいでしょう。
つまり、月10万円の利益を出すには、合計15万円の売上が必要ということです。
粗利で15万円を出すことを目指さなければなりません。

10万円利益を出すのに必要な売上と仕入れ資金

続いて、月10万円の利益を出すために必要な仕入れ額を計算していきます。
粗利率によって必要な仕入れ額が変わってくるため確認してください。

【10万円の稼ぐために必要な売上】※諸経費別

粗利率 必要な売上額 必要な仕入額
10% 1,500,000円 1,350,000円
20% 750,000円 600,000円
40% 375,000円 225,000円
80% 187,500円 37,500円
  • 平均的な粗利率は20%〜30%(新品なら15〜50%)
  • 10万円を目指すなら50万円程度ほしい

また、粗利とは、売上から売上原価を引いた金額のことです。
粗利に諸経費は含めませんが、粗利が高ければ利益が大きくなるため重要です。
平均的な粗利率は20%~30%で、新品なら15%~50%を目指すといいでしょう。

粗利率が低いと自分の利益が少なくなるため、仕入れ額が大きくなる仕組みです。
平均的な粗利率で考えると、月10万円の利益のために50万円の仕入れ額が必要になると判断できるでしょう。

月10万円に必要な期間と作業量

それでは、具体的に月10万円の利益を出すため必要な期間と作業量を見ていきましょう。
具体的な期間や作業量がわかっていると、安心してせどりを続けることができます。
いつまで達成可能なのか具体例をいくつか紹介します。

必要な期間

本のせどりであれば、1か月あれば月10万円の利益を出すことは可能です。
初心者でも本のせどりで粗利率30%は可能で、月10万円の利益なら月33万円の売上があれば達成できます。
仮に1冊2,000円で売れたとすれば、165冊売れれば達成ということです。

ただし、人によって売上の金額は異なるため、1~3か月までは月5万円、4~6か月までに月10万円の利益を目指すといいでしょう。
売上は一気に伸びることは少なく、徐々に右肩上がりになるイメージです。
半年続ければ月10万円の利益は可能ですし、1年以上続けて稼げない人はほぼいないと考えても大丈夫でしょう。

必要な作業量

短期間でいくら稼げるか、また半年後になるかは作業量に左右されます。
1か月で売上が伸びた人は、その分作業量も多くやっているということです。

月の作業量の目安は、100時間くらいです。
短期間でこのくらい時間を費やすことができるなら、1か月で月10万円の利益は夢のような話ではありません。

「意外と時間がかかる」と感じたかもしれませんが、これは本業も同じことです。
本業でも仕事を覚えるのに数か月はかかるはずです。
雇われていると仕事ができなくても給料がもらえますが、せどりは作業量に比例して利益が増えると考えてください。

せどりで月10万円稼ぐためのコツ

数値として月10万円の利益を出すイメージができたら、続いて具体的な作業内容を見ていきましょう。
稼ぐためには作業量も必要ですが、コツをつかんでいないと時間がかかる恐れがあります。

仕入れ資金を調達する

まずは、仕入れ資金を増やす対策をしましょう。
せどりは投資と同じように、資金が大きければそれだけ大きなリターンが得られます。
月10万円の利益を得るには、最低でも50万円の資金を用意するようにしましょう。

ただし、新品せどりの場合は、粗利率15~30%となる場合が少なくありません。
常に価格競争のリスクがあるため、少なく見積もって20%程度で考えると無理がないでしょう。
粗利率20%なら、60万円の資金が必要になります。

もし、仕入れ資金がないなら、クレジットカードを活用してください。
カードがあれば現金がなくても仕入れが可能で、ポイントも貯まるためお得です。
全額をカード決済せず一部だけなら、ハードルが低いのではないでしょうか。

回転率の高い高額商品を選択

せどりで効率よく仕入れるなら、回転率の高さで選ぶようにしてください。
回転率が高ければ、月に何度も利益が得られて、その利益をさらに仕入れ資金へと回すことができるからです。

たとえば、利益が3万円でも月1回しか売れなかったらどうでしょうか。
それが月3回に増えれば9万円の売上となり、その資金でさらに仕入れの数を増やせるため、利益額も大きくなっていきます。

また、回転率アップは、複数の販売先をもつことでも達成できます。
販路が増えると商品の露出が増えるため、同じ商品を1か所で売る場合と比べて回転率を上げることが可能です。

売上は管理して仕入れに回す

せどりは投資と同様に、資金が大きければリターンが大きくなると説明しました。
だからこそ、売上は仕入れ資金に回すようにしてください。

よくある間違いは、売上が出たら無駄遣いしてしまうことです。
利益が出たからと余計なものを買うのではなく、仕入れ資金に回して効率よく稼ぐようにしてください。

稼いだ金額をすべて自分のために使ったら、仕入れ額がなくなってしまいます。
一方で、利益を仕入れ額に回せば、どんどん仕入れ額が増えるので、利益も増やすことができるでしょう。

利益率が高い中古品を狙う

新品商品に比べて中古品は利益率が高くなるため狙ってみましょう。
利益率が高くなりやすいのは、次の理由からです。

  • 1点ものが多く差別化できる
  • プレミアム価格になる商品がある
  • 検証の必要性からライバルが少ない
  • 安く買える商品が多い

検証が必要となる手間はありますが、面倒だとライバルが少なくなり、狙い目商品が隠れているかもしれません。
なかには、高額で売れるプレミアム商品が見つかることもあります。

利益が出やすいジャンルを攻める

せどりで利益率アップのため、商品ジャンルは絞るようにしてください。
絞ることで商品知識が身につきやすく、売れる商品を見つけやすいからです。

たとえば、利益率の高さで選ぶなら、家電・ゲーム・ブランド品がおすすめです。
回転率の高さなら、家電・ゲーム・おもちゃ・アパレル・書籍などがあります。
ただし、家電やブランド品は仕入れ金額が高くなりやすいため注意してください。

また、仕入れの難易度の低さでは、家電・ゲーム・書籍がおすすめです。
商品知識のない人が仕入れるなら、ゲームソフトは狙い目商品だといえます。
中国輸入は難易度が高くなりますが、仕入れ資金が安いのでチャレンジしてみるのもいいでしょう。

>>せどりのおすすめについてはこちら

複数の販売先を確保

販売先は1つではなく、複数用意するようにしてください。
複数用意するのは、以下の理由からです。

  • 垢バンのリスク対策として
  • 販売する商品ジャンルを増やせる
  • 露出が増えて回転率が高くなる

販売先によって取り扱えない商品ジャンルがあります。
扱えない商品を販売していると、アカウント停止リスクがあるため複数の販路を用意しておきましょう。

また、販売先によって得意とする商品ジャンルがあります。
アパレルやおもちゃはメルカリ、家電や中国輸入と相性がいいのはAmazonです。
ヤフオク!は、アパレル・カメラ・ジャンク品の販売に向いています。
複数の販路があれば、扱える商品ジャンルが増えるメリットがあるためおすすめです。

それぞれの販売先では、1つの商品を扱っても構いません。
複数出品でも同時落札されることはほぼないからです。
心配なときは、「別のショップでも販売しているため、売り切れる可能性があります」と説明文に記載しておけば大きなトラブルにはなりません。

複数の仕入先を確保

販売先だけでなく、仕入れ先も複数用意するようにしてください。
1つだと仕入れ商品が限られますが、数多く用意すれば幅広い仕入れができるようになります。

仕入れ先としておすすめなのは、以下の場所です。

  • ヤフオク!やメルカリ、ラクマ
  • 個人のネットショップ
  • 卸業者や問屋サイト
  • 中国輸入のサイト

新品の仕入れに向いているのは、実店舗や個人のネットショップです。
また、中国輸入のタオバオやアリババなども単価が安いので、新品仕入れに向いています。
中古品の仕入れは、ヤフオク!・メルカリ・ラクマ・ハードオフ・ブックオフなどがおすすめです。

>>せどりの仕入れ先についてはこちら

プレ値商品が買える店舗せどり

店舗せどりは、プレミアム価格がつく商品を仕入れるチャンスがあります。

ネット仕入れでも仕入れは可能ですが、商品がすぐに売り切れやすいので、高い確率で手に入れたいなら店舗せどりがおすすめです。
店舗はライバルが少なくなり、意外と見逃されている商品が眠っています。

ただし、何も計画がなくただ店舗を回って調べると時間がかかりすぎます。
事前に利益商品を絞っておき、取り扱っていそうなお店を集中的に回る方法がおすすめです。

費用対効果では電脳せどり

店舗仕入れではプレミアム商品が見つかる可能性がありますが、仕入れ時間を考慮すると、費用対効果ではネット仕入れがおすすめです。

月10万円の利益を目指すのであれば、仕入れ商品の数がある程度必要になります。
それなりの数をこなすことを考えると、リサーチから仕入れまで時間がかからない電脳せどりは効率がよくなるでしょう。

自分がかけられる時間に合わせて、店舗せどりと電脳せどりを使い分けてみてください。
実は、電脳せどりで月100万円稼いでいる人もいます。

せどりで月10万円稼ぐ方法まとめ

せどりで月10万円の利益を出すため、具体的なイメージができたでしょう。
数値で把握しておくと、先の見えない作業とはなりにくいので、モチベーションが続きやすいメリットがあります。
紹介したデータを参考にしながら、月10万円の利益を出す計画を立ててみてください。

ただし、最初から誰でも月10万円稼げるわけではありません。
まずは、焦らずに月5万円を目指してみてはどうでしょうか。

>>せどりで月5万稼ぐ方法についてはこちら

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。